薄くスライスした単板を重ね合わせる技術・成形合板のパイオニアである山形県の木工家具メーカー〈天童木工〉。

戦後日本の居住空間の発展に大きく貢献してきた同社は、2020年6月21日に、創立80周年を迎えました。

これを記念し、昨年より、天童木工の80年を振り返るとともに、天童木工のものづくりの指針にもなっている「ジャパニーズモダン」の思想を見つめなおす〈TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT〉が始動。

今夏、同プロジェクトのメインコンテンツとなる、気鋭デザイナーとの共作による新作家具が発表されました。

3者3様の天童木工の今を体現する家具

建築・インテリア・プロダクトそれぞれの視点から、天童木工の今を体現するべく集められた中村拓志氏、二俣公一氏、熊野亘氏の3名。

Swing chair Design by Hiroshi Nakamura ソリ脚チェア ナラ[ST色] W590 D533 H725 SH460 123200円   ※張地D 「コリーヌ2」限定

Swing chair Design by Hiroshi Nakamura ソリ脚チェア ナラ[ST色] W590 D533 H725 SH460 123200円 ※張地D 「コリーヌ2」限定

Swing chair Design by Hiroshi Nakamura ソリ脚チェア ナラ[ST色] W590 D533 H725 SH460 123200円 ※張地D 「コリーヌ2」限定

Swing chair Design by Hiroshi Nakamura ソリ脚チェア ナラ[ST色] W590 D533 H725 SH460 123200円 ※張地D 「コリーヌ2」限定

Swing chair Design by Hiroshi Nakamura ソリ脚チェア ナラ[ST色] W590 D533 H725 SH460 123200円 ※張地D 「コリーヌ2」限定

中村 拓志(NAP建築設計事務所)1999年明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程修了。同年「隈研吾建築都市設計事務所」入所。 2002年「NAP建築設計事務所」を設立し、現在に至る。地域の風土や産業、敷地の地形や自然、そこで活動する人々のふるまいや気持ちに寄り添う設計を信条としている。

中村拓志(NAP建築設計事務所)1999年明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程修了。同年〈隈研吾建築都市設計事務所〉入所。 2002年〈NAP建築設計事務所〉を設立し、現在に至る。地域の風土や産業、敷地の地形や自然、そこで活動する人々のふるまいや気持ちに寄り添う設計を信条としている。

中村氏が手がけたのは、成形合板ならではのしなりと柔らかな張りから、たおやかで美しいフォルムとゆったりとした座り心地を追求した〈Swing chair〉。

身体を包み込むようなT字型の背は、肘置きの機能も兼ね備え、快適なデスクワークをサポートしてくれます。

脚部は回転脚、無垢脚、ソリ脚、3タイプをラインナップ。用途や空間に合わせて、ぜひお好みの一脚を選んでみてください。

SAND Design by Koichi Futatsumata アームチェア メープル  ホワイトビーチ ナチュラル  W637 D484 H740SH433 AH675 97900円

SAND Design by Koichi Futatsumata アームチェア メープル ホワイトビーチ ナチュラル W637 D484 H740SH433 AH675 97900円

バックレスチェア メープル  ホワイトビーチ ナチュラル  W637 D433 H675 SH433

バックレスチェア メープル ホワイトビーチ ナチュラル W637 D433 H675 SH433

SAND Design by Koichi Futatsumata アームチェア メープル ホワイトビーチ ナチュラル W637 D484 H740SH433

SAND Design by Koichi Futatsumata アームチェア メープル ホワイトビーチ ナチュラル W637 D484 H740SH433

二俣公一 大学在学中より「CASE-REAL」として活動を開始し、 2000年に事務所開設。現在、空間設計を軸とする 「ケース・リアル」とプロダクトデザインに特化する 「KOICHI FUTATSUMATA STUDIO」の両主宰を務める。福岡・東京を拠点に国内外でインテリア・建築から家具・ プロダクトに至るまで多岐に渡るデザインを手がける。

