アミューズメント的な要素がたくさん

ホテルのオープンラッシュが止まらない京都ですが、また、魅力的なホテルが2020年10月14日(水)に誕生します。名前は〈Umekoji Potel KYOTO〉。

HotelではなくPotel。物質や文化の出入り口を語源とする「Port(港)」と「Hotel」の造語です。

地域に根ざしながらも、国内外の人々の交流の玄関口となることを目指すとともに、 「ホテル」に「 ゜」をつけることで、さまざまな「ご円(縁)」をつなぐ場所になるように、という想いが込められています。

そんな〈Umekoji Potel KYOTO〉が建てられた場所は、春になると色とりどりの梅が咲き乱れる梅小路公園のすぐそば。

ここに、地上5階建てのホテル本棟と地上2階建ての別棟で構成された同館は、横丁があったり、本やレコード、ボードゲームなど、さまざまな業界の京都人のキュレーターのエッセンスを散りばめた、アミューズメント的な施設となっています。

京都の今が詰まった魅力的なキュレーション

まず、2〜5階の〈あわいの間〉には、京都が誇るまちの小さな本屋さん〈誠光社〉が選書した本、京都のボードゲーム制作会社〈TANSAN〉のボードゲーム、レコードが並び、滞在者は思い思いのスタイルでくつろぐことができます。こちらで提供されるコーヒーは、京都が誇るコーヒーショップ〈TRAVELING COFFEE〉の牧野さんによる、オリジナルブレンドなのもポイント。

1階には、「100年続く農業を。」というビジョンを掲げる〈坂ノ途中〉が取り扱う野菜を使ったレストランに、横丁には〈梅小路醗酵所〉というお酒や麹スイーツを楽しめる場所が。

広々としたカフェスペース。

広々としたカフェスペース。

カフェでは、世界最高品質のコーヒーを追求するコーヒーハンターJose. 川島良彰による〈ミカフェート〉が提供するコーヒーを、紅茶はスリランカの最高級茶葉を使用した「ムレスナティー」をご用意。

銭湯絵がひろがる梅小路銭湯〈ぽて湯〉。

銭湯絵がひろがる梅小路銭湯〈ぽて湯〉。

令和に生まれた銭湯は、開放的な空間でゆったりと旅の疲れを癒すことができます。牛乳石鹼とコラボしたアイテムも見逃せません。

ユニフォーム

また、京都のアパレルブランド〈merph〉を展開する坂井真吾さんが手掛けた素材と美しいシルエットが特徴のユニフォームにも注目です。

〈Umekoji Potel KYOTO〉が運営しているwebマガジン『ポ magazine』も京都の通な小ネタが数多く紹介されており、読み応えバツグン。京都を訪れる前に目を通しておくと、滞在がぐっと楽しくなりそうです。

宿泊者だけでなく、ふらっと足を運ぶだけでも十分に楽しめる〈Umekoji Potel KYOTO〉。京都観光の1スポットとして、ぜひチェックしてみてください。

information

Umekoji Potel KYOTO 

住所:京都市下京区観喜寺町15

客室数:144室(ツインルーム116室 / ダブルルーム28室)

チェックイン・チェックアウト:15:00 / 11:00

部屋タイプ料金:(1室あたりの料金 / 2名様利用 / 全て朝食付き・税込)

ガーデンツイン 60室 31.6m2〜 63700円〜

ガーデンダブル 8室 31.6m2 63700円

パークサイドツイン 16室 25.5m2〜 53800円〜

パークサイドダブル 16室 26.6m2 53800円

ウッドボックスツイン 8室 25.0m2 48,800円

ウッドフラットツイン 27室 25.0m2〜 48,800円〜

ユニバーサルツイン 1室 24.6m2 48800円

aeruルーム 4室 17.2m2〜 34,500円〜

ポテルルーム 4室 18.3m2 36700円〜

Web:https://www.potel.jp/kyoto/

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。