原作の『憂国のモリアーティ』は、集英社「ジャンプSQ.」で連載されている人気漫画です。
コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵である
モリアーティ教授視点で再構築された物語が描かれています。コミックスは最新14巻(2021年5月現在)、
発行部数は累計400万部を突破しています。アニメ、ストレートプレイ、ミュージカルと、
「メディアプロジェクト」として、大きな盛り上がりをみせています。
ストーリーは、上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、
階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとするモリアーティと、 宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描かれています。
2019年にはじまったミュージカル版は、これまでの作品同様、脚本・演出に西森英行氏、
音楽はただすけ氏が担当。ピアノとヴァイオリンの生演奏を交えた舞台作品という、
ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しめるミュージカルとなっています。
第3弾公演の最新情報として、公演スケジュール、第一弾のキャラクタービジュアルとアンサンブルキャストが発表されました!

【第一弾キャラクタービジュアル】

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役:鈴木勝吾

シャーロック・ホームズ役:平野良

アルバート・ジェームズ・モリアーティ役:久保田秀敏

ルイス・ジェームズ・モリアーティ役:山本一慶

セバスチャン・モラン役:井澤勇貴

フレッド・ポーロック役:赤澤遼太郎

ジョン・H・ワトソン役:鎌苅健太

【イントロダクション】

時は19世紀末、 大英帝国最盛期(パクス・ブリタニカ)のロンドン――。

古くから根付く完全階級制度により、上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。
生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、
必然的に人間同士の差別を生んだ。
そんな中、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとする青年がいた。

これはジェームズ・モリアーティ、
或いはシャーロック・ホームズの 敵(かたき)の話――。

 

【ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3 -ホワイトチャペルの亡霊-公演概要】
※Op.3はオーパススリーと読みます

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2021年8月5日(木)〜8月15日(日)
大阪公演:2021年8月19日(木)〜8月22日(日)

<会場>
東京:品川プリンスホテル ステラボール
大阪:サンケイホールブリーゼ

<公演時間>
未定

<料金>
未定

<出演者>
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ:平野良

アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶
セバスチャン・モラン:井澤勇貴
フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎

ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太

ジェームズ・ボンド:大湖せしる
ジャック・レンフィールド:石坂勇

ジョージ・レストレード:髙木俊
ザック・パターソン:輝馬
アータートン:奈良坂潤紀

チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン:藤田玲

『アンサンブル』
荒川湧太
荒木浩介
伊地華鈴
大澤信児
木村優希
熊田愛里
白崎誠也
田上颯志
永咲友梨
蓮井佑麻
福冨玄刀
若林佑太

『演奏』
Piano:広田圭美
Violin:林周雅

<STAFF>
原作:構成/竹内良輔・漫画/三好輝『憂国のモリアーティ』(集英社「ジャンプSQ.」連載)
脚本・演出:西森英行
音楽:ただすけ
振付:MAMORU
殺陣:六本木康弘
舞台監督:野口岳大
美術:松本わかこ
照明:大波多秀起
音響:ヨシモトシンヤ
映像:ワタナベカズキ
衣装:摩耶
ヘアメイク:中原雅子
小道具:桜田卓
歌唱指導:水野里香
演出助手:きまたまき
音楽助手:広田圭美
制作進行:麻田幹太、神戸丈志
宣伝・グッズデザイン:尾花龍一
宣伝・グッズ撮影:遠山高広
宣伝・グッズディレクター:鈴木幸
主催:マーベラス/TCエンタテインメント

Ⓒ竹内良輔・三好 輝/集英社
Ⓒミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト