2017年にコーエーテクモゲームスより発売された最新タイトル「信長の野望・大志」。
戦国を生き抜いた数多の群雄の生き様を、リアルに描き出す歴史シミュレーションゲームの元祖にして今なお伝説をつくり続ける『信長の野望』を原作とし、2018年5月、舞台「『信長の野望・大志-春の陣-』天下布武〜金泥の首編〜」として、ついに舞台化。豪華な俳優陣、練りこまれた物語、ド迫力の戦いを展開し、原作ゲームとの完全連動舞台となり、信長が天下に雄略する対浅井・朝倉戦線を舞台に、織田家を中心とした<SIDE織田>と浅井家を中心とした<SIDE浅井>の多元視点のWストーリーが公演回により展開され、その時敵は何を考え、何をしていたか─。SIDEに分かれた物語進行の場面と、両SIDE共通の場面、両SIDEを見ることでわかるお互いの心情。観るSIDEによって変わる感情移入の変化。新しいエンターテイメントとしてゲームファン・戦国歴史ファンのみならず、あらゆる方面から大絶賛を受け好評の内に幕を閉じました。
2018円11月には第二弾作品となる、舞台「『信長の野望・大志-冬の陣-』王道執行〜騎虎の白塩編〜」を公演。武田信玄の息子、武田勝頼と軍神・上杉謙信を交えた類希なストーリーは初演にも増して重厚な物語を繰り広げ好評を博します。

そして2019年5月、第三弾作品にして遂に歴史最大のミステリー「本能寺の変」を描く、舞台「信長の野望・大志 ‒夢幻-〜本能寺の変〜」が公演されます。
2019年4月15日(月)の制作発表会から約一ヶ月、2019年5月18日(土)埼玉県戸田市の戸田市文化会館にて初回の公演に先駆け、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

【囲み取材の様子】

登壇したのは、織田信長役の鶏冠井孝介さん、明智光秀役の谷佳樹さん、お市役の田中れいなさん、前田利益(慶次郎)役の友常勇気さん、茶々役の前田亜美さん、今井宗久役の彦摩呂さんの6名。
公演にかける意気込みをお願いします

鶏冠井さん「今回、舞台「信長の野望」は三作目で、歴史上、一番のミステリーと言われる『本能寺の変』を行う事が出来ました。その『本能寺の変』の名前に負ける事無く、素晴らしい作品を皆で作り上げられたと思います。」

谷さん「今回、三作品目なんですけども、僕自身、「SIDE明智」というものが名前に付いていまして、本作にかける意気込みというモノは一年かけて作り上げて来た物なので、人より何倍も強くて、沢山の方に本来の歴史とは違う「信長の野望」というものを、そして本来の歴史とは違う『本能寺の変』とはどういう物なのかというのを観て頂き、そして明智光秀はどういう人物だったのか、織田信長はどういう人物だったのかというのを観て感情移入して頂き、何かを感じて頂けたらと思っております。」

田中さん「私も三作目に出させて頂くんですけども、一作目・二作目では、お市はあまり感情を表に出さないタイプの女性で悲しんだり、怒ったりする時も、「なんだよっ!!」と言わず、結構、スンッとしていて、心の中だけで怒るという所で私は一作目・二作目ではどういう風に舞台でそれを表現したら良いんだろう?と苦心した所だったんですけど、今回の三作目では兄上とのシーンでやっと妹らしさを出せるというか、それが凄く私は嬉しくて。舞台の内容はホッコリはしていないけど、見ていて「ああっ、兄弟愛だな」と思って貰えるシーンも多々有るかなと思いますので、其処も是非、注目して頂きたいなと思います。」

友常さん「今回、僕は二回目なんですけども、史実ではないですが学校では教わらない『本能寺の変』という事で、それを楽しみにして頂き、各キャラクターも個性豊かに存分に演じておりますので、是非とも皆様、楽しみにしていただければと思います。」

