南阿蘇でしか食べられない、特別なかき氷

熊本県の阿蘇地方といえば、世界最大級の大きさを誇るカルデラや草千里など、大自然を満喫できる人気の観光エリアです。

その自然あふれる南阿蘇で2019年から始まった〈南阿蘇のやさしい氷〉。

南阿蘇周辺の飲食店が夏の期間、それぞれの個性を生かしたかき氷を提供する取り組みです。

「南阿蘇のやさしい氷」がロゴになった暖簾。阿蘇のシンボルである阿蘇五岳と立ち上る噴煙、そしてお皿に盛られたかき氷をモチーフに制作された。

「南阿蘇のやさしい氷」がロゴになった暖簾。阿蘇のシンボルである阿蘇五岳と立ち上る噴煙、そしてお皿に盛られたかき氷をモチーフに制作された。

きっかけは、以前南阿蘇で行われた農業体験イベントで参加者のために配布したという「かき氷マップ」。県内外から集まった人たちに好評だったそう。

「南阿蘇はおいしいかき氷がたくさん!知らずに帰るなんてもったいない!」という思いから、せっかくなので観光客の方々にも配ろうと〈南阿蘇かき氷部〉が発足、かき氷マップを制作しているのです。

もう、イメージするだけで甘いシロップとキンと冷たい氷が口の中で溶けていきそう……。

暑い日には、かき氷に引き寄せられてしまいますね。

今年参加しているのは7店舗。どこも南阿蘇ではお馴染みのお店です。

ひとつずつ、ご紹介していきます!

〈ベリー樹ベリー〉「ふわふわけずりいちご」

〈ベリー樹ベリー〉「ふわふわけずりいちご」

収穫されたいちごを凍らせて削り、練乳だけで仕上げたいちご農園ならではのいちご尽くしの贅沢な一品。

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2038定休日:不定休営業時間:10:00〜16:00(イートイン&テイクアウトどちらも可)TEL:090-4484-9889

 

〈万福小屋どんぶらこ〉「八女抹茶とイチゴのかき氷」

〈万福小屋どんぶらこ〉「八女抹茶とイチゴのかき氷」

夫婦で営むたこ焼き屋さんのどんぶらこ。こだわりの手づくりシロップのかき氷!

住所:熊本県阿阿蘇村河陰4510-4定休日:第1・3水曜、毎週木曜営業時間:10:00〜19:00(イートイン&テイクアウトどちらも可)TEL:080-6452-0111インスタグラム:@manpukugoya_donburako

 

〈久永屋〉「かき氷(シークレット味)」

〈久永屋〉「かき氷(シークレット味)」

昭和2年に建てられた南阿蘇鉄道の長陽駅舎にあるカフェ。熊本地震以前は、ディーゼル列車が走り​ガタンゴトンと音を響かせていたのだとか。かき氷は定番フレーバーから柑橘、ロイヤルミルク、シークレットの味わいが楽しめます。

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽3440-4(長陽駅内)定休日:月火水木金(土日祝日のみ営業)営業時間:11時〜18時(イー トインのみ)TEL:0967-67-1107Web: hisanagaya

 

〈てのはan〉「おはぎ屋さんの宇治金時」

〈てのはan〉「おはぎ屋さんの宇治金時」

南阿蘇鉄道の高森駅前にあるレトロな喫茶店で、湧水で淹れる自家焙煎珈琲やオーガニック素材を使ったおやつやごはんがいただけます。あんこ通の方にこそ食べてほしい宇治金時、フルーツを使ったかき氷も。

住所:熊本県阿蘇郡高森町高森1594-3定休日:月火営業時間:10時30分〜18時頃(イートイン&テイクアウトどちらも可)TEL:080-4850-0147インスタグラム:@tenoha_an

 

〈風流 Kazaru cafe〉「プラムMilk」

〈風流 Kazaru cafe〉「プラムMilk」

阿蘇南外輪山の西側、風の谷と呼ばれる里山にあるカフェ。自家製の手打ち蕎麦と天然酵母のパンがいただけ、音楽ホールや無農薬ブルーベリー農園も併設しています。

住所:熊本県阿蘇郡西原村宮山1642-1定休日:7月8月は月火水(通常は日月火)営業時間:11時30分〜16時 ※売り切れ次第 閉店(かき氷の提供は13時〜、LO15時30分。イートインのみ)TEL:080-3228-0905Web:風流

 

〈苺凛香(ばいりんか)〉「かき氷 苺」

〈苺凛香(ばいりんか)〉「かき氷 苺」

熊本県産の地産地消の材料にこだわってつくられる、フランス菓子・焼き菓子のお店。かき氷もケーキのよう!

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村ー関1273-1定休日:第2・4月曜、毎週火曜営業時間:10:00〜18:00(かき氷の提供は12時〜15時、イートインのみ)TEL:0967-65-8228Web:苺凛香(ばいりんか)

 

〈南阿蘇菓子処 蘇水(そすい)〉「かぼちゃのキャラメルモンブランかき氷」

〈南阿蘇菓子処 蘇水(そすい)〉「かぼちゃのキャラメルモンブランかき氷」

トマトのロールケーキ「阿蘇とまとろーる」が看板商品。阿蘇の湧水を使用したかき氷は、新作のかぼちゃのキャラメルモンブランのほかにも、マンゴー、ブルーベリー、いちごと種類豊富にラインナップ。

住所:熊本県阿蘇郡高森町大字高森1293-2定休日:水曜(祝日の場合は営業)営業時間:10:00〜17:00(イートイン&テイクアウトどちらも可)TEL:0967-62-1771Web:南阿蘇菓子処 蘇水 Aso cafe SOSUI

 

大人も気づけば楽しんでしまう、スタンプラリー。

大人も気づけば楽しんでしまう、スタンプラリー。

〈南阿蘇のやさしい氷〉を食べ終わったら、かき氷マップに「ごちそうさまスタンプ」を押してもらいましょう。

2016年の熊本地震と新型コロナウイルスの影響を大きく受けた南阿蘇。地域がつながることで、南阿蘇を救いたい、盛り上げたい! という願いが込められています。

道の駅や各店舗などで配布されているかき氷マップ。

道の駅や各店舗などで配布されているかき氷マップ。

参加店舗からは、「マップを見て来店したと言う方が増えた」といった声や、「こんなにかき氷のお店があるなんて知らなかった」といったお客さんの声もあり、地域の活性化につながっているようです。

今まさに夏本番。熊本ならではの素材を生かしたこだわりのかき氷、どれを食べようか迷ってしまいますね。

南阿蘇エリアの個性豊かなかき氷が食べれるお店をまとめた「かき氷マップ2021」のPDFダウンロードはこちらから。また南阿蘇観光案内所や参加店舗でも配布中です。

南阿蘇の素晴らしいモノ・ひとがつながってできたかき氷マップ。

この機会に、“南阿蘇のやさしい氷”を味わってみてはいかがでしょうか?

information

南阿蘇のやさしい氷

Web:南阿蘇のやさしい氷 〜2021夏〜

開催期間:2021年7月1日〜各店舗提供終了日まで

発行元:南阿蘇かき氷部

協力:富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社

デザイン:チチリ企画

問い合わせ:南阿蘇観光案内所 

TEL:0967-67-2222

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。