ANAはオール二階建て、世界最大の旅客機エアバスA380型を日本の航空会社として初めて受領し、5月24日(金)より成田=ホノルル線に投入します。
ANAはエアバスA380型を3機発注し、全機成田=ホノルル線に就航。
3機ともハワイで神聖な生き物として愛されるウミガメをモチーフとした特別塗装機「FLYING HONU(フライング ホヌ)」とし、3機それぞれに異なるカラーと表情のデザインを施します。1号機(JA381A)はハワイの「そら」をイメージし、ANAのコーポレートカラーでもある「ANAブルー」を再送した爽やかな塗装に。
2号機(JA382A)はハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」塗装に、3号機(JA383A)はハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」塗装になる予定です。

2019年3月21日(木・祝)の到着セレモニー、2019年4月23日(火)の機内公開を経て、いよいよ2019年5月24日(金)、新東京国際空港(成田空港)第一ターミナルにて初便就航記念セレモニーが行われました。

セレモニーの様子

成田空港第一ターミナル第4サテライトの43番・44番出発ゲート前を丸々閉鎖し設けられたのは、初便就航記念セレモニーの特設ステージ。
新機材の就航セレモニーとしては異例の規模となり、約200席のパイプ椅子が設けられましたが、初便に搭乗する乗客で見る見るうちに満員になり、立ち見も多数。そしてスチールカメラ・ムービーカメラ合わせて約70名の報道陣が詰めかけ、華々しい雰囲気に。

勿論、ステージサイドにはJA381A「FLYING HONU」の初号機のモデルプレーンが。

そして45番スポットにて出発の時を待つのはJA381A「FLYING HONU」初号機。報道陣が第一ターミナルに到着した17時頃には既にスポットインしており、万全を期す様子が伺えます。おやっ?その左後方には……。

今回、初便の就航を記念してNH184便の搭乗者全員に初号機「ラニ」か、2号機「カイ」・3号機「カラ」がプリントされた2種類の内の一方の「ビフォア・アフタバッグ」と「折り畳み式トートバッグ」がプレゼントされました。

https://www.youtube.com/watch?v=iB49kgQEf2s

18時過ぎよりステージ上スクリーンにて機内安全ビデオが上映。普段は当然ながら機内でしか見られない、それもホノルル線用の約4分半の新バージョンの映像が流れ、見入る搭乗者の人達。

そしてMCの呼び込みでHONUのライブキャラクターが登壇。仲良しの友達だという「ラニ・カイ・カラ」の3匹は

搭乗者との写真撮影や、カイに至っては”お散歩”にまで勤しみ、搭乗客を楽しませます。

ちびっ子もライブキャラクターにビックリの様子。

さらに、特設ステージ付近においてフェイスペイントステッカーを配布。

大人気の様子で、早々に配布し切っていた様です。

定刻の18:30になるとMCの開式挨拶の後、ステージパフォーマンスがスタート。

ウクレレデュオ「Heart & Soul」の演奏と「レイアロハフラスタジオ」のアロハダンサーによる、フラダンスが2曲パフォーマンスされ、大凡成田空港に居る事を忘れさせます。

続いて、主催者を代表し、全日本空輸株式会社代表取締役社長の平子裕志氏より挨拶が。

平子社長「いよいよ、待ちに待った瞬間がやって来ました。エアバスA380ホノルル行きの1stフライトで御座います。この特別塗装機「FLYING HONU」の一号機、「ラニ」は隣の45番ゲートで出発準備中でございます。この「ホヌ」はハワイ語で「ウミガメ」を意味し、幸せを運ぶ海の守り神と言った意味でございまして、実は、このフライトから機内安全ビデオに「フライングホヌ君」が出て来る様になりました。そういった意味では、安全をかけている訳でございます。エアバスA380は世界一大きい航空機と言われております。(モデルプレーンを指しながら)御覧のように少し丸みを帯びた形をしておりますので、ホヌのデザインが実に合っていると世界中のお客様から好評を得ております。このホヌのデザインは如何やって出来たかと言いますと、私達がA380機を導入した後、この飛行機にどんな絵を書こうかという事で、約2年半前に機体デザインコンテストを開きました。」

と、ここで約2200点に及ぶ応募作品の中から大賞に輝いた益岡千啓さんが平子社長の呼び込みでステージに登壇。
益岡さん「実は私、今日初めて実機を見て、僕が原画を描いた時はA3サイズだったので丁度、30cm位の絵だったんですね。それが全長73mという、ほぼ24倍になって大きいなと。デザインの打ち合わせをし始めた時に、こんな大きなカメは怖いんじゃないか?お子様が怖がっちゃうんじゃないかというような話をしていたんですけども、流石、全日空のデザインというか、可愛い口を付けて頂いて、凄く親しみやすい末永く愛して頂けそうな機体になったと思って本当に喜ばしい限りです。」とコメント。

