東京2020組織委員会(以下、組織委)は2021年8月16日(月)に行われた四者協議の
観客数の方針決定による、東京2020パラリンピック競技大会の観戦チケットの取り扱いについて、
以下のように決定しました。

【東京2020パラリンピック観戦チケットについて】

2021年8月17日に都内某所にて行われた記者会見に臨む鈴木秀紀マーケティング次局長 Photo by Tokyo 2020

『パラリンピックの観戦チケットをご購入いただいた皆さまへ』
8月16日の四者協議にて、「全ての競技について無観客(学校連携観戦除く)」という方針が示されました。
この方針を受けて、学校連携観戦以外の方は、会場にご入場いただけませんので、全てのチケットの払い戻しさせて頂きます。
感染拡大の防止を図るためのやむを得ない措置ではありますが、このような状況となったことは大変に残念であり、
対象となる会場での観戦を楽しみにしていただいていたチケット購入者の方々には誠に申し訳ございません。

学校連携観戦用のタグ Photo by Tokyo 2020

なお、学校連携観戦については、共生社会の実現に向けた教育的要素が大きいことに鑑み、保護者等の意向を
踏まえて自治体や学校設置者が希望する場合には、安全対策を講じた上で実施できるようにいたします。
引き続きアスリートにとって安全・安心な大会運営に万全を期すとともに、スポーツの力、
特にパラリンピックが子どもたちにポジティブな影響を与える教育的意義が大きいことを踏まえ、
パラリンピック競技大会を日本中、世界中の人々に届けられるよう取り組んで参ります。

『各会場所在都道県の観客の取扱いについて』
<会場所在都道県/セッション数>
東京:219
千葉:66
埼玉:13
静岡:8

<観客の扱い>
学校連携観戦のみ

<公式チケット販売サイトで購入したチケットの取扱い>
自動的に払い戻し(大会終了後)

※全会場において、学校連携観戦のみとなるため、それ以外の方は入場いただけません。
※東京2020パラリンピック公式観戦ツアーの取扱いについては、お求め頂いた各旅行会社へお問い合わせください。

『マイチケット上の表記について』
公式チケット販売サイトのマイチケット上、全て「入場不可/無効」と表示され、
チケットのダウンロー
ドはいただけません。

『観戦チケットの払い戻しについて』
公式チケット販売サイトにてご購入いただいた全てのお客様は、観戦いただけません。
楽しみにされていた観戦の機会をご提供できず、誠に申し訳ございません。
対象のお客様へは、チケット代金の払い戻しを実施させていただきます。大会終了後に、ご購入者様の
登録メールアドレス宛に返金のご案内をいたします。その後、順次返金作業を実施させていただきます。

※自動的に払い戻しの対象となりますので、 払い戻しの申請をいただく必要はございませんが、
現金支払いの方は後日、金融機関口座のご登録が必要となります。

<購入時の支払方法/返金方法>
VISA支払:購入時に利用いただいたVisaカードにご返金いたします
現金支払:購入時に利用いただいたVisaカードにご返金いたします

<返金時期>
大会終了後、順次返金

©Tokyo 2020