動物園に、凍る滝まで。渓谷を楽しむ!

小豆島には、日本三大渓谷美のひとつである「寒霞渓(かんかけい)」という有名な渓谷があります。日本三大渓谷美と言われるだけあって、渓谷はもちろん、その先にある小豆島のまちなみ、瀬戸内海を望む景色はとても美しく、観光スポットとしても人気ですし、知っている方も多いと思います。

その寒霞渓から西に10キロほどのところに「銚子渓(ちょうしけい)」という渓谷があります。

小豆島の山間にある銚子渓エリア。写真真ん中の建物の右下あたりに銚子の滝があります。

小豆島の山間にある銚子渓エリア。写真真ん中の建物の右下あたりに銚子の滝があります。

銚子の滝の下にはこんな大きな岩が重なってます。

銚子の滝の下にはこんな大きな岩が重なってます。

寒霞渓に比べたら小さな渓谷ですが、滝があったり、野生の猿が餌付けされている〈銚子渓自然動物園 お猿の国〉があったりして、意外とおもしろい場所なんです!

野生の猿たちがいる〈銚子渓自然動物園 お猿の国〉。柵はなくて、目の前で猿たちが歩いてます。

野生の猿たちがいる〈銚子渓自然動物園 お猿の国〉。柵はなくて、目の前で猿たちが歩いてます。

突然、孔雀もいたりします。小さな動物園みたいな感じです。

突然、孔雀もいたりします。小さな動物園みたいな感じです。

実はこの銚子渓、私たち〈HOMEMAKERS〉の畑から見える美しい山々の景色の中にあって、うちから車で10分くらいで行けるところにあります。

あらためてその風景を眺めてみると、私たちは島暮らしだけど海じゃなくて、美しい山の景色の中で暮らしているんだなぁと思います。当たり前のように毎日そこにありますが、ふとしたときに美しいなぁと感じさせてくれる渓谷です。

〈HOMEMAKERS〉の生姜畑の奥にあるのが銚子渓。島の中にある畑とは思えない風景。

〈HOMEMAKERS〉の生姜畑の奥にあるのが銚子渓。島の中にある畑とは思えない風景。

この銚子渓には、銚子の滝という高さ21メートルほどの滝があります。小豆島で一番大きな滝らしいのですが、普段は流量がそんなに多くなくて、山の中にひっそりとある感じです。豪快な滝! みたいなイメージで見に行かないでくださいね(笑)。

とても寒い日が続いた1月。そういえば、銚子の滝って寒いと凍るんだよなぁと思い出し、見に行ってみることに。銚子の滝はちょっとわかりにくいところにあります。案内板などもありません。お猿の国の駐車場から500メートルほど西に下っていくと、道沿いのガードレールが一部ないところがあります。そこから入っていきます。

ちなみに以前は〈銚子茶屋〉という、食事処&お土産屋さんが滝のすぐ上にあり、そのすぐ横から銚子の滝に行けたのですが、いまは行けないみたいです。そして残念なことにその銚子茶屋自体がいまは閉まっています。ガードレールの間から入って山道を歩くこと3分ほどで銚子の滝が見えてきます。

銚子の滝へ続く山道。落ち葉で滑りやすいので、歩きやすい靴で行きましょう。

銚子の滝へ続く山道。落ち葉で滑りやすいので、歩きやすい靴で行きましょう。

おぉぉ!! 凍ってる!初めて見た氷爆(凍った滝のことを氷爆といいます)。言ってしまえば、ただ滝が凍ってるだけなのですが、家から10分で行けるようなところにこんな景色があるなんて、びっくりしました。滝から下の川の部分もしっかり凍っていて、普通に歩けるほどの厚さの氷になってました。

凍った銚子の滝。迫力あるなぁ。

凍った銚子の滝。迫力あるなぁ。

つららが美しい。

つららが美しい。

川の上も歩けるくらいしっかり凍ってました。

川の上も歩けるくらいしっかり凍ってました。

小豆島って、小さな島の中にいろんな光景がぎゅっとつまってて、それにいつも驚きます。海あり、山あり、オリーブあり、醤油あり、凍る滝あり! みたいな。

まだまだほかにもありますが、とにかく幅が広い。それが車さえあれば30分もかからず行けてしまう場所にある。北海道や九州など、広いからこその雄大な風景にももちろん憧れますが、「ちょっとそこまで行ってくるわ」というノリでいろんな光景に出合えるのは小豆島の魅力だなと思います。

銚子の滝はほんとに寒い日が続いたときにだけ凍るそうです。冬だからっていつも凍ってるわけではないので、もしタイミングが合えば、ぜひ見にいってみてください。

まるで流れてるみたいに凍ってる川。

まるで流れてるみたいに凍ってる川。

こんな岩がごろんとあったりして、ほんとに自然のまま。

こんな岩がごろんとあったりして、ほんとに自然のまま。

それと冬だけじゃなくて、ほかの季節に行くのもおすすめ。私はまだ夏に行ったことがないから、暑い夏に涼みに行くのもいいなと楽しみ。銚子の滝とあわせて、滝のすぐ横にあるお猿の国の展望台〈仙多公峰(せんたくぼう)〉から眺める瀬戸内海と島々の景色も最高です。ただ、放し飼いにされてる猿たちの中を抜けていかないと行けませんが(笑)。

お猿の国の展望台〈仙多公峰〉。連なる山、島々、海の景色。

お猿の国の展望台〈仙多公峰〉。連なる山、島々、海の景色。

小豆島の銚子渓、ぜひ訪れてみてください。

information

小豆島銚子渓自然動物園 お猿の国

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山字蛙子3387-10

TEL:0879-62-0768

開園時間:8:20〜17:00(最終入園〜16:30)

入園料:大人450円 子ども250円

Web:http://www.osaru-no-kuni.sakura.ne.jp

*2021年2月15日まで臨時休園

information

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:土曜のみ 11:00〜17:00(L.O. 16:00)*冬季休業(2021年2月20日から営業再開予定)

https://homemakers.jp/

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。https://homemakers.jp/