2017年8月4日(金)〜11月5日(日)まで、3年に1度開催される現代アートの国際展〈ヨコハマトリエンナーレ2017〉が開催されます!

このトリエンナーレは、横浜美術館や横浜赤レンガ倉庫1号館をはじめとする横浜の施設・屋外広場を会場に、国内外の絵画や彫刻、映像、インスタレーション、プロジェクト、パフォーマンスなどを紹介する展覧会。

6回目をむかえる今年は「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界のいまについて考えていくそう。

タイトルの「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワード。それらを手掛かりに、人間の勇気と想像力や創造力がどんな可能性をひらいていけるのか、開港の地・横浜から新たな視点を発信していきます。

参加作家は、アイ・ウェイウェイ(艾未未)、オラファー・エリアソン、マウリツィオ・カテラン、ジョコ・アヴィアントら国際的に活躍する著名なアーティストや、小沢剛、宇治野宗輝、畠山直哉などの日本のアーティスト、日本で初めて本格的に紹介されるワエル・シャウキーらも。

アイ・ウェイウェイによる難民問題に関する大型インスタレーション作品や注連縄(しめなわ)から発想し、2000本の竹を編み上げたジョコ・アヴィアントによるダイナミックな新作など、見どころはいっぱい。展示だけでなく、トークイベントやドキュメンタリーの上映、演劇、古典籍や古地図の展示、横浜のまちめぐりなどのプログラムも盛りだくさんです。

ヨコハマトリエンナーレ2017へいくなら、ぜひ合わせて訪れたいのが連携プログラム。

このトリエンナーレでは、連携プログラム〈BankART Life V -観光〉&〈黄金町バザール2017〉を巡れるセット券が販売されます。BankART LifeVと黄金町バザール2017には、期間中何度でも入場できるので、アートのまち、横浜を存分に楽しめそう!

〈BankART Life V -観光〉では、1953年に建てられた旧日本郵船倉庫を利用したBankART Studio NYKに、大型の作品群が並びます。参加作家は、みかんぐみ、丸山純子、高橋啓祐、中谷ミチコ、鈴木理策などなど。さらにBankART Studio NYKでは〈日産アートアワード2017〉展も開催されます。ここは必見!

〈黄金町バザール〉は、横浜市中区の黄金町エリアのまちを舞台に開催されるアートフェスティバル。10回目となる今年は「Double Facade 他者と出会うための複数の方法」をテーマに、約3ヶ月にわたり作品を展示します。

参加作家は、キャンディー・バード、Chim↑Pom、プ・ユンなど。タイを拠点に活動するヴォーグ・ダンサー、サン・ピッター・ペーフアンによる市民参加型ワークショップやBallroomイベント、作曲家・西井夕紀子と地域住民による「不満の合唱団 in 黄金町」、松蔭浩之による地域住民を招いた「お金のかからないオークション」など、スペシャル・プログラムも多数開催されます。

前売りセット券の価格は、一般2100円(当日2400円)、大学・専門学校生1500円(当日1800円)、高校生1100円(当日1400円)。販売は8月3日(木)までです。この夏、トリエンナーレへいかれる方はぜひチェックを!

information

ヨコハマトリエンナーレ2017

会期:2017年8月4日(金)〜11月5日(日)

休場日 :第2・4木曜日(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、10/26)

会場:横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館(地下)ほか

時間:10:00〜18:00 (最終入場17:30)※10/27、10/28、10/29、11/2、11/3、11/4は、20:30まで開場(最終入場20:00)

電話:ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00-22:00)

主催:横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、 NHK、朝日新聞社、 横浜トリエンナーレ組織委員会

Web:横浜トリエンナーレ Facebook BankART 1929 黄金町バザール2017

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。