いま、東京・六本木では、ものをはかる「単位」をテーマにした展覧会「単位展」が話題。いっぽう、秋田県能代市には計る・測る・量るなど、「はかる」ものをテーマにした「平山はかり店」こと「平山計量器店」があります。創業は明治元年。店主はまちの人気者、平山はるみさん。歴史ある店内には、天秤や分銅、ものさし、定規、砂時計、ビーカーやフラスコなど、あらゆる「はかる」ためのものが並びます。

こちらは「ものさし」。

重さをはかる「はかり」

分銅

もともと「平山はかり店」は「平山計量器店」という名前で、業務用と家庭用のはかりを中心に、宝くじやたばこを販売するお店でした。前店主のおばあちゃんが亡くなり、昨年、店主変更の届け出を出しに行ったところ、役所の方が「あなたのお店は、秋田県に残る最後のはかりやさんですよ」とおっしゃるではありませんか。その灯をより大きくするために、はるみさんは、「はかり」をテーマに多彩な商品を扱う店へとリニューアルすることを思いつきます。そして2014年6月、計量器店兼雑貨店「平山はかり店」が誕生しました。

リニューアルにあたり、ロゴを一新。看板を作りました

「平山はかり店」では、オリジナルグッズも制作。秋田杉を活用したプロダクトを手がける、能代市のクリエイター「AAREA」さんとコラボし、目盛りが刻まれたカッティングボードを作りました。表面の目盛りが、パンや食材をカットする際に目安になる逸品。目盛りのデザインは、お店にあった古い棒はかりの目盛りを参考にしています。

ほかにも店内には、「はかること」をテーマにした雑貨がいろいろ。アート作品の展覧会を開催したり、お菓子の重さをはかるイベントを開催したり、地元のひとの憩いの場になっています。

能代に行ったら、ぜひ訪れてみたいスポットです。

■平山はかり店住所:〒016-0817 秋田県能代市上町9-16 TEL:0185-52-5739FAX:0185-52-5739営業時間:9:00〜18:00定休日:日

writer profile

Akiko Saito齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員、white-screen.jpライター、A4Aコーディネーターなどを経て現在フリーランスのライター/エディター。FITC Japanese Ambassadorなど、海外と日本のデジタル・クリエイティブを繋げるための活動も行う。https://twitter.com/akiko_saito