音楽好きコロンボとカルロスがリスニングバーを探す巡礼の旅、次なるディストネーションは京都府京都市。

ハイエンド・オーディオで聴く「プラスティック・ラブ」の衝撃

カルロス(以下カル): 〈Technics〉がカフェをオープンしたとは聞き捨てならないね。それも京都なんでしょう?

コロンボ(以下コロ): 京都も京都、四条通り沿いのど真ん中。昨年の12月6日、音楽の日にオープンしたんだ。

カル: 音楽の日?

コロ: エジソンが発明したフォノグラフの録音、再生が初めて成功した日らしいよ。1877年の出来事。

カル: 世界中のDJが使い続けるターンテーブルの名機、あの「Technics SL-1200」シリーズが発売されたのが1972年だから、誕生のほぼ100年前だね。当然、このカフェのタンテもそうなんでしょう?

コロ: DJブースのものはもちろんだけど、メインとなるオーディオユニットはハイエンドの「SL-1000R」。より正確でなめらかな回転を追求し、あらゆる振動を遮断・制御する強靭な構造らしいよ。

カル: 42キロ以上とかなり重いんだってね。放送局用のユニットとして採用されるものもわかるね。

ミュージアムのような空間に鎮座する垂涎のオーディオユニット。

ミュージアムのような空間に鎮座する垂涎のオーディオユニット。

Technicsのターンテーブルの最高峰SL-1000R、総重量はなんと42キロ以上だとか。

Technicsのターンテーブルの最高峰SL-1000R、総重量はなんと42キロ以上だとか。

 

コロ: このカフェに鎮座するパナソニックならでは垂涎のオーディオユニットの総額は700万円だってさ。

カル: TOYプレイヤーから始まったボクのレコード人生、ここまで登り詰められればいいんだけどな(笑)。

コロ: 最近のレコードブームで、入口はたしかにTOYプレイヤーからなんだけど、たいがいそれじゃ物足りなくなくて、次のフェーズに向かうんだってね。まあ、そりゃそうだけど。

カル: 広々としたカフェはガラス張りで天井もやたら高い。シンプルかつソリッドな空間なんだけど、これはデザインだけでなく音響への配慮とかもあるのかな?

コロ: すべてに音響的配慮があるそうだよ。あえてテーブルを置いてなかったり、植栽が吸音の役割を果たしたりとね。空間設計を担当した関祐介さんもSL-1200シリーズのユーザーで、「デザインされているけれど主張しないところが」が気に入っているらしい。

カル: まさにその思想が空間設計にリファインされているね。コーナーに積み上がった〈M&M Furniture〉の椅子をお客さんがそれぞれ持って来て座るというシステムも新しいね。そもそもなんで京都につくったのかな?

カフェのコーナーに積み上がった〈M&M Furniture〉のスツールたち。

カフェのコーナーに積み上がった〈M&M Furniture〉のスツールたち。

植栽さえも吸音のアイテムに。反射音を極力抑えた音響空間。

植栽さえも吸音のアイテムに。反射音を極力抑えた音響空間。

 

コロ: 京都の文化と学生やインバウンドのツーリストが多いのもポイントだったみたい。

カル: 文化庁も京都に移転したしね。テクニクスといえばグローバルブランドだから外国人にも親和性が高い。

コロ: そのおかげか、シティポップがすこぶる人気なんだ。インバウンドの人たちのリクエストは圧倒的かつダントツに竹内まりやさんの「プラスティック・ラブ」らしいよ。

カル: ハイエンド・オーディオどころか、レコードで聴いたことない日本の若い子も多いだろうしね。たしかにここで聴くと山下達郎さんのいかしたギター・カッティングはもちろんのこと、ストリングスがいかにきれいな鳴りかがよくわかる。ゾクゾクするね。

コロ: だよねー、別次元。ヴィンテージ・オーティオショップの名店〈ジュピターオーディオ〉で『クリムゾン・キングの宮殿』を聴いて以来の衝撃。いままで聴いていた『クリムゾン・キングの宮殿』はなんだったんだろうって(笑)。

シティポップのアンセム「プラスティック・ラブ」はダントツの人気。ハイエンド・オーディオの鳴りでぜひ!

シティポップのアンセム「プラスティック・ラブ」はダントツの人気。ハイエンド・オーディオの鳴りでぜひ!

カル: レコードだけでなくて、ハイレゾ音源もまた極上らしいね。基本、どんな選曲でやっているの?

コロ: プロデューサーの立川直樹さんとか、〈春の雨〉のオーナー中澤敬さん、京都からは〈Jazzy Sport Kyoto〉のバイヤーのSHUN145さん、〈SECOND ROYAL RECORDS〉など6人がプレイリストを作成して、それをかけているんだ。

カル: 京都ローカルもフックして、とても行き届いたメンバーだね。彼らがそれぞれの時間帯を想定してセレクトしているわけ?