平子社長「御蔭様で、ホノルルの地元の方からも大歓迎との言葉を頂戴しておりまして、本当に私共は幸せでございます。機内は入った瞬間から、正にハワイを、ホノルルを感じて頂けるような工夫を随所に散りばめました。いよいよNH184便の出発が迫ってまいりました。改めまして皆様の御搭乗に心から御礼を申し上げます。行ってらっしゃいませ!MAHALO!」

平子社長の挨拶に続き、来賓を代表し、千葉県副知事の滝川伸輔氏の挨拶が。

続いて登壇者全員による初便就航記念の鏡開き。各登壇者が豪快に酒樽に木槌を打ち込むと、
飛沫を上げて蓋が割れ、無事成功しました。

そしてスクリーンには「ANA Hawaii」のCMに出演している女優の綾瀬はるかさんからのスペシャルビデオメッセージが流れます。

搭乗開始

セレモニー終了後、45番出発ゲートに場所を移し、19時25分より、いよいよホノルル行きNH184便の搭乗が開始。

アロハシャツに身を包み、楽しむ気満々の搭乗者や、ご自慢の写真で初便就航をお祝いする方を始め、まるでお祭りのような45番ゲート前。

平子社長がゲート前に登場し、搭乗者への一礼を合図に500名以上の乗客がウミガメの機体へと一斉に吸い込まれていきます。

離陸

45番スポットのランプエリアに報道陣が移動すると、ANAの係員、地上作業員が「いってらっしゃいませ」の横断幕を手に出発を盛大にお見送り。

平子社長も加わり、機体反対側の「お見送り隊」と合わせ、総出で初号機に手を振ります。

時刻は20時10分。「FLYING HONU」の前輪の輪留めが外され、トーイングカーが唸りを上げてプッシュバック開始。
そのトーイングカー車体側面には手作りなこんな一言が。

手を振り見送りに応えるタダさん、サイトウさんの機長両名。

プッシュバックが完了し、トーイングカーが離れて最終チェックが完了したら機外照明点灯。自走で滑走路へ向かうJA381A。

「お見送り隊」は青色のペンライトを手に目一杯のお見送り。

その「FLYING HONU」初号機の行く先には、先日5月18日に受領が完了した「FLYING HONU」2号機、JA382A「カイ」の姿が。

一足先に行くぞと、デビュー前の「カイ」機の傍を行く「ラニ」機。

そして20時38分、NH184便は4機のROLLSROICE Trent970エンジンの轟音を響かせ、A滑走路16Rより、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に向けて飛び立って行きました。

いよいよ就航した空飛ぶウミガメ「FLYING HONU」、目が離せない存在ですね。

【A380 型機「FLYING HONU」初便就航記念セレモニー概要】

<日時>
2019年5月24日(金)18:30開始

<場所>
新東京国際空港(成田空港)第一ターミナル 第4サテライト 43番・44番出発ゲート前特設ステージ

<出席者>
『主催者』
平子裕志:全日本空輸株式会社 代表取締役社長
石田洋平:全日本空輸株式会社 執行役員成田空港支店長

『来賓』
滝川伸輔:千葉県副知事
小泉一成:成田市長
石井靖男:国土交通省東京航空局 成田空港事務所 成田国際空港長
滝澤尚二:成田市観光協会 会長
夏目誠:成田国際空港株式会社 代表取締役社長

『ゲスト』
増岡千啓:ANA A380機体デザインコンテスト大賞受賞者

『映像出演』
綾瀬はるか:女優

MC:ANA旅客係員

<参加報道媒体人数>
約70人

【運航便概要】
<機材名>
エアバスA380-800型機 (機材番号 JA381A)

<運航開始日>
2019年5月24日(金)

<便名>
NH184便(成田20:10発/ホノルル8:30着)
搭乗開始時間:19:25
プッシュバック開始:20:10
離陸時間:20:38

<初便搭乗客数>
512名(内、2歳以下の幼児13名)
※クラス別内訳
ファースト:満席
ビジネス:空席1
プレミアムエコノミー:満席
エコノミー:満席
ANA COUCHii:完売

<乗務員数>
機長2名(タダ、サイトウ)【Wキャプテン】
客室乗務員22名
(計24名)

<初便登場記念品>
ビフォア・アフタバッグ
折り畳み式トートバッグ
各1品

© ANA