久留米絣、5つの陶磁器とファッションの共演

〈BEAMS〉のクリエイティブディレクター、佐藤幸子氏が、福岡県の久留米絣と、佐賀県を代表する5つの陶磁器に新たな価値を見出して構築したふたつのブランド、〈CATHRI〉と〈HIZEN jewelry〉のポップアップイベントを、この秋、佐賀を代表する温泉地、嬉野温泉の名宿〈和多屋別荘〉にて開催します。

彼女が両方の文化と出会い、刺激を受け、可能性を感じたことから始まったプロジェクト〈Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING〉。2021年に京都、2022年には東京でもポップアップを開催。今回、満を持しての九州上陸です。伝統工芸とファッションの美しいコラボレーションを、その目でぜひ。

久留米絣を取り入れたリラクシングウエア〈CATHRI〉

Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKINGにて紹介される、ふたつのブランドのうち、ひとつは福岡県久留米地方に伝わる重要無形文化財・久留米絣。今から220年前に、なんと13歳の少女が創製したという織物は、その後、多くの人に愛され、1957年に国の重要無形文化財に選ばれました。

佐藤氏は、2018年にその久留米絣に出合い、約1年後に自らのアイデアを提案し、CATHRI(カスリ)を誕生させます。

絣をファッションの視点でデザインに落とし込み、目指したのは、「10代の女の子から90代のおばあちゃんまで、どんな人にも似合う服」。ゆったりと着心地の良さそうなシルエットで仕上げられたワンピースやセットアップ、その細部にあしらわれた久留米絣が存在感を輝かせます。

ドレス57200円

ドレス 57200円。

ドレス53900円

ドレス 53900円。

宝石を纏うように身につけたい、陶磁器の〈HIZEN jewelry〉

もうひとつのブランドは、HIZEN jewelry(ヒゼン ジュエリー@hizen_jewelry)。佐賀県・肥前地区を代表する5つの窯元の陶磁器をベースにしたジュエリーコレクションです。

以前、佐賀県と5つのやきもの産地によるプロジェクト〈HIZEN5(ヒゼン ファイブ)〉にも関わったことのあった佐藤氏。いくつかのコレクション誕生をサポートするなかで、肥前地区の窯元が手がける陶磁器を、ジュエリーとして楽しめたなら……という思いが高まったそう。

そうしてローンチしたHIZEN jewelryでは、有田、伊万里、嬉野吉田、武雄、唐津の5つの地区の窯元、それぞれの個性を際立たせた陶磁器のジュエリーを紹介しています。

今後も、名産地でつくられる焼き物と向き合いながら、少しずつコレクションを増やしていく予定とか。

たくさんのストーリー、バックグラウンドを持って生まれた作品たち。1300年の歴史を持つ嬉野温泉・和多屋別荘にて堪能したあとは、ぜひ、それぞれの産地にも足を運んでみて。

有田(文翔窯)

有田(文翔窯)。

伊万里(畑萬陶苑)

伊万里(畑萬陶苑)。

唐津(石井義久)

唐津(石井義久)。

武雄(康雲窯)

武雄(康雲窯)。

嬉野吉田(224porcelain)

嬉野吉田(224porcelain)。

information

Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING 

会期:2022年9月15日(木)〜10月15日(土)

時間:9:00〜20:00

場所:和多屋別荘 POP UP STORE(フロント前)

入館料:無料

Web:Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING

*価格はすべて税込です。

writer profile

Satoko Shikada

鹿田吏子

しかだ・さとこ●長崎県出身、福岡県在住。情報誌編集部を経て、フリーランスに。雑誌や企業広報誌などで編集、取材、執筆などを行う。時間ができると国内外の旅に出かけ、存分に楽しんだのち、日常に戻る瞬間が好き。