ものづくりのまち・福井の魅力に迫る

優れたものづくりの技術が今も色濃く受け継がれ、国内屈指の伝統工芸の産地と言われる福井県鯖江市・越前市・越前町。

ここを舞台に、2015年より開催されている持続可能な地域づくりを目指した体験型マーケット〈RENEW〉が、今年も10月9日(金)〜11日(日)に行われます。

普段は出入りできないものづくり工房を見学できたり、ワークショップや展示といったさまざまな催しを通して、福井のものづくりの魅力に触れることができる同イベント。

今年は新型コロナの影響もあり、イベント名を〈Re:RENEW2020〉、コンセプトを「共につくろう、変わりつづけるものづくりのまちを」とし、上記の催しに加え、オンラインコンテンツなどを充実させ、開催されます。

200年以上も続く越前漆器の老舗〈漆琳堂〉、一枚漉き耳付き和紙の名刺を専門に手掛ける〈信洋舎製紙所〉、700年の歴史を持つ「越前打刃物」を製造・販売する〈タケフナイフビレッジ〉、錚々たるメガネメーカーをも信頼をおくという〈谷口眼鏡〉など、約76もの工房や団体の参加が決まっています。どこも匠の技が光る、趣向を凝らした製品を手がけるところばかり。一つの工房に足を運ぶだけでも、多くの学びがありそうです。

オンラインコンテンツや商品開発プロジェクトも要チェック

ONLINE RENEW STORE

そして、充実のオンラインコンテンツはというと、まず、イベント期間中のみオープンするオンラインストアでは、限定品や掘り出し物を販売。現地に行けなくとも、気になるあの工房の隠れた名品に巡り合えるかもしれません。※例年うるしの里会館内で行われていた〈RENEWストア〉は、今年は開催されません。

ONLINE RENEW STORE内、各店舗の紹介ページ

同ストア内には、各出展者のオンラインショップも紐づけられているので、さらに深掘りたい方は、そちらもぜひチェックを。

一方、動画コンテンツ〈RENEW TV〉では、工房見学やワークショップ、トークイベントの模様を配信。例えば、9日の配信はこのような感じ。

9日の〈RENEW TV〉配信プログラム。

9日の〈RENEW TV〉配信プログラム。

〈RENEW〉のキーパーソンによる解説や、思いある現地のクリエイターのトーク、工房からのリアルなインスタライブなどなど。1日中見応えある動画が配信され、遠方の方も、オンラインを通じて〈RENEW〉の現場を体感することができるようになっています。

瀧株式会社の工房見学。紙すき体験にトライ。

現在は開幕前のプログラムとして、現在メガネ材料商社である〈KISSO〉や越前和紙の大紙漉き屋〈滝製紙所〉での夜の工房見学の模様を公開中。

RENEW LABORATORY

また、今年から産地の新たな可能性を探る、商品開発のプロジェクトがスタート。新鋭のデザイナーと産地が手を組み、「広義の新しい生活様式」をテーマに、『Lr by INOUE TOKUMOKKOU 井上徳木工 井上 孝之 + トランクデザイン 堀内 康広』『めがねづくりのこびとさん PLUSJACK + ジオラマ・ノカテ 吉鶴 かのこ』といった5つのプロジェクトの展示やプレゼンテーションが行われます。新鮮なタッグから、新たな伝統工芸のかたちを発見できるのでは?

その他、中量生産・手工業のものづくりを続ける19組の作り手が会する、〈ててて往来市 TeTeTe All Right Market〉も開催。毎回魅力的な出展者が揃う〈ててて往来市〉だけに、今回も気になります。

年を重ねるごとに更にパワーアップしていく〈RENEW〉。福井のものづくりの現在を、ぜひ同イベントで体感してみてください。

information

Re:RENEW2020

開催期間:2020年10月9日(金)〜11日(日)

開催場所:福井県鯖江市、越前市、越前町全域

総合案内:うるしの里会館(福井県鯖江市西袋町40-1-2)

Web:http://renew-fukui.com/

Facebook:https://www.facebook.com/renew.kawada/

Twitter:@renew_fukui

Instagram:@renew_fukui

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。