沖縄でしかつくれないスペシャルなコーヒー

コーヒーの焙煎は直火、炭火などさまざまな方法があります。〈35COFFEE(スリーファイブコーヒー)〉の焙煎方法はちょっとユニーク。なんと風化したサンゴを利用して焙煎しているんです。

風化したサンゴとは、寿命や環境などの外的要因で死んでしまいサンゴの骨格だけになり化石化したもの。

通常、サンゴは風化していても沖縄県の漁業法により持ち出しや使用は禁止されています。35COFFEEでは沖縄県の許可を得て、専門業者から購入して使用している、沖縄でしかつくれないスペシャルなコーヒーです。

風化したサンゴを利用してコーヒー生豆を焙煎しているイラスト

そんな貴重な風化したサンゴを200度まで熱し、コーヒー生豆を時間をかけてじっくりと焙煎。豆本来のまろやかな風味が楽しめ、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいものになっています。

1杯のコーヒーが叶えるサンゴ再生プロジェクト

35COFFEEの店舗がある沖縄は、美しいサンゴ礁を持つ場所として世界的に知られています。しかし、地球温暖化などのさまざまな原因により、年々減少しているそうです。

35COFFEEでは未来の子どもたちに美しい沖縄の海やサンゴを残すために売り上げの3.5%を「サンゴ再生プロジェクト」に活用しています。

35COFFEEの1杯のコーヒーには、沖縄の海を守りたい、サンゴ礁を守りたいという想いが詰まっているんです。

3つの味わいから選べる

35COFFEEでは、そんな沖縄でしかできない焙煎でつくられた3種類のブレンドを販売。ほかとはひと味違う味を楽しめます。

また、紅茶のようにカップに入れて気軽にコーヒーを楽しめるドリップテトラも用意されています。こちらもおすすめ!

おうちで過ごす時間も増え、テレワーク中の休憩時間などにほっとひと息つけるコーヒータイムを充実させた、という人も少なくないのでは?

せっかくコーヒーをいただくならば、環境にいいことができる35COFFEEがおすすめ。いつものコーヒーで沖縄のサンゴを守る手助けをしてみませんか?

information

35COFFEE スリーファイブコーヒー

Web:https://www.35coffee.com/

writer profile

Emi Ishida

石田絵美

いしだ・えみ●埼玉県出身。ファッションやカルチャーを軸に、WEB・紙媒体で編集・執筆を行う。旅行では地元のみなさんが集まる食堂や居酒屋を訪ねるのがマイルール。酒とおいしいものをこよなく愛する飲兵衛。