登録会員数6,000万人を超える『ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する』をコンセプトに、幕張メッセ全館を貸し切って開催されるユーザー主体の超巨大イベント「ニコニコ超会議」。
2012年より開催し昨年開催の「ニコニコ超会議2018」では、2日間で過去最高のリアル入場者数16万1277人、ネット来場者数612万1170人が来場しました。そして今年も千葉県千葉市美浜区の幕張メッセにおいて「二コニコ超会議2019」が2019年4月27日(土)・28日(日)に渡って開催されます。先日の第1回発表会に続き、2019年3月25日(火)、東京都港区のニコファーレにて、「二コニコ超会議2019」の第2回発表会が行われました。

【「ニコニコ超会議2019」第2回発表会の様子】

【超歌舞伎supported by NTT】

今年で4回目の開催となる「超歌舞伎」。今回は2016年の初演作品『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』の再演がなされます。

平安時代を舞台に古典歌舞伎を代表する名作のひとつである「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」と初音ミクの代表曲である、黒うさP作詞・作曲のVOCALOID曲「千本桜」。このそれぞれの世界観を元にして生まれた「今昔饗宴千本桜」。

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'16/第22回AMDアワード」の大賞 総務大臣賞を受賞した本作は、2016年同様、中村獅童が佐藤四郎兵衛忠信(さとうしろうびょうえただのぶ)、初音ミクが初音未來、美玖姫(みくひめ)、澤村国矢が青龍の精(せいりゅうのせい)をそれぞれ勤める他、中村蝶紫が美玖姫の母である、初音の前(はつねのまえ)を演じます。

そして「超歌舞伎」初年度より二コニコ超会議に超特別協賛し、同社研究所が誇る最新のICT技術で新しい歌舞伎演出の実現をサポートしてきたNTT。

今年は超高臨場感通信技術「Kirari!」の技術進化を取り入れ、「超歌舞伎」では御馴染となった
”分身の術”を更にパワーアップ。そして現場を越える再現目指した新たな演出として”変身の術”にチャレンジ。

また、昨年、初音ミクが舞台上を練り歩き大きな話題を読んだ「両面透過型表示装置」が今年は国際展示場ホール内に登場し、初音ミクがホール内を練り歩きます。

発表会に登壇した、松竹株式会社の野間さんは、初年度は初めてという事で「歌舞伎らしさ」は抑えていたが、今年は古典歌舞伎として歌舞伎らしさという事を全面に取り入れて皆様にお届けしたいと話し、NTTサービスエボリューション研究所所長の阿久津さんは、RGB-IRカメラを入力とした深層学習によるリアルタイム被写体抽出システムを新たに開発し、「獅童さんらしさ」「国矢さんらしさ」をコンピューターに推論させてきちんと抽出する、という、3年分の技術進化を披露すると話しました。

そして主役の中村獅童さんも登壇し、超歌舞伎を同業の歌舞伎役者が見に来た時に声援等、観客の人達に感動するとの評が話され、さらにゲストとして美玖姫も”登壇”。今年も獅童さんをはじめ、仲間と一緒に素敵なお芝居をお届け出来る様、精一杯頑張るとコメント。

獅童さんもミクの才能の高さを絶賛。日本舞踊の稽古はずっと続けていて、今年は更に舞踊のレベルが上がっているとの頃。

最後に獅童さんから「また皆さんで会場一つになってライブの素晴らしい所ですので、是非、私を興奮させて下さい。私もそれを倍返しして、会場一体で盛り上がれる様に命がけで務めたいと思っています。」と力強い意気込みを話されました。

そして2019年8月2日(金)より京都南座においてNTTと松竹が取組むICTを用いた新たな歌舞伎の商用公演興行の第一弾として、南座新開場記念「八月南座超歌舞伎」の開催も発表されました。

【公演概要】

公式サイトはこちら

<演目名>
『今昔饗宴千本桜』(はなくらべせんぼんざくら)
<公演期間>
20194月27日(土)・28(日)各日13:00〜、16:00〜
<会場>
幕張メッセイベントホール
<出演者>
中村獅童
初音ミク
中村蝶紫
澤村国矢

