漫画家・永井豪の代表作の一つである「キューティーハニー」。1973年にアニメと漫画の
メディアミックス作品として世に送り出され、これまでにも複数回のアニメ化、
更には実写映画化がなされる等、「変身バトルヒロイン」作品の草分けとして根強いファンに
支持されている作品です。そのキューティーハニーが満を持しての舞台化。2020年2月に脚本・演出に
松多壱岱を迎え、主演如月ハニー/キューティーハニー役に元NMB48の上西恵を起用、
また多数の現役アイドル・若手声優等、オール女性キャストで「キューティーハニー Emotional」、
同年9月に「キューティーハニー The Live~秋の文化祭~」を上演。そして2021年6月、
第3弾公演にして最終章となる舞台「キューティーハニー CLIMAX」が東京都足立区のシアター1010にて幕を開けます。
2021年6月17日(木)、初回の公演に先立ち、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

【囲み取材の様子】

囲み取材に登壇したのは、如月ハニー/キューティーハニー役の上西恵さん、
山縣さつき/ジャンパーハニー役の佐藤日向さん、天木弥生/スイーツハニー役の西葉瑞希さん、
水無月乙女/サイバーハニー役の相澤瑠香さん、葉月マリー/ラブリーハニー役の行天優莉奈さんの5名。

最初に各キャストからの意気込みが。

上西さん「今回もピュアで可愛くセクシーなハニーちゃんをお届けできたらなと思います。」

佐藤さん「3部作目になるんですが、3作ともキャストが違うので、どの公演も違った魅力が
詰まっているかなと思うんですが、今回は「CLIMAX」という事で、殺陣も凄く激しくなっているので、
皆さんに集大成を見届けて頂けたらなと思います。」

西葉さん「今回は、初日が遅れてしまうという事もあったんですけども、その中で一丸となって準備をして
「CLIMAX」というタイトルに相応しい、かなり情報量も盛り沢山で、見所が沢山の作品に
なっていると思いますので、千秋楽まで安全に怪我せずに楽しく走っていけたらなと思います。」

相澤さん「私はこの「CLIMAX」で初めてサイバーハニーを務めさせて頂くんですけども、
本当にハニー5人の絆も強いですし、兎に角、熱くて温かいステージになっておりますので、
このご時世で色々と中々直接、お客さんに届けられる機会が無かったり、
そういった中での開催になるので、私達のエネルギーを感じて頂けたらなと思います。」

行天さん「私も今回初めてキューティーハニーの舞台に出させて頂くのですけども、
演技パートと、ライブパートも有って凄く盛り沢山で、今回、初めて殺陣をさせて頂くので、
頑張りたいなと思います。」

Q:昨年2月の「Emotional」の続編であり最終章だが、ネタバレしない程度に内容の程は?

佐藤さん「この衣装がネタバレなんじゃないかとちょっと思うんですけど。」

上西さん「新しい変身後の姿の衣装を作ろうってなったみたいで、フラッシュハニー等、
色々ある中で、スタッフさんの中で、どのハニーにする?って、なって相談の結果、
ナースハニーになったらしくて。ファンの皆さんもナースハニーを見たいんじゃないかなと。
本当に変身シーンが一番多いかもしれないです。私、ハニーフラッシュって、
この3作目が一番叫んでいると思います。」

Q:殺陣やアクションがふんだんに取り入れられているが、練習は如何だったのか?
初演から出られているキャストからアドバイスはあったのか?

行天さん「初めて物を持って「当たっちゃわないかな」とか、危なくないように、
タイミングとか、私よりも周りの皆さんは本当に”沢山戦われている”ので、
見ていて本当に凄くカッコいいです。そのかっこよさを見ながら頑張ろうと思います。」

佐藤さん「アドバイスというよりも、前日の場当たりでギリギリまで殺陣の変更があったりとかで、
皆、各々の役で手一杯だったと思うので、今はゲネプロに向けて良い物を作れる様に最善を尽くそうと
している最中でございます。」

上西さん「日向ちゃんは私に「どうやったらやりやすい」と聞いてきてくれて凄く助かりました。」

Q:注目のポイント、見所は?

上西さん「この5人の絆であったりとか、この5人以外にも今回は聖チャペル女学院のメンバーや
先生達にも色々な物語があるので、ちょっと感情が忙しい事になると思います。」

Q:初演から続投する3人は自身の役の何処が好きか?