前田さん「今回私は初めての参加なんですけど、茶々は”最初”から出ていてドンドン成長しているという事で、私が歴代の茶々の中で一番背が高いのが拘りらしく、今回の個性的なメンバーが沢山居る中で一所懸命、私も個性を出して、一輪の花の様に添えられたらと思っております。皆さん、見守ってください。」

彦摩呂さん「お待たせしました彦摩呂役の今井宗久……逆や。今回の意気込みは何時もは茶室のストーリーテラーの役割を担わして頂いているんですけども、今回、宗久はウロウロと色んな所に行くことになり、そこで色んな事件が巻き起こる宗久の感情の部分も見せられたらなと思っております。今回は「SIDE織田」「SIDE明智」という事で、織田信長ファン、また「信長の野望」ファンも、このツートップの作品をきっと待ち遠しくしてたんじゃないかなと。最もクライマックスの切り口をエンターテイメントショーとして出来上がっているなので是非、楽しみにして頂きたいと思います。そして今回も御茶のシーンは一切ありません!」

自分以外のキャストの見所は?

谷さん「「SIDE明智」の事で言わせて頂くと、今まで明智光秀という者は謎の人物という風に描かれていたんですけども、何故、織田家にも付きながら浅井長政にアドバイスをしていたりとか、色々あったんですけども、何故最後に武将を斬ったりとか、裏切ると思いきや、織田家の為に動いていたというのは描かれていたんですが、今回、僕の妻である明智煕子が出てくるんですけども、その煕子が凄い重要な役を担っていまして、どういった人物だったのか、裏で何があったのかというのが凄く描かれているので、本当にそれまでの一年間のストーリーの回収にも今回はなっているんですよ。「SIDE織田」「SIDE明智」では、本当に物語の風合いが全然違っていて、僕達も熱量で生きている人物なので、本当に役者としては分かりやすく、初日から千秋楽に向けて日々、熱が増して全く違った景色になるんだろうなと今、思っているんですけども、妻と一緒に僕は凄く良い作品を作り上げられたなと思っています。」

鶏冠井さん「「SIDE織田」では、僕・織田信長が、現代の記憶を持っているという設定はずっとあるんですけど、その中でも、現代人としての”弱さ”があれば、現代人でしか考えられない「思考」というか、それと対比してこの戦国時代の武将の強さと姫達の凛とした強さ。その差が色濃く出ているシーンが多数有りますので、勿論、茶々もお市もです。そういうシーンを注目して頂きたいです。」

友常さん「今回はお市の息子も出てきますし、森蘭丸も出てきますし、石田三成・黒田官兵衛、歴史に華を添えた様々な武将が豪華キャストで出て来るので、是非楽しみにして頂きたいです。」

田中さんの歌は?

田中さん「新曲で〜す。今回、曲を初めて聞いた時になんかアニメの主題歌っぽいなと思って。なんて言ったら良いんだろう?今までは「無声芝居」の後ろで歌うシーンはあったんですが、今回の「無声芝居」のシーンでは若干なんですが、ミュージカルっぽくなって、歌いながら私も混じって他の方達と絡む所が舞台「信長の野望」シリーズでは初めてだったのでそこは頑張りたいと思います。」

前田さん「茶々は母上の唄が凄く好きという事で何時も聞いていたという事なんですけども、前田亜美としても田中れいなさんの歌を好んで聴いていて、裏で良い声だなと凄く楽しみにしています。」

彦摩呂さんは今回は舞台上で殺陣は?