<STAFF>
脚本:松岡亮
演出・振付:藤間勘十郎
原作・劇中曲:「千本桜」(作詞・作曲:黒うさ)/著・イラスト 一斗まる
製作:松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
製作協力:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
超特別協賛/技術協力:NTT
主催:ニコニコ超会議実行委員会
【VTuber Fes Japan 2019】

幕張メッセ国際展示場の1ホールを丸ごと1つ使用して開催される、総勢100名以上のVTuberの祭典。

カラオケ・漫才・トークなど、VTuberの様々なパフォーマンスが楽しめる「VTuber Special Stage」

来場者自身がVR空間内でVTuberとなりカラオケ体験が出来る「バーチャルカラオケSupported by JOYSOUND」

そして、同時開催イベントとして、TVアニメ『バーチャルさんはみている』に出演中の多数のVTuberが出演し、二日間で計50曲を披露するトーク&LIVEイベント、「バーチャルさんがいっぱい スペシャルバーチャライブ」を予定。
さらには物販コーナー等、丸一日VTuber漬けになる事が出来ます。

「バーチャルさんがいっぱい スペシャルバーチャライブ」公式サイトはこちら
【超アニメエリア・超2.5次元俳優ステージ/超ゲームエリア】

アニメの世界観を疑似体験できる「超アニメエリア」そこで行われる新企画が「超アニメステージ&超2.5次元俳優ステージ」。

4月27日(土)に超アニメステージ、4月28日(日)に超2.5次元俳優ステージが行われますが、コンフェティのイチオシは「超2.5次元俳優ステージ」。2.5次元舞台ミュージカルで活躍中の注目株の俳優を生で見れる・会えるステージ。
大好評を博した舞台「イケメンシリーズ」からキャストがステージに登壇します。

今回発表された登壇キャストは、瑛、小南光司、星元裕月、山本一慶の4名。今後も出演者追加予定との事。

さらに『超ゲームエリア』においては「イケメン★マジックミラーのぞき見部屋 surpported by イケメンシリーズ」なるマジックミラー越しにイケメン男子を観察できるブースが。Rush×300、CoLoN:、AsteRisM⁂、JustC-3、B2takes!の5組のグループが、CYBIRDの恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」の名台詞をつぶやくコラボが実施されます。
【アニサマワールド in ニコニコ超会議2019】

毎年8月に開催される世界最大のアニソンライブイベント「Animelo Summer Live」通称アニサマ。もっと近い距離でもっと気軽に地方や海外でアニサマを公演したいという想いから企画されたライブイベント「アニサマワールド」がニコニコ超会議2019内で開催決定。
今回は、オーイシマサヨシ、大橋彩香、奥井雅美、O×T、けものフレンズ、鈴木このみ、スタァライト九九組、Zwei、halca、MOTSUの10組の出演アーティストが発表。

座席指定券、視聴チケットの詳細はこちらとこちら。
【自衛隊】

今年も陸上・海上・航空の各自衛隊が揃って超会議に参加。目玉はロッキード・マーティン社より貸し出されるF-35Aの実物大モックアップ。なお搭載されているP&WF135エンジンのモックアップも展示予定。


更に陸自からは第一空挺団などが使う13式空挺傘を展開状態で展示や、海自からは爆発物処理班が使うゴムボート、EOD処分艇と、どの艦艇かは不明ですが、管長席と操舵輪が展示。さらにカレーをテーマとしたトークショーも。
【超睡眠ブース Supported by 西川株式会社】協賛:西川株式会社

創業453年、戦国時代から続く老舗寝具メーカー「西川株式会社」のサポートにより、同社製の布団で眠る事が出来る睡眠をテーマとした今年初登場のブース。

ブースのイメージはこのような感じ。「超寝配信」と呼ばれる脳波から感情をリアルタイムで可視化するシステムや、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構「IIIS」とコラボした「二コニコ睡眠お悩み相談」、「ASMR〜聴会議〜」も実施されるとの事。
さらに、超会議開催時間中、8時間本気で熟睡してくれるユーザーを大募集中と、かなり本気なブースです。
【超踊ってみたsupported by JAL】協賛:日本航空株式会社