上西さん「ハニーちゃんは本当にピュアで、うたがう事を知らないというか。
でも本当に仲間思いで。アイドルをずっとやっていたら「はぁ…」と思う事もあるんですけど、
ハニーちゃんのピュアな心に私は救われていました。こういう純粋な
優しい女の子にもっともっとなりたいなと思いました。」

佐藤さん「私は意外と纏め役な一面と、カッコよく見えるけど乙女な一面がありつつ、
2面性を楽しんで頂ける役だと思うんですが、私自身は普段、ぼけ〜っとしてるので、
登場時に「ここから出るので合ってる?」って毎回聞く程なんですが、
本当にさつきの強い所に今、私も支えられてるなと思います。」

西葉さん「私は普段結構、ツッコミにまわる事が多いし、演じて来た役柄もそういうのが多かったんですけど、
スイーツハニーで初めてやんちゃというか、無邪気な感じの役柄で、ジャンパーハニーにツッコまれる事が
多いんですけど、それを楽しんで出来るのが「キューティーハニー稽古、早く始まらないかな」と
思っていた一番の所ですね。楽しく出来るというか。あとはスイーツを食べるんですけど、
どのスイーツを食べるのか、お客様も楽しみにメッセージをくれたりするので、
キャラクターが浸透している感じがして凄く嬉しいです。」

Q:初参加の2人は自身のアイドルグループから外れての参加だが?

相澤さん「この役が決まった時に、前回公演の秋の文化祭の時に同じグループの池松あいりが
サイバーハニーを務めていたので、凄く意味のある役になるなと思っていて、
グループから外れて活動をする事があまりなかったので、稽古場では最初は凄く緊張をしていたんですけども、
初演から務められている3人や、ラブリーハニー役の優莉奈ちゃんとも凄く仲良くさせて頂いて、
本当に役としてだけでは無く、絆が深まったなと思っているので、皆と支え合いながら
最後までCLIMAXで頑張りたいと思います。」

行天さん「ラブリーハニーちゃんは割と自分の事を可愛いと思っていて、自分の事が大好きで。
私とは反対の性格なんですけど、アイドルだったら結構そういう感じ。
だから、”アイドルの時よりもアイドル”なのかなと、私はこの役をやっていて凄く思うので、
その部分がアイドルよりもアイドルらしくしているな自分!と思いながら楽しくやらせて頂いています。
初めて作品に参加するので、人見知りで最初は凄く緊張をしていたんですが、皆さん凄く優しくて、
話しかけて頂いて、掛け合いのシーンとかも楽しくさせて頂いて、これから皆さんに
掛け合いを見せれると思うと、とっても楽しみです。」

Q:稽古中のエピソードは?

上西さん「行天ちゃんの天然な部分がいっぱい出ていたと思います。」

佐藤さん「役的には人の心が読めるという役なんですけど、人の心を読む台詞を間違えて
「あ〜っ間違えた!」って言っちゃって、あの人、心読めてないのかなと。」

上西さん「間違えた後も凄く可愛いから皆癒されてましたね。皆の癒しでした。」

Q:日本を代表する有名キャラクターを演じて来た自身が、ハニーが実になったと思った部分は?

上西さん「一作目の時はハニーちゃんは本当に目が覚めたばかりで、知らない事だらけだったんですけど、
私もその時丁度、初めての2.5次元舞台だったり、初めての殺陣だったり、初めての座長だったりと
初めての事が凄く多くて、全然、皆を引っ張っていったりも出来なかったし、アドバイスすら、
してもらう側だったんですけど、3作をやっていく毎にハニーちゃんも凄く成長して来て、
皆を守るぞという強い気持ちも沢山出て来たし、私もその中でやっと、ちょっと出来る様に
なったりとか、心の方も「緊張する…だめだぁ」ではなくて「よしやるぞ!」と、そこの面では成長出来たかと思います。」

最後に公演を楽しみにしているファンへメッセージを。

上西さん「今回、残念ながら二公演が中止になってしまったんですが、今日の夜から初日を迎えられるという事で、
全公演が中止になってしまった舞台もある中、初日が迎えられるというのは当たり前の事ではないし、
まだまだ大変な時期なので、観に来て下さる方が居るというのも全然当たり前の事ではないし、
私達が今出来る事って、エンタメを届ける事だと思うので、凄い最高のメンバーが揃ったと思うので、
感謝の気持ちを持って皆で作り上げていきたいと思います。」

【あらすじ】

パンサークローとキューティハニー達の戦いは苛烈さを極めていた。
聖チャペル女学院には新任教師、氷川涼が現れ、ハニー達を新たに導く。
そして、パンサーゾラの元に、堕天使オノケリスが現れ、パンサー達に悪魔の力を授ける・・・。
一方、ブラックハニーは最終決戦に向けて、訓練を重ねていた。パンサー達の
聖チャペル女学院への攻撃で、生徒達は傷つく。怒るハニーは力を暴走させてしまう。
その頃、ゾラのアジト「幻城」の場所を突き止めたブラックハニーは、アッシュハニーとともに乗り込む。

しかし、そこで待っていたのは・・・!?