彦摩呂さん「”心ある人には見える”と思います。此れまでは茶室に座って登場するシーンとかが多かったんですけども、今回は結構歩いてますわ。お出掛けもありますし、茶室でそうそうゆっくりもしていられない感じなので。私の動きにも注目です。あと、今回で三回目になるけど、殺陣とかドンドン込み入って来ているにも係わらず、本当に皆、速いよね。台詞覚えるのも殺陣の振付覚えるのも早いし。一番遅く稽古に参加した”人気俳優の谷佳樹”は天才だと思った。台本持った所見たこと無いもん。俳優力としての対応していく力もありますし。そして、新しいメンバーも毎回加わっているんですが、今回は一番入れ替わりが人数的に多かったかな?本当にチームワーク良く、皆でフォローしあいながら凄い良い作品になっていますね。」

最後に来場者へのメッセージをお願いします

鶏冠井さん「今回、過去最多となる49名での御芝居となっております。今まで一ヶ月以上稽古をして来てだれも手を抜かずに今日までやってきました。舞台「信長の野望」という作品を良くしようという気持ちが今までで一番強く出ている作品になっております。「SIDE織田」「SIDE明智」と共に必ず楽しませます。よろしくお願いします。」

【公開ゲネプロの様子】

戦国最強”甲斐の虎”武田信玄・勝頼親子を倒し、上杉謙信と盟を結んだ織田信長は、一気に勢力を拡大し東は北条、西は毛利との2正面作戦を繰り広げていた。

信長は安須地の地に壮大な城を立て、正に天下を睥睨しようとしていた。

しかし、「本来の歴史」から大きく外れた時代の歯車は、信長ら「本来の歴史」を知るものたちの思惑を超えて動き始める。

公開ゲネプロで披露されたのは、織田家を中心に描かれる「SIDE織田」。

物語序盤、前作まで見せていた優しさや寛容さを綺麗サッパリと捨て去り、「本来の歴史」で語られるような冷酷無比な男となってしまった信長。安土城に居座り自ら戦場に赴く事はせず、その生き様に惚れていた謙信を失望させます。

それを皮切りに元々「現代・平成の世の記憶を持った者」が”狂わせた”戦国史はさらにその混迷度合いを増してゆき、信長と光秀を筆頭に様々な人の思いを巻き込みながら『本能寺の変』へと突進んで行きます。

総勢49名という過去最多の出演者数となった本作。各武家同士の戦等、多数の武将が入り乱れるシーンは、円熟を極めた演者の技量も相まって、凄まじい速度と精度の殺陣の応酬で緊張感を会場内に生み出し、見ている側もある種の疲労感を覚える程。

そして、囲み取材で田中さんが語っていた通り、遂に兄・信長に対し、妹のお市が思いを爆発させるシーンが登場。
写真のような衝撃の場面は一体何処のシーンで出てくるのかお楽しみに。

戦国史、ひいては日本史最大の謎とされる『本能寺の変』が織田信長・明智光秀それぞれの視点でいよいよ幕を開けます。

【舞台「信長の野望・大志 ‒夢幻-〜本能寺の変〜」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
埼玉公演:2019年 5月18日(土)
東京公演:2019年5月21日(火) 〜 26日(日)

<会場>
埼玉:戸田市文化会館
東京:シアター1010

<公演時間>
約3時間(15分間の途中休憩を含む)

<料金>
埼玉:プレミアムシート8,800円(特典付)S席5.800円A席4.800円
東京:プレミアムシート10,800円(特典付)S席7.800円A席6.800円
東京(千穐楽):プレミアムシート11,800円(特典付)S席8.800円A席7.800円
5月22日、23日、24日の3日間限定1日通し券:プレミアムシート21,600円(特典付)S席 15.600円
※通し券専用の記念品あり
※特典は観劇当日の引換になります。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※通し券は、GAMECITY先行、出演者先行、CNプレイガイド先行のみとなります。

<出演者>
織田信長:鶏冠井孝介
明智光秀:谷佳樹

『織田家』
お市:田中れいな
前田利益(慶二郎):友常勇気
柴田勝家:鵜飼主水
丹羽長秀:中村ヒロユキ
森蘭丸:高岡裕貴
浅井重政(万福丸):小栗諒
熙子(ひろこ):小川夏果
帰蝶:和久井優
茶々:前田亜美