超踊ってみたブースを今年もJALが協賛する事を決定。そして今年は、ステップカーの他、一人乗り電気自動車、パワードウェア、ハイリフトローダーが展示予定。

ブースでは「JALマスターチャレンジ」なる検定を実施。オリジナルグッズをゲットできるかも。
 

そして、今年初コラボとなるのは初音ミク。ヒャダインこと、作詩・作曲を前山田健一氏が手掛けた2019年の書き下ろしテーマソング「1フェムトの大空」で4月28日(日)に行われる超踊ってみたオフ2019で大いに踊りましょう。

なお本企画の為にJAL客室乗務員の制服をイメージした特別衣裳のミクが公開され、この衣裳を着たミクが出演するMVも公開予定。ブース来場者には特製シールが配布されます。

『書き下ろしテーマソング「1フェムトの大空」』
作詞・作曲:ヒャダイン(前山田健一)
歌唱:初音ミク(調声:たかぴぃ)
【超プレミアムライブ GLAY×ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019】

そして二コニコ超会議2019第2回発表会で公にされた最大の発表が、今年活動25周年のヴィジュア系ルロックバンド『GLAY』とエアーバンドの「ゴールデンボンバー」による対バンライブ『超プレミアムライブ GLAY×ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019』。
4月27日(土)、11ホールの超音楽祭ステージを舞台に超会議入場券のみで観覧可能なフリーライブとして開催します。

メンバーのHISASHIが「演奏してみた」カテゴリでの投稿、「超演奏してみた」ステージや超音楽祭への出演等、特にniconicoと縁が深いGLAYですが、メンバー4人全員が揃っての出演は2013年放送の「GLAY DIRECT TALK」以来、実に6年ぶり。

一方、2年ぶりの超会議出演となるゴールデンボンバーは、2008年より公式二コニコチャンネル「eatv」を現在も運営し、二コニコ生放送「月刊ゴールデンボンバー」を放送。「まさにniconicoは生の親」と語る間柄。

プレミアムライブ開催に際し、両バンドから
『HISASHI(GLAY)』
「僕は過去、個人として超会議の弾いてみたステージに出演させて頂いた経験があるのですが、GLAYメンバー全員での出演が目標でした。オンラインでの中の混沌をオフラインで再現されているような、あの超会議の凄く楽しい空間をメンバーが体験してくれればなと思っています。今回対バンさせてもらうゴールデンボンバーに関しても、ライブにおけるエンターテイメントの気持ちが伝わってくるアーティストだと感じています。当日は面白い企画も色々と用意するので、是非、皆様期待して待っていて下さい!」


『ゴールデンボンバー』
「GLAYさんとの初共演をさせて頂けることになり、本当に僕らが並んでしまって良いのか、我々で良いのか・・・と不安もありますが、兎に角、楽しみです。僕等の生みの親と言っても過言ではない二コニコ動画とはまさに”ズブズブ”な関係で、何時もお世話になっています(笑)。
当日は僕等自身のライブだけでなく、GLAYさんのライブも非常に楽しみです。最初で最後の機会になるかも知れない対バンなので、是非、良い思い出を作らせて頂ければと思っております。」
というコメントが出されています。1999年7月、日本音楽史に残る超巨大ライブ「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」(通称20万人ライブ)を行った幕張の地で、またも伝説が生まれるのでしょうか?

【超プレミアムライブ GLAY×ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019概要】
<開催日>
2019円4月27日(土)開演:14:30終演17:00(予定)
<会場>
幕張メッセ11ホール 超音楽祭ステージ
<出演>
GLAY
ゴールデンボンバー
※当日ご来場のお客様でホール内の定員が一定数に達した場合は事故防止の為
「入場制限」を実施させていただく場合がございます。予めご了承ください。
また、エリア内であっても場所によっては、ステージ演出の一部、メンバー、
またはステージが見えにくい場合もございます。予めご了承ください。
※時間は多少変更になる可能性があります。
※開場時刻を含め、詳細なタイムテーブルは後日発表します。

 

【ニコニコ超会議2019 開催概要】

公式サイトはこちら

<開催日時>
2019年4月27日(土)10:00〜18:00(最終入場17:30)28日(日)10:00〜17:00(最終入場16:30)

