7月22日(土)と8月4日(金)、東京にて〈「根っこのある生きかたを、つくる。」トークイベント兼郡上カンパニー2017説明会〉が開催されます。

郡上カンパニーとは、岐阜県郡上市にて、移住促進策の一環として始まったプロジェクト。先輩起業家や同じ志を持つ仲間たちが「未来につながる仕事」をつくり、同市に新しい事業や雇用を生み出していくことを目指します。

本格スタートの前年となる今年、2017年は、東京と郡上で9月〜12月にかけて事業づくりワークショップを実施。事業をつくりたい都市部の人と郡上のプロジェクトパートナーでチームを構成し「都会暮らしか、地方暮らしか?」という二項対立を超えた「未来につながる事業プラン」をつくります。

7月22日、8月4日の説明会では、同ワークショップの概要からプロジェクトの内容、郡上の魅力がより具体的に語られます。

7月22日(土)は、ゲストにアスノオト代表の信岡良亮さん、NPO法人地域再生機構 副理事長/NPO法人HUBGUJO理事の平野彰秀さんを迎えトークイベントを開催。

信岡さんは、ITベンチャー企業を退職後、島根県の中ノ島・海士町へ移住し、企業。6年半の島生活を経て、都市と農村の新しい関係を創るため、東京にてアスノオトを創業したお方。一方平野さんは、企業の経営戦略コンサルティングに従事した後、岐阜へUターン。小水力発電所の建設などに携わってきました。どんな対談になるのか、楽しみですね。

〈西塔企画〉西塔大海さん、〈まちやど〉オーナー木村聖子さん、〈猪鹿庁〉長官の興膳健太さんが登場!

8月4日(金)は、西塔企画代表/元福岡県上毛町地域おこし協力隊の西塔大海さん、ゲストハウス〈まちやど〉オーナーの木村聖子さん、里山保全組織〈猪鹿庁〉長官の興膳健太さんによるトークが開催されます。

西塔さんは、福岡県上毛町(こうげまち)に地域おこし協力隊として着任し〈みらいのシカケ〉を立ち上げ、「古民家リノベーション教育プログラム」や、お試し移住「上毛町ワーキングステイ」を実施。西塔さんが拠点を置く里山集落には、年間のべ1200人が相談や見学に訪れるといいます。

木村聖子さんは、郡上八幡ににて旅人と地元の人が交流できる拠点となっているゲストハウス〈まちやど〉を営むお方。興膳健太さんさんは〈NPO法人メタセコイアの森の仲間たち〉の代表理事として、自然体験を通したまちづくり活動を行うかたわら、多くの人に猟師の仕事を知ってもらうべく〈猪鹿庁〉と名づけた活動もスタート。里山が抱える獣害の問題と向き合っています。いずれも、興味深い対談になりそうですね!

説明会への参加料は無料です。ワークショップへの参加を考えている方はぜひチェックを。詳細とお申し込みはこちらから!

information

第一回「根っこのある生きかたを、つくる。」トークイベント&郡上カンパニーワークショップ説明会

開催日:2017年7月22日(土)

時間:16:00〜18:00(15:30受付開始)

会場:GLOCAL CAFE(港区北青山)

住所:東京都港区北青山2-10-29

運営:郡上カンパニー運営事務局

Web:郡上カンパニー ワークショップ参加説明会詳細・申込 Facebook

information

第二回「根っこのある生きかたを、つくる。」トークイベント&郡上カンパニーワークショップ説明会

開催日:2017年8月4日(金)

時間:18:30〜21:00(18:00受付開始)

会場: 移住・交流情報ガーデン(八重洲)

住所:東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル1F

運営:郡上カンパニー運営事務局

Web:郡上カンパニー ワークショップ参加説明会詳細・申込 Facebook

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。