カネコ小兵製陶所創業100周年記念プロジェクト

美濃焼の産地として知られる岐阜県土岐市。ここは非常に技術が発達しており、形状、色、質感、製法のあまりの多彩さに、100円ショップの陶器から国宝級まで手がける幅広さが売りです。

100色のなかから自分好みの色の美濃焼の器を選べる〈MINOIRO(ミノイロ)〉クラウドファンディングを実施

そんな土岐市にて、NYやロンドンなど海外展開も行う、大正10年創業の美濃焼の老舗〈カネコ小兵製陶所〉。現在創業100周年を記念して、100色のなかから自分好みの色の美濃焼の器を選べる〈MINOIRO(ミノイロ)〉クラウドファンディングを実施しています。

どの産地にも負けない多彩な色表現が可能なこと、カーテンや壁紙などのインテリアを選ぶように、食器もこだわりたいという人に寄り添う製品が提供したかったことから、今回のクラウドファンディングを実施。

100色のなかから好みの5色をセレクトし、美濃焼の色見本タイルを注文

気になるオーダー方法はとても簡単。まず、クラウドファンディング応援購入の際に欲しい器を選び、次に100色のなかから好みの5色をセレクトし、美濃焼の色見本タイルを注文。そこから実際に色合いや質感を見て、最後の1色を決めるというやり方です。

器はマグカップ、小鉢、お皿の3つ

器はマグカップ、小鉢、お皿の3つ。どれも、分業制でリレーのように職人がひとつひとつ丁寧に仕上げたもの。お気に入りの色が最大限映えるようにと、プレーンであきのこないデザインも魅力的です。電子レンジ、食洗機にも対応しているので、スボラな人でも使い勝手はいいでしょう。

お気に入りの色が最大限映えるようにと、プレーンであきのこないデザインも魅力的

クラウドファンディングは残り約1か月。単品よりセット購入の方がお得なので、この機会にぜひ好みの色の美濃焼をゲットしてみては?

information

【MINOIRO】食卓に世界観をつくる100色の美濃焼

期間:2022年7月31日(日)〜2022年10月18日(火)

Web:MINOIRO クラウドファンディングサイト

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。