<会場>
幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

<料金>
一般入場券…【前売券】1,800円【当日券】2,300円【2日通し券】3,100円
優先入場券…【1日券】2,000円【2日通し券】3,500円
※1日券は27・28いずれかの日付指定券
団体入場券…【1日券】2,000円/人※15名様〜申込可

超歌舞伎 指定席券
【13時の部】3,000円 【16時の部】3,000円
※超会議入場券は別売
※先着順販売の為、売切れ次第終了。

<企画一覧>
超歌ってみた/超踊ってみた supported by JAL/超演奏してみた supported by 大和証券/超料理/超アニメエリア/超ゲームエリア/超!ギネス世界記録(TM)/超ZUNビール/超鉄道/ニコニコ超神社/リアル脱出ゲーム/オープニングセレモニー中曽根OFF/超ヲタ芸エリア supported by LUMICA/超ボーカロイドエリア/超まるなげひろば/超ニコニコ結婚式 supported by U-TREASURE/超痛車天国/超東方LIVEステージ2019/博麗神社例大祭 超濃縮版/超コスプレエリア/THE VOC@LOiD 超 M@STER 42/ラブコメRPG『エンゲージプリンセス』/超将棋 supported by タカラレーベン/超テクノ法要×向源/ニコニコ超年表 Edited by ニコニコ大百科/超定点放送24時/超配信者エリア/自衛隊ブース/超ホラーハウス 「殺戮の天使」/「被虐のノエル」カジノ“ミスティ”超会議支部/アルネの事件簿/超物販/超歌舞伎 Supported by NTT/N高文化祭2019/超「#コンパス」ステージ/アニサマワールド in ニコニコ超会議2019/バーチャルさんがいっぱい スペシャルバーチャライブ/超Face Paint 〜ドワンゴ社員が描いてみた!〜/超ニコラジ2019 supported by サッポロ生ビール黒ラベル/超休憩広場協賛 supported by ヤマト運輸/VTuber Fes Japan 2019/超睡眠ブース supported by 西川株式会社/超フードコート supported by 日清食品株式会社/超ドリンク協賛 supported by ビタミン炭酸MATCH「超MATCHブース」/超プレミアムライブ GLAY × ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019
ほか

<協賛・出展>
超特別協賛:NTT
特別協賛:#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜/スズキ株式会社
協賛:日本航空株式会社
カテゴリー協賛:イケメンシリーズ/サッポロビール株式会社/JOYSOUND/大和証券株式会社/株式会社タカラレーベン/東武トップツアーズ株式会社/西川株式会社/日清食品株式会社/ビタミン炭酸MATCH/ヤマト運輸株式会社/U-TREASURE/株式会社ルミカ
出展:伝説対決 -Arena of Valor-/IRIAM/アベンジャーズ/エンドゲーム/超台湾/bilibili/味の素冷凍食品株式会社/松竹株式会社/LIVE DAM STADIUM/8x4 MEN/葛飾区/クォーレ/株式会社東京マルイ/トレゾー/KRAFTON, Inc./連合/一風堂/茨 ひより/岩手県/崎陽軒/Colon:/辛(シン)ラーメン/凄麺/スーパーミリオンヘアー/株式会社テレビ東京/一般財団法人長岡花火財団/肉の万世/PikattoAnime/ピカットアニメ/キッチンDIVE/GAMEショコラ/ココロパーク株式会社/コスパ/佐賀県唐津市/ジーストア/株式会社ドミノ・ピザジャパン/株式会社ドリームファクトリー/長崎県松浦市/1st PLACE Official Shop -HACHIMAKI-/株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ/株式会社インパクトジャム /XRエンターテインメント/カミカゼスタイル/きゃらON!/牛たんのせんだい/互助交通有限会社/株式会社シーズナルプランツ/中外鉱業株式会社/ DEZAEGG.COM /肉の匠 将泰庵/株式会社ニュー・スターケバブ/原宿電気商会/兵庫県洲本市/山口県周南市/雪ミク スカイタウン/ライフガード

<主催>
主催:ニコニコ超会議実行委員会

© DWANGO Co., Ltd.
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net