東京2020組織委員会(以下、組織委)は、東京都および公益財団法人東京都歴史文化財団と共催で、
2021年7月20日(火)〜9月5日(日)、東京都台東区の東京都美術館において「東京2020公式アートポスター展」を開催します。
東京2020公式アートポスターは、国内外アーティストが制作したオリンピックまたはパラリンピックを
テーマにした芸術作品を、東京2020大会のポスターとして機運醸成に活用しているものです。
本展では、19人のアーティストにより制作された全20作品に加えて、6月22日(火)に発表した、
東京2020オリンピック、東京2020パラリンピックの両大会を象徴する「アイコニックポスター」も展示されます。

【東京2020公式アートポスター展  展示アーティスト】

【オリンピックをテーマとする作品の制作者(12人)】
『国内』
1:浦沢直樹(漫画家)
2:大竹伸朗(画家)
3:大原大次郎 (グラフィックデザイナー)
4:金澤翔子(書家)
5:鴻池朋子(アーティスト)
6 :佐藤卓(グラフィックデザイナー)
7:野老朝雄(美術家)
8:ホンマタカシ(写真家)
『海外』
9:Theseus Chan(テセウス・チャン)アートディレクター
10 Chris Ofili(クリス・オフィリ)アーティスト
11 Viviane Sassen(ヴィヴィアン・サッセン)写真家
12 Philippe Weisbecker(フィリップ・ワイズベッカー)アーティスト

【パラリンピックをテーマとする作品の制作者(8人/組)】
『国内』
1:荒木飛呂彦(漫画家)
2:柿沼康二(書家)
3:GOO CHOKI PAR(グラフィックデザイナー)
4:新木友行(アーティスト)
5:野老朝雄(美術家)
6:蜷川実花(写真家・映画監督)
7:森千裕(美術家)
8:山口晃(画家)
※国内アーティストは50音順、海外アーティストはアルファベット順、敬称略

『東京2020公式アートポスターについて』
公式アートポスターの制作は開催都市契約(※)に定められた要件の一つとされています。
20世紀初頭から、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と
理解を促進するために、ポスターを制作してきました。また、オリンピックのポスターは、
各大会の特色を世界に伝える役割も果たしています。近年では、パラリンピックのポスターも含め、
国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を
制作するようになりました。その中からは、時代のアイコンとなるような作品も生まれています。
東京2020大会では、国内外のアーティストにオリンピックまたはパラリンピックをテーマにした芸術作品を
制作いただき、それらを東京2020公式アートポスターとして機運醸成に活用しています。
※ 開催都市契約:開催都市に決定後(2013年9月7日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京都、
日本オリンピック委員会(JOC)が締結した大会の準備・運営に関する契約書のこと。

東京2020オリンピックアイコニックポスター 制作アーティスト:野老朝雄/美術家

東京2020パラリンピックアイコニックポスター 制作アーティスト:GOO CHOKI PAR/グラフィックデザイナー

『アイコニックポスターについて』
各オリンピック大会を象徴するポスターとして、IOC会⻑が1点を選定し、ローザンヌにある
オリンピック博物館に収蔵されます。国際パラリンピック委員会(IPC)は、過去パラリンピック大会では
アイコニックポスターを選定していませんでしたが、東京2020大会で初めて選定することとしました。

【「東京2020公式アートポスター展」開催概要】

公式サイトはこちら

<期間>
2021年7月20日(火)〜9月5日(日)
※休館日:8月16日(月)

<会場>
東京都美術館1階「佐藤慶太郎記念 アートラウンジ」
開館時間:9:30〜17:30

<出品作品>
東京2020公式アートポスター全20作品
(オリンピックをテーマとする12作品、パラリンピックをテーマとする8作品)
東京2020アイコニックポスター全2作品

<観覧料>
無料

<主催>
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会/東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館

お問合せ TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル、年中無休 9:00〜20:00)
※新型コロナウイルス感染症の状況、その他の事情により、実施内容等に変更が生じる場合があります。予めご了承ください。

©Tokyo 2020