photograph: Masaki Ogawa

産地間が手を結び、日本のものづくりの新たな境地へ

日本のものづくり文化や技術を今に伝える、ユニークなブランドがまたひとつ誕生しました。

北海道〈ササキ工芸〉の産地間連携プロジェクト、〈pirkamonrayke(ピリカモンライケ)〉。

その名も〈pirkamonrayke(ピリカモンライケ)〉。

アイヌ語で「良い仕事をする」という意味を持つこのプロジェクトブランドは、北海道旭川で木製小物の製造を行う〈ササキ工芸〉が日本有数の産地と協力し、日本のものづくりの新たな可能性を世界に提示するというもの。

photograph : DESIGN FOR INDUSTRY

photograph : DESIGN FOR INDUSTRY

photograph : DESIGN FOR INDUSTRY

photograph : DESIGN FOR INDUSTRY

第一弾として協業する産地は、漆塗り、箔押し、蒔絵など、さまざまな伝統工芸文化が残る「京都」です。ここでは生まれたてのプロダクトを少しだけお見せしましょう。

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

photograph : Masaki Ogawa

デザインは、〈DESIGN FOR INDUSTRY〉の北川大輔氏。「このプロジェクトが始まってすぐ、ササキ工芸の工場にお邪魔し彼らのモノづくりを目の当たりにしたとき、その精度の高さに驚きました。木工家具産業の盛んな地で、創業から50年ほどの中で培われた技術は、工芸より工業と呼ぶに相応しいほど精緻なものでした」(北川氏のホームページより)

ササキ工芸の木工技術や京都のさまざまな職種・職人の技術、国宝や重要文化財といった古くから今に残る日本美術や工芸・民藝に見られる意匠など、あらゆる視点から読み解き、趣向を凝らしたプロダクトがラインナップしています。

これらは、日本のものづくりの新たなかたちとして、文化や産業、技術などさまざまな側面のすばらしさを私たちに伝えてくれることでしょう。

商品の詳細が気になるところですが、実際に販売されるのは2022年夏からとのこと。今から首を長くして待ちましょう。

information

株式会社ササキ工芸

Web:ササキ工芸公式サイト

Web:SASAKI COGEI プロジェクト公式サイト

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。