二俣公一 大学在学中より〈CASE-REAL〉として活動を開始し、2000年に事務所開設。現在、空間設計を軸とする〈ケース・リアル〉とプロダクトデザインに特化する〈KOICHI FUTATSUMATA STUDIO〉の両主宰を務める。福岡・東京を拠点に国内外でインテリア・建築から家具・プロダクトに至るまで多岐に渡るデザインを手がける。

二俣氏は、無垢材の脚を複数の成形合板のパーツで挟むという斬新な構成に挑戦。

前後どちらからでも座ることができる背板のないバックレスタイプをベースに、パーツの組み合わせで、背ありタイプ、あるいは複数脚を連結させたベンチタイプへと展開できるチェアとなっています。

特徴的なパーツの組み合わせによる独創的なフォルム、インテリアとしても抜群の存在感を発揮してくれそうです。

PLYPLY Design by Wataru Kumano チェア ナラ[ST色] W428 D572 H781 SH454 96800円

PLYPLY Design by Wataru Kumano チェア ナラ[ST色] W428 D572 H781 SH454 96800円

PLYPLY Design by Wataru Kumano チェア ナラ[ST色] W428 D572 H781 SH454 96800円

PLYPLY Design by Wataru Kumano チェア ナラ[ST色] W428 D572 H781 SH454 96800円

PLYPLY Design by Wataru Kumano チェア ナラ[ST色] W428 D572 H781 SH454 96800円

熊野亘 2001-08年にフィンランドへ留学、ヘルシンキ芸術大学(現アールト大学)大学院を卒業後帰国。2008年よりJasper Morrison Tokyo Studio代表を務める傍ら、2011年にデザインオフィス“kumano”を設立し、国内外のインテリア、家具、プロダクトデザインやプロジェクトマネージメントを手掛けている。2019年より、武蔵野美術大学非常勤講師を務める。

熊野亘 2001-08年にフィンランドへ留学、ヘルシンキ芸術大学(現アールト大学)大学院を卒業後帰国。2008年より〈Jasper Morrison Tokyo Studio〉代表を務める傍ら、2011年にデザインオフィス〈kumano〉を設立し、国内外のインテリア、家具、プロダクトデザインやプロジェクトマネージメントを手がけている。2019年より、武蔵野美術大学非常勤講師を務める。

熊野氏は、ベーシックなシルエットながら、どこか新鮮さを放つ一脚に成形合板の魅力を凝縮。

背と一体の滑らかな座面、さらにそれを支える4本の脚とフレームのすべてに成形合板を採用。

背裏の手掛け(笠木)など、こだわり抜いたディテールがその独特な後姿をより一層引き締めています。

この普遍的な美しさを帯びた一脚、目に止まるたびにほれぼれと見入ってしまいそうですね。

Photo by Kohei Yamamoto

Photo by Kohei Yamamoto

Photo by Kohei Yamamoto

Photo by Kohei Yamamoto

また、天童木工 東京ショールーム&ストアと代官山 蔦屋書店2号館では、〈TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT〉のエキシビションが開催。

天童木工が協働してきた建築家やデザイナーとの数多の仕事を、時代順に追いかけた書籍『天童木工とジャパニーズモダン』をはじめ、上記の新作家具とともに、建築、インテリア、プロダクトの視点から生まれた天童木工の名作家具をあわせて展示されています。

長きに渡り天童木工が築いてきた歴史を、この機会にぜひチェックしてみては?

information

TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT

新作発表会

会期:開催中〜2021年7月30日(金) ※毎週水曜定休、7月22日〜23日休

会場:天童木工 東京ショールーム&ストア

住所:東京都港区浜松町1-19-2

予約:0120-24-0401(お客様相談室 受付時間10:00〜17:00/水曜・祝祭日を除く)

※新型コロナウイルス感染症感染予防のため事前予約制。詳しくは上記電話番号からお問い合わせを。

 

BOOK & FUNITURE フェア

会期:開催中〜2021年8月6日(金)(予定)

会場:代官山 蔦屋書店2号館

住所:東京都渋谷区猿楽町17-5

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。