〈Maruta〉監修の素材を最大限に生かした和漢スープ

豊潤な大地で育った食材をつくる生産者と共に、現代人のライフスタイルをより豊かなものへと自然に変えられる製品を作る〈GRON〉より、“薪火料理”のガストロノミーレストラン〈Maruta〉の監修による革新的なスープが誕生しました。

多くの食通たちを魅了するMarutaのシェフ・石松一樹さんとドリンクディレクターの外山博之さんが監修。

多くの食通たちを魅了するMarutaのシェフ・石松一樹さんとドリンクディレクターの外山博之さんが監修。

東京・深大寺ガーデンに店を構えるMarutaは、原始的な調理方法を用いながらも主役となる素材の魅力を最大限に引き出した革新的な料理が特徴的な、自然との共生を体験できる都市型ガストロノミーレストラン。

今回発売されたGRONのファンクショナルスープは、インスタントスープとしては画期的ともいえる一流シェフの技術と国産の和漢素材が融合し、高いクオリティを実現しています。

味噌汁や出汁などの日本に伝わるインスタントフードにインスピレーションを受けたという「お湯を注ぐだけ」のスープは、手軽なうえに栄養豊富、美と健康に効果的な素材がたっぷり入っています。

パッケージはハーブティーのようなお洒落なデザイン。

パッケージはハーブティーのようなお洒落なデザイン。

注目は、飛鳥時代から薬草のまちとして記録されているという奈良県宇陀市の「大和当帰」や、長寿地域として知られる沖縄県大宜味村で採れる“琉球シナモン”と呼ばれる「カラキ」が使われていること。

和漢食材や、米麹など伝統的な発酵食品をベースに、現代人に不足しがちな栄養素がバランスよく配合されています。

2種類のうちのひとつは、宇陀市の大和当帰の葉を使いみずみずしくスパイシーな香りとまろやかな酸味が印象的な〈Holy Moly Green(ホーリーモーリーグリーン)〉。

当帰とは、セリ科の多年草本で、奈良県を主とし日本各地の薬園で栽培されており、17世紀中頃から大和や山城地方で野生していた深山当帰系のものを栽培し、今日の大和当帰となったと考えられているそう。漢方処方薬として、補血、強壮、鎮痛などの婦人薬や冷え性用薬として高頻度で配合されているといいます。

〈Holy Moly Green〉1包 399円(税込)/12包(16g×12)4536円(税込)

〈Holy Moly Green〉1包 399円(税込)/12包(16g×12)4536円(税込)

Holy Moly Greenの原材料には、エンドウ豆たんぱくや米麹、昆布、宇陀市で農薬を使わずに育てられた大和当帰やコリアンダー、レモングラスなどが使われ、これらの作用で体全体を温めて巡りを整えてくれるそう。

ファンクショナルスープ〈Purple Yum Dream(パープルヤムドリーム)〉1包 399円(税込)/12包(16g×12)4536円(税込)

ファンクショナルスープ〈Purple Yum Dream(パープルヤムドリーム)〉1包 399円(税込)/12包(16g×12)4536円(税込)

もう1種類のスープは、紫の色合いのPurple Yum Dream。

世界が注目する長寿地域・沖縄の伝承食材を使った“眠りと潤いへ導くスープ”とあって、眠り草とも呼ばれるクワン草が配合されています。その他にも泡盛のもろみやカラキなど、沖縄ならではの伝承食材をブレンドし、焙煎した黒豆や生姜、宮古島の塩など食材のバランスが抜群です。

ふわっとココナッツの甘い香りが立ち、紅芋のコクとやさしい味わいにエキゾチックなスパイスの風味で、食べやすさのなかにシェフのこだわりを感じられます。

ガストロノミーレストランのクオリティを手軽に作れてしまうとあって、日常使いだけでなく、特別な日やアウトドアにもぴったりですね。

軽くて小さいのでいつでも気軽に作れるのがいいところ。

軽くて小さいのでいつでも気軽に作れるのがいいところ。

容器に熱湯(160-200cc)、ファンクショナルスープの順に注ぐのがポイント。

容器に熱湯(160-200cc)、ファンクショナルスープの順に注ぐのがポイント。

すぐによくかき混ぜてからお召し上がりください。GRONオリジナルハンドブレンダーも同時発売。550円(税込)

すぐによくかき混ぜてからお召し上がりください。GRONオリジナルハンドブレンダーも同時発売。550円(税込)

 

つくり方も簡単!

お湯を沸かして、1袋分をお湯に溶かすだけ。豆乳やオーツミルクなど好みのドリンクと合わせてもおいしくいただけます。

Holy Moly Greenは葉酸、亜鉛、カルシウムが豊富。Purple Yum Dreamは食物繊維とポリフェノールの補給におすすめです。

11月14日・15日〈Good Lifer’s Day〉にてお披露目!

Good Lifer’s Day

2022年11月14日(月)15日(火)には、東京・日本橋で「Good Lifer’s Day」が開催され、会場でファンクショナルスープ2種がお披露目されました。

ファンクショナルスープの試飲会では、アウトドアライフ企業〈UPI〉のアウトドアギアを使って沸かしたお湯で旅先でのスープの楽しみ方が体験できるそう。

14日は、Marutaの石松シェフによるワークショップも無料で開催されるとのことで、詳しくはこちらをご覧ください。

毎日の美と健康のために。

日本各地の伝統の和漢食材を気軽に味わえる、GRONのファンクショナルスープを取り入れてみてはいかがでしょうか?

information

GRON

WEB:GRON

Good Lifer’s Day

会期:2022年11月14日(月)〜15日(火)

時間:11:00〜17:00

住所:東京都中央区日本橋本町3-2-8the A.I.R. Building (ジ・エアービルディング) 全館

WEB:Good Lifer’s Day

*価格はすべて税込です。

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。