『羽柴家』
羽柴秀吉:後藤健流
ねね:斉藤レイ
石田光成:影山達也
うた:橋本耀
黒田官兵衛:幸村吉也

『上杉家:』
上杉謙信:根本正勝
直江兼続:宮澤佑
お船:根岸愛

『徳川家』
徳川家康:竹石悟朗
石川数正:登野城佑真
本多忠勝:宮元英光
榊原康政:霜月紫
井伊直政:松田将希
瞼:香音有希

『毛利家』
毛利輝元:田淵法明
吉川元春:輝海
小早川降景:吉武大地
山中鹿之助:山本誠大

『その他勢力』
松永久秀:南翔太
鈴木重秀(雑賀孫市):柏木佑介
真田昌幸:菊田大輔
下間頼廉:矢野たけし
真田信幸:岩崎良祐
本願寺顕如:吉田宗洋
足利義昭:加藤凛太郎
お橋:笹木香利
お焦:荒澤守

今井宗久:彦摩呂

『アンサンブル』
望月祐治
高田紋吉
林田寛之
矢澤梨央
増本祥子
坂本恭平
中野貴文
加納義弘
橋本卓也

<STAFF>
原作:コーエーテクモゲームス
脚本・演出:久保田唱(企画演劇集団ボクラ団義)
音楽:三膳雅己
美術:濱田真輝
照明:村山寛和
照明オペレーター:鈴木杏里(マーキュリー)
ピンスポット:大下ゆい、佐藤こゆき、岩崎令奈
音響プラン:古川直幸
PA:松宮辰太郎(catSSound)、松木優佳
音響効果:下宮悠(E.S.P.A.)、鈴木暁(碗プロダクション)
ワイヤレスケア:関根史歩、池田佳穂
映像:曾根久光、浦島啓(株式会社コローレ)、米沢萌(株式会社コローレ)
衣裳デザイン:加藤佑里恵(藤衣裳)
衣裳製作:熊谷美幸(藤衣裳)、前野里佳(藤衣裳)、小島菜生加(藤衣裳)、
梅永芙季、高倉梨奈、近藤知子
衣裳進行:渡辺まり、大門美貴子
ヘアメイク:青山亜耶、茂木美緒、嘉山花子、杉浦なおこ、片山智恵子
殺陣:芹澤良(PUMP.EARTH/進戯団夢命クラシックス)
OP後世・振付:松本稽古
演出助手:高島紀彦
舞台監督:中原和彦、田中翼
演出部:富川真子、青木規雄、鳥巣真理子
大道具:イトウ舞台工房
小道具協力:高津装飾美術
運搬:マイド
デザイン:刑部一寛、渡邊修平(brahman co.,hd)
撮影:山岸和人
制作:長浜あかね、久保雄司、田中翔太、武田梨乃、宮田真由
宣伝:キョードーメディアス/CNプレイガイド
撮影協力:日活
企画:SANETTY Produce/東川真之(SANETTY Produce)、竹澤寿之(キョードーファクトリー)、小林諸生(シーメディア)
協賛:戸田市文化会館(埼玉公演)/シアター1010
協力:BLUE LABEL/WAVEMASTER/アップフロント/インゴットエンタテイメント/オッドエンタテイメント/僕らの罪団/オリオンズベルト/オスカープロモーション/砂岡事務所/SANETTY Produce/レディバード/ドルチェスター/ラナビオン/トキエンタテイメント/G-STAR.PRO/プラチナム/サンミュージック/ジョビィキッズ/White Dream/アクロスエンタテイメント/bamboo/ACT JPエンターテイメント/ブルーシャトル/GFA/東宝芸能/芸映/ホリプロ/太田プロダクション/Production Dayze/PUMP.EARTH/進戯団夢命クラシックス/@emtion/株式会社アイエスフィールド/代々木アニメーション学院/TV&MOVIE
主催:舞台「信長の野望・大志」製作委員会(SANETTY Produce/キョードーファクトリー/シーメディア)

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.
©舞台「信長の野望·大志 -夢幻-」製作委員会