【DVD発売決定】

舞台「キューティーハニー CLIMAX」のDVDが2021年11月10日(水)に発売決定。
早期予約特典、限定予約版特典あり。

詳しくはこちら

【千秋楽ライブ配信決定】

舞台「キューティーハニー CLIMAX」2021年6月20日(日)の千秋楽、12:00公演/17:30公演の2公演を
ミクチャにて、独占ライブ配信が決定。

昼公演(12:00)詳細はこちら
夜公演(17:30)詳細はこちら
昼夜通し(12:00/17:30)詳細はこちら

【舞台「キューティーハニー CLIMAX」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2021年6月17日(木)〜20日(日)

<会場>
シアター1010

<公演時間>
約2時間30分(途中休憩無し)

<料金>
1階席【特典付き】11,000円 【特典無し】9,900円
2階席【特典付き】8,800円 【特典無し】7,700円
(全席指定・税込)
※同じ席で特典付きと無しと選べます。
※新型コロナウィルスの感染拡大防止対策を行った上で、客席を減らして上演致します。
※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しは致しません。
チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。
※※特典内容:非売品集合写真
※※特典は観劇当日の引換になります。
※上記特典の会場での販売はありません。

<出演者>
如月ハニー/キューティーハニー:上西恵
山縣さつき/ジャンパーハニー:佐藤日向
天木弥生/スイーツハニー:西葉瑞希
水無月乙女/サイバーハニー:相澤瑠香(ラストアイドル)
葉月マリー/ラブリーハニー:行天優莉奈(AKB48)

神無月夢/ブラックハニー:松田彩希
アッシュハニー_eins (アインス):小林弥生
アッシュハニー_zwei (ツヴァイ):白石まゆみ

早見蒼:生田輝

キャンディクロー:立野沙紀(劇団4ドル50セント)
ジョーカークロー:樹亜美
ハラジュククロー:古賀成美
ピンキークロー:堀越せな
漣メイ/メイドクロー:長谷川里桃
シスタージル:山﨑紫生
パンサーゾラ:舞川みやこ
アルフォンヌ:黒澤ゆりか
常似ミハル:民本しょうこ
如月博士:香音有希
佐東あゆ子:田辺留依
直子:大橋ミチ子
秋夏子:宮崎理奈

堕天使オノケリス:成瀬瑛美

氷川涼:青木志貴

『アンサンブル』
天野なつ子
安里唯
高野美幸
堀川恵利
増本祥子
倭香

<STAFF>
原作:永井豪/ダイナミック企画
脚本・演出:松多壱岱
美術:照井旅詩
音楽:三善雅己
舞台監督:田中聡
映像:曾根久光(co:jin projects)、御調晃司
映像オペレーター:伊藤真優子
照明:村山寛和(マーキュリー)
照明オペレーター:鈴木杏理
音響:田中慎也
殺陣効果音:山本美智子
演出助手:高島紀彦
衣裳:大屋博美、木鋪ミヤコ
ヘアメイク:片山昌子
殺陣:門野翔
小道具:秋元歩
振付:松本稽古
ダンスアシスタント:渡部加奈
制作:野田麻衣(MIMOZA)、竹田梨乃(SANETTY Produce)、佐藤恵美(MIMOZA)、遠藤麗(MIMOZA)
アシスタントプロデューサー:吉成将(SANETTY Produce)、大澤美久(東映ビデオ)、反町ゆりえ(チケットぴあ)
WEB制作:岡本宏輔
宣伝:キョードーメディアス
票券:チケットぴあ
プロデューサー:⽵澤寿之(キョードーファクトリー)、東川真之(SANETTY Produce)、安藤岳(東映ビデオ)、堀尾美幸(チケットぴあ)
製作:株式会社キョードーファクトリー/株式会社SANETTY Produce

©永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Climax」製作委員会