奈良の魅力を五感で感じる宿泊体験

奈良市にあるホテル〈MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS〉は、同じく奈良の老舗〈中川政七商店〉とコラボした宿泊プランを発売中です。同店のアイテムを取り入れた特別なお部屋で、奈良の魅力をより体感できるようなプランになっています。

〈MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS〉と〈中川政七商店〉のコラボ第1弾は、宿泊プラン「雪音晒(ゆきねざらし)の寝具と吉野ヒノキの香り」。

第1弾は、「雪音晒(ゆきねざらし)の寝具と吉野ヒノキの香り」。シーツやふとんカバーなどの寝具に〈中川政七商店〉が製造販売する雪音晒を使用しています。

シーツやふとんカバーなどの寝具には〈中川政七商店〉が製造販売する雪音晒を使用。

“究極の晒(さらし)”とも呼ばれ、綿本来の風合いを持つと同時に、パウダースノーを踏みしめた時のようなキュッとした感触が特徴。睡眠中の汗もしっかり吸って素早く乾くため、心地よい眠りを実現します。

「雪音晒(ゆきねざらし)の寝具と吉野ヒノキの香り」プランでは、奈良県産ヒノキの精油と吉野ヒノキのチップセットや奈良県産の番茶2種も用意。

また、気持ちをリラックスさせる成分を含む奈良県産ヒノキの精油と吉野ヒノキのチップセットや、奈良県産の番茶2種も用意。32平米のゆとりあるSuperiorルームで、ゆったりと安らぎの時間を過ごすことができるでしょう。

奈良県産ヒノキの精油や吉野ヒノキのチップセット、奈良県産の番茶2種も用意。

吉野ヒノキの精油と⼤和番茶はお土産セットも用意されており、自宅などでも楽しめるように。

館内では〈NEW LIGHT POTTERY〉の照明器具をはじめとした、吉野杉、飛鳥石、宇陀紙(うだがみ)など奈良県産の素材を用いたプロダクトを多数使用。

ホテル館内には、奈良を拠点とする〈NEW LIGHT POTTERY〉の照明器具や〈listude〉のスピーカーをはじめ、吉野杉、飛鳥石、宇陀紙(うだがみ)といった奈良県産の素材を用いたプロダクトが多数使用されています。

Photo by Takumi Ota

Photo by Takumi Ota

カフェのテラス席には鹿が訪れることもあるといい、ホテルを通じて、奈良の自然とクラフトマンシップに触れることができるのも魅力です。

このプランは今後、季節ごとにアイテムなどを変えながら提供予定とのこと。次回はどのようなお部屋で迎えてくれるのか、今から楽しみです。

information

MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS

住所:奈良県奈良市高畑町1116-6

アクセス:近鉄奈良駅から徒歩10分

プラン名:「雪音晒の寝具と吉野ヒノキの香り」

部屋タイプ:Superior(定員2名・ツインのフロアベッド)

価格:スタンダード料金 1室26000円〜

Web:MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS

*価格はすべて税込です。

writer profile

Mae Kakizaki

柿崎 真英

かきざき・まえ●ライター。宮城県仙台市出身。2019年よりフリーランスライターとして、東京を拠点に活動中。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを活かして、Webメディアや雑誌などに寄稿を行う。