夏バテ予防に夏野菜を食べよう!

むむむ、蒸し暑い(涙)!日本の夏はどうしてこうも蒸し暑いのか……。高温と多湿がタブルでパンチしてきます。夏バテしないように、とにかくちゃんと食べてちゃんと寝て、健康管理をしっかりしないといけないですね。

しかし、こう蒸し暑いと食欲もなんとなく減退気味。……なんですが、こんな時期だからこそ、おいしい夏野菜をたくさん食べてほしいと思います。

夏野菜といえば、その存在だけで主役級のトマト、トウモロコシから始まり、油料理と相性のいいナス、ピーマンなんかが人気かもしれませんが、今回紹介したいのは、キュウリ!

みんな知っているキュウリ。庶民の野菜って感じですよね。

夏にはたくさん採れすぎて食べきるのに困ったり、スーパーでも安く売られていたり(ときどき価格が上がるとキュウリなのに高い! と思われたり)、もう少し貴重な存在として認めてあげたい(笑)。キュウリっておいしいんです。まさに今みたいな蒸し暑い時期には主役になれるんです! ということをお伝えしたいなと。

キュウリは1日であっという間に大きくなってしまうので、収穫が始まったらほぼ毎日収穫。

キュウリは1日であっという間に大きくなってしまうので、収穫が始まったらほぼ毎日収穫。

四葉キュウリは長さ30センチくらいが食べ頃。ぱっと見、細いゴーヤかと思ってしまうイボイボぶり。

四葉キュウリは長さ30センチくらいが食べ頃。ぱっと見、細いゴーヤかと思ってしまうイボイボぶり。

〈HOMEMAKERS(ホームメイカーズ)〉の畑では、「四葉キュウリ」を育てています。「四葉」と書いて、「すうよう」と読みます。中国から渡ってきた品種で、株に本葉が4枚ついた頃から実がなるのでこの名がついたといわれています。

一般的なキュウリと比べると大きく、長さ30センチほどに成長します。表面には白いイボイボがあって、シワもよっているので、ゴーヤに見間違えられることがありますが、キュウリです。

この小さなトゲがポロポロと取れてしまうので、なるべく傷つかないように出荷作業では気をつけています。

この小さなトゲがポロポロと取れてしまうので、なるべく傷つかないように出荷作業では気をつけています。

このイボイボというかトゲトゲのある四葉キュウリ、今ではスーパーなどではほとんど見かけなくなってしまいました。昔はイボイボのキュウリが普通でしたが、年々品種改良が進み、今ではイボなしつやつやキュウリが流通しているキュウリの主流です。というのも、このイボはちょっと触っただけでポロポロと取れてしまい、イボがとれたところから傷みやすく、収穫や出荷作業のときとても気を使います。そんな理由で四葉キュウリはあまり流通しないようになってしまいました。

でも、なんで四葉キュウリを育てているのか?

おいしいから! 好きだから!

たくさん採れたときでも飽きずにおいしく食べられるように、いくつかレシピを知っておくといいんですよね。

たくさん採れたときでも飽きずにおいしく食べられるように、いくつかレシピを知っておくといいんですよね。

四葉キュウリは皮が薄くて歯切れがいいのが特徴。ポリポリというかバリバリというか、表現が難しいのですが、漬けものやたたきにすると、あー、この食感がいいって感じます。それとキュウリの香りがしっかりします。

新鮮さ&皮の下ごしらえが重要

おいしく食べるポイントはふたつ。まずはとにかく新鮮なうちに食べること。

95%ほどが水分であるキュウリは、とにかく新鮮でジューシーなものがおいしいです。時間が経ってしまい、薄くカットされたキュウリほど悲しいものはないです。水分が蒸発して紙みたいだし味もしないし……。マヨネーズの味しかしないやつです。

新鮮であることはほとんどの野菜に共通するおいしさの条件(さつまいもなど保管したほうがおいしくなる野菜もあります)。産直市場や農家からの直送販売などを利用して、新鮮なキュウリを選んでみてください。

新鮮でジューシーなキュウリはとってもおいしい。冷蔵庫で保管する場合は、キッチンペーパーで包んでビニール袋に入れて野菜室に入れておくと長持ちします。

新鮮でジューシーなキュウリはとってもおいしい。冷蔵庫で保管する場合は、キッチンペーパーで包んでビニール袋に入れて野菜室に入れておくと長持ちします。

もうひとつ、キュウリの皮の下ごしらえです。うちではキュウリの皮をむいて食べることがあります。全部じゃなくて、ところどころ残しながら、皮があるところとないところで縦縞ができるイメージで。

ピーラーでキュウリの皮をところどころむきます。

皮が残っているところとむいたところが縞々になるように。

輪切りにすると、濃い緑と薄い緑が縞々になってきれい。

 

イボも気にならなくなるし、食感もちょうどよく、味もしみこみやすいんじゃないかと。お皿に盛ったときもきれいなんですよね。皮をむかないときは、「板ずり」といって、まな板の上でキュウリに塩をふってから転がしてイボを落とすこともあります。表面がなめらかになって食感がよくなります。

さてさて、おいしいレシピですが、一番簡単なのは切ってお皿に盛る!切るだけなんてもうレシピでもないですが、下ごしらえさえしておけば料理自体はシンプルでいいんです。

そのまんまを楽しむ。素材がよければそのままがおいしいです。食べるときに好きなドレッシングやマヨネーズなんかをつけてもいいですし。持ちやすいようにスティック型にカットするのもいいですよね。

切っただけのキュウリ、トマト、ピーマン。おいしい!

切っただけのキュウリ、トマト、ピーマン。おいしい!

ひと手間かけるなら、「たたきキュウリ」がおすすめです。キュウリをまな板の上に置いて、回転させながらめん棒とかすり棒でたたきます。キュウリが潰れてしまうほどの強さではなく、割れ目が入るくらい。あとは手で食べやすい大きさにちぎります。こうすることで味が染み込みやすくなります。味つけは、ごま油、醤油などお好みで。ちょっと豆板醤を入れてピリ辛にしても。

きゅうりを回しながらめん棒でたたきます。あまり強くたたきすぎるときゅうりが割れて飛んでいきます。割れ目が入るくらいで。

たたいたきゅうりを手でちぎって、ごま油やポン酢で味付け。断面がぎざぎざなので味がしっかり染み込んでおいしい。

 

さらに暑〜い夏のお昼に食べたいのは「キュウリの冷や汁」。キュウリを薄い小口切り(輪切り)にして、塩もみしてしんなりさせます。すりごまと味噌とだし汁をあわせたものを冷やしておいて、キュウリを入れればできあがり。細かく刻んだみょうがや大葉が加わるとさらにおいしい。

キュウリの冷や汁。氷も入っています。ヒヤヒヤ〜。夏の農作業のまかないごはんには最高!

キュウリの冷や汁。氷も入っています。ヒヤヒヤ〜。夏の農作業のまかないごはんには最高!

まだまだ蒸し暑い夏が続きそうです。さすがにキュウリだけでは夏は乗り切れませんが(笑)、夏の食卓においしいキュウリを並べてくださいね。

information

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:土曜のみ 11:00〜17:00(L.O. 16:00)*冬季休業

https://homemakers.jp/

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。https://homemakers.jp/