求めるのは地域材の活用を広げるデザイン

日本三大秘境のひとつである宮崎県椎葉村。1000メートル級の九州山脈に囲まれ、村の96%が森林、杉の埋蔵量は日本一ともいわれています。その分地域材も豊富ですが、ほとんどが村内で活用されていないのだそうです。

CNC加工機「ShopBot」

CNC加工機〈ShopBot〉。

活用を促そうと、2020年には村の交流拠点〈Katerie〉にCNC(Computer Numerical Control/コンピューター数値制御)加工機〈ShopBot〉が導入されました。

そして今秋、地域材の可能性を広げるサウナのデザインアイデアのコンテストが行われます。テーマは「秘境と絶景〜ととのう空間〜」。

応募に必要なのは、以下の条件をクリアしたアイデアをA3用紙にまとめたものだけ。

・地域の木材を使用した木造サウナ・木部の製作加工で使うShopBotを活かした提案とすること・制作物は、幅×奥行き×高さの合計が16立方メートル以内に収まり、自立する構造体であること・2〜4人が入ることが可能なサウナであること・組み立ては人力で行うことができるものであること・移動可能なサウナであること

最上位の優秀賞に選ばれるのは2点。賞金15万円とデザインしたアイデアがサウナとしてかたちになります。

BASE CAMP shiiba

〈BASE CAMP shiiba〉。

小崎川流れるプールキャンプ場

小崎川流れるプールキャンプ場。

十根川重要伝統的建造物群保存地区の古民家

十根川重要伝統的建造物群保存地区の古民家。

サウナ設置の候補地は、自然豊かな、川と山を一望できる絶景キャンプ場の駐車場、十根川重要伝統的建造物群保存地区にある古民家、小崎川など。どこもすばらしい自然を感じられます。

委員長は椎葉村役場地域振興課長の椎葉豊さん、審査員には、アウトドアサウナのプロデュースを手がける傍ら、高円寺の老舗銭湯・小杉湯の経営企画を務める菅原理之さん、建築家の津川恵理さんとクリエイティブなおふたりが名を連ねました。

美しき椎葉村

応募〆切は2022年10月10日(月)18:00。

美しき椎葉村をさらに魅力的にするサウナ。ぜひあなたのアイデアをかたちにしてみませんか?

information

椎葉村秘境サウナデザインコンテスト

応募〆切:2022年10月10日(月)18:00

主催:椎葉村役場

協力:VUILD株式会社

Web:公式サイト

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。