京都発の餃子レストランチェーン〈餃子の王将〉といえば、手頃な価格でボリュームたっぷり、今まではどちらかというと男性向けのイメージでした。

そんなイメージを覆す、女性をメインターゲットとした新コンセプトの店舗〈GYOZA OHSHO 烏丸御池店〉が2016年3月3日のひな祭り、京都市中京区に開店します。スタイリッシュな内装に色彩豊かな新メニューで、憧れのデートスポットになりそうな、新機軸のレストランなのに驚きです。

〈GYOZA OHSHO〉は、〈餃子の王将〉でも初となる試み。社内で〈王将女子チーム〉を結成し、女性デザイナーによる設計、女性料理研究家によるメニュー開発で、女性がより多く入店しやすいような店舗創りを目指したんです。コンセプトは、今後の世界進出を視野に入れた〈ジャパニーズカジュアル〉。

設計を手がけたのは、oriharamiki design officeの折原美紀さん。店舗の外にはウッド調のスタンディングテーブルを設置し、店内前面にはバルスタイルをイメージした空間を取り込んでいます。

店舗奥にはセミ個室も。見えないところにも工夫があり、厨房では新たな試みとして〈ドライキッチン方式〉を取り入れました。床に水を流さない設計なので、衛生的で長持ちする厨房設備なのだそう。

さて気になるお料理ですが、お店で提供されるのは、バランス料理研究家の小針衣里加さんが監修した、烏丸御池店限定のオリジナルメニュー。

ケーキのようなふわふわ玉子焼き

フードは、水餃子や〈野菜と豚肉のチーズせいろ蒸し〉など、体に優しく栄養バランスにもこだわった一品料理のほか、お店で手作りした杏仁豆腐などのスイーツも。

おなじみの焼き餃子やラーメンは、お腹に丁度良いサイズ感にした王将オリジナルメニューに。そしてドリンクも、ワインやスパークリングワイン、カクテルにサワーなど、ラインナップも豊富です。

店舗では、Wi-Fi機能の充実、モバイル用のサービスコンセントの設置など、デジタル世代にもうれしい心配りが随所に。もちろん餃子やラーメン、エビチリなどおなじみのメニューもありますが、餃子にビールで一杯、という既存のイメージからかけはなれた、新しい店舗になりそうです。

information

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

住所:京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430

2016年3月3日(木)AM11:00グランドオープン

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter