まるでガラスのよう。陽刻彫りの陰影が美しい一枚

旧約聖書の『創世記』に登場する理想郷、西洋では楽園と呼ばれる「エデンの園」。

アダムとイブを取り巻く創造と堕落の物語の地として、現代までさまざまな形で語り継がれているのは、みなさんご存知の通り。

そんな幾重にも示唆に富んだ「エデンの園」をテーマにした、釉薬の濃淡で柄に奥行きを出す陽刻彫りの魅惑的なコレクションが、波佐見焼のメーカー〈マルヒロ〉の陶磁器ブランド〈BARBAR(バーバー)〉から発売されました。その名も、プレートコレクション〈eden(エデン)〉。

陶磁器に限らず、さまざまな器の原型づくりで名を成す原型師の金子哲郎氏と、約250年続く有田焼の窯元・梶謙製磁社の協力を得て制作された本作。

白昼夢

白昼夢

無花果

無花果

深森

深森

 

手にすることが禁じられた「禁断の果実」、禁断の果実を食べるようにそそのかした「蛇」、アダムとイブの裸を隠した「イチジクの葉」など、「エデンの園」にまつわるモチーフを陰影で表現。その詩情溢れる繊細な絵柄の美しさに、思わず目を奪われます。

eden プレート 各3,520円 (税込)

eden プレート 各3520円 (税込)

eden プレート 各3520円 (税込)

色は甘い蜜を想起させる白昼夢(はくちゅうむ)、マンガンが淡く色づいた無花果(いちじく)、青く生い茂る草木のような深森(しんしん)の3色展開で、どれも釉薬の濃淡が際立つシックな質感。

妖艶な少女たちの絵画が印象的な化粧箱付

マルヒロ(BARBAR)の新プレートコレクション eden(エデン)

妖艶な少女たちの絵画が印象的な化粧箱付いており、おしゃれなあの人へのギフトにもぴったりです。

なんと発売後すぐに売り切れてしまったそうで、現在追加分を鋭意製作中。再入荷は2月下旬を予定しています。長崎にある〈マルヒロ〉の路面店限定で、プロトタイプを販売しています。

この投稿をInstagramで見る

有限会社マルヒロ(@maruhiro.hasami)がシェアした投稿

いつもの家での食事時間が、お皿を〈eden〉に変えるだけで、お気に入りのカフェにいるかのような豊かなひとときとなりそう。ホームパーティーでも、大活躍してくれることでしょう。

丁寧に描かれたモチーフひとつひとつの背景を、関連図書から読み解いてみるのも楽しそうですよ。遠方の方は、再販までもうしばしお待ちを。

information

BARBAR eden プレート

Web:https://store.hasamiyaki.jp/shopdetail/000000018619

マルヒロ直営店

住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙775-7

営業時間:10:00〜17:00

定休日:水曜日

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。