京版画 森愛鐘

京都の若手職人の趣あふれる工芸作品が集結

今年40周年を迎える〈とらや パリ店〉。これを記念し、〈虎屋 京都ギャラリー〉にて9月26日(土)より、『京の伝統産業 × Paris × Wagashi』と題した企画展がスタートします。

本展は、京都の若手職人が「パリ」をテーマに制作した、和菓子を楽しむためのさまざまな工芸作品を展示。「贈答」「ディスプレイ」「和菓子でもてなす空間」と3つのコーナーを設け、とらやの和菓子と工芸作品のコラボレーションを楽しめます。

参加作家は、京表具、京焼、京七宝など12ジャンル19人。浮世絵美人が描かれた、フランスからの逆輸入品のような木版の羊羹パッケージや、薔薇がモチーフのミニ風呂敷、パリ店40周年記念に誕生したとらやの生菓子を魅せるディスプレイなど、趣向を凝らした作品に心を奪われることでしょう。

また、会場では、パリ店のこれまでのあゆみや、パリ店限定商品、また40周年を記念した限定商品などを紹介するコーナーも。隣接の喫茶では、フランス菓子の巨匠、ピエール・エルメ氏の代表作〈イスパハン〉の風味を生かしたとらやの生菓子にあわせ、オリジナルの菓子皿や抹茶碗もご用意。若手職人の意欲作を、見るだけでなく、実際に使って楽しむこともできます。

パリのエッセンスと若手作家の魂が融合した、伝統の技がキラリと光る作品の数々を、ぜひ会場でお楽しみください。

information

虎屋 京都ギャラリー第22回企画展とらや パリ店40周年記念『京の伝統産業 × Paris × Wagashi』展

期間:2020年9月26日(土)〜11月1日(日)

休館日:9月28日(月)、10月26日(月)

入場料:無料

会場:虎屋 京都ギャラリー(虎屋菓寮 京都一条店横)

住所:京都府京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400

営業時間:10:00〜17:00

展示品:京版画、京友禅、西陣織、京仏具、京漆器、京焼・清水焼、京人形、京指物、京表具、京七宝、提燈、京都の金属工芸品などの若手職人の工芸作品。

協力:京の伝統産業わかば会(Instagram)

Web:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=790

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。