コロ: まさにその通り。それぞれが朝昼晩とイメージした10曲くらいを決めて、そのレコードをスタッフに預けてかけているんだって。

カル: 具体的にはどんな感じ?

コロ: 立川さんだったらドアーズ「まぼろしの世界」、ニーナ・シモン「ファースト・レコーディング」だったり、中澤さんならJoan Bibiloniの爽やかなアコースティック、SHUN145さんは京都のパーティシーンを支えてきたジャムバンド、SOFT「PASSING TONE」とかね。

カル: なかなか個性あふれる選曲で、しかも幅も奥行きもある。

ターンテーブルをステッチであしらったファッションディレクター源馬大輔氏によるスタッフユニフォーム。

ターンテーブルをステッチであしらったファッションディレクター源馬大輔氏によるスタッフユニフォーム。

REI HARAKAMIの『lust』。まさに京都を想起させる名ジャケット。

REI HARAKAMIの『lust』。まさに京都を想起させる名ジャケット。

 

コロ: その合間といっちゃなんだけど、ハイレゾ音源もかかるし、リクエストもできる。昼間に聴く京都在住だったREI HARAKAMIのアンビエントというか、なんともいえない浮遊感もいいもんだよ。時間帯によっては持ち込みもOKだとか。ただ、レコード盤だけはしっかり磨いて来てくださいとのことです。

カル: 礼儀ですね(笑)、オーディオもいいからノイズが想像以上に気になるはずだから要注意。

コロ: ノイズといえば、ハイレゾ音源だとノイズがまったくないので、その明鏡止水の環境も異次元。リストの「ラ・カンパネラ」とかビビったよ。

カル: レコード派なのでなおさら感じちゃうじゃない? カフェとはいえども、オーディオメーカーのカフェなので、それなりの音量で鳴っているんだってね。音がいいと気にならないでしょ。

コロ: まったく! むしろ心地いい。不定期だけどDJイベントなんかもやるそうだよ。

カル: DJバー的な夜になっちゃうわけだ。そりゃ、いい。でも、場所柄、おさえ気味なんじゃなない?

コロ: いやそれがそうでもないらしい。キャパも70名以上になるから、それなりに盛り上がっちゃうみだいだよ。

カル: 今後もいろいろと仕掛けちゃうんだろうな。ところでカフェなんでしょ、コーヒーは京都から?

コロ: もちろん! 〈小川珈琲〉がサポートしているので、ご当地感も抜かりないです。

基本は6人のセレクターによるプレイリストにそってスタッフがかけるというシステム。

基本は6人のセレクターによるプレイリストにそってスタッフがかけるというシステム。

コーヒーはもちろんご当地〈小川珈琲〉が監修。一杯一杯ドリップしてサーブ。

コーヒーはもちろんご当地〈小川珈琲〉が監修。一杯一杯ドリップしてサーブ。

 

information

Technics cafe KYOTO 

住所:京都府京都市中京区新町通錦小路下る小結棚町444番地

電話:070-7817-3849

営業時間:11:00〜20:00(日〜木曜)、11:00〜22:00(金・土曜)

※イベント開催の際は営業時間が異なる場合がありますので、ホームページを確認ください。

定休日:無休(年末年始を除く)

Web:Technics cafe KYOTO

 

【SOUND SYSTEM】

Speaker:Technics SB-R1

Turn Table:Technics SL-1000R

Pre-Main Amplifier:Technics SU-R1000

Music Server:Technics ST-G30

Network/Super Audio CD Player:Technics SL-G700M2

旅人

コロンボ

音楽は最高のつまみだと、レコードバーに足しげく通うロックおやじ。レイト60’sをギリギリのところで逃し、青春のど真ん中がAORと、ちとチャラい音楽嗜好だが継続は力なりと聴き続ける。

旅人

カルロス

現場としての〈GOLD〉には間に合わなかった世代だが、それなりの時間を〈YELLOW〉で過ごした音楽現場主義者。音楽を最高の共感&社交ツールとして、最近ではミュージックバーをディグる日々。

writer profile

Akihiro Furuya

古谷昭弘

フルヤ・アキヒロ●編集者『BRUTUS』『Casa BRUTUS』など雑誌を中心に活動。5年前にまわりにそそのかされて真空管アンプを手に入れて以来、レコードの熱が再燃。リマスターブームにも踊らされ、音楽マーケットではいいカモといえる。

credit

photographer:深水敬介

illustrator:横山寛多