松本十帖の外観。

老舗旅館をフルリノベーション

「松本の奥座敷」と呼ばれ、日本書紀にも登場する開湯1300年以上の歴史ある長野県の浅間温泉。古くは一般市民をはじめ、殿様から文化人までさまざまな人々の心身を癒してきました。

小柳の敷地から見える5世紀の古墳では、王冠や勾玉が出土し、信濃の大小名が集まる国府的なものがあったりと、神秘的な地力を宿す温泉地でもあります。

そんな浅間温泉を代表する老舗旅館〈小柳〉は、人々の寄り合いの場として機能した過去があり、まちの核となる旅館。しかし近年は後継者不在、2棟のホテルも過大債務で廃業が危ぶまれていました。

それを新潟県南魚沼市で〈里山十帖〉を営む〈自遊人〉が継承。ただ再生するのではなく、「地域の核として蘇らせる」ことを目的に、地域全体の経済を盛り上げる「エリアリノベーション」を実践。観光と経済、双方から注目を集める施設を目指し、2022年7月23日に〈松本十帖〉として新たなスタートを切りました。

松本本箱 客室

松本本箱 客室

松本本箱 客室露天風呂

松本本箱 客室露天風呂

小柳 客室

小柳 客室

小柳 客室

小柳 客室

 

小柳之湯

小柳之湯

新たな価値と命を吹き込み、地域の未来を担うプロジェクトにするため、中央棟を解体撤去し、ふたつの客室棟と浴室棟をスケルトン状態に戻して一からフルリノベーション。過去の配置にならい、ホテルは中央棟を解体し跡地に「小柳之湯」を復活させ、東西に棟があるかたちでリノベーションされました。

ブックストア

ブックストア

浅間温泉商店

浅間温泉商店

カフェ〈おやきと、コーヒー〉

カフェ〈おやきと、コーヒー〉

カフェ〈哲学と甘いもの〉

カフェ〈哲学と甘いもの〉

 

そのほか、エリアにはふたつのレストランや3つのカフェ、本屋、ショップ&ベーカリー、醸造所をオープン。日帰りも可能な外部に開かれた施設です。

自家醸造のハードサイダー(シードル)も開発。

自家醸造のハードサイダー(シードル)も開発。

この計画には、自遊人はもちろん、〈SUPPOSE DESIGN OFFICE〉や〈スキーマ建築計画〉、〈ノングリッド/デザインムジカ〉などのクリエイターも参画。持続可能な温泉街、持続可能な地方都市をテーマに、彼らが加わることでより多様に、豊かなプロジェクトとなりました。

自遊人とクリエイターたちの力が集結し、クールなオープンを飾った松本十帖。ここを拠点に、まちはどのような発展を遂げていくのでしょう。

information

松本十帖(松本本箱、小柳、ダイニング、カフェ、ショップ等の総称)

所在地:長野県松本市浅間温泉3-13-1 ほか

ホテル客室数:松本本箱24室、小柳14室

料金:松本本箱26752円〜、小柳23888円〜(2名利用時の1名あたり1泊2食料金)

tel:0570-001-810(12:00〜17:00)

Web:松本十帖 公式サイト

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。