(左)水無月役:浜中文一 (右)朝日屋颯太役:室龍太

2014年10月号〜2019年12月号まで『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて連載され、
第9回ananマンガ大賞にて準大賞を受賞した、河内遙の漫画「リクエストをよろしく」。
クセ者だらけのラジオの裏側を描いたこの群像劇を、2021年12月3日(金)〜12月5日(日)、
東京都足立区のシアター1010にて、朗読劇として上演されることが決定しました。

W主演として元・売れない芸人コンビを演じるのは、劇団☆新感線『月影花之丞大逆転』など
舞台作品の他、映画『鳩の撃退法』ドラマ『彼女はキレイだった』など話題の作品に
幅広く出演している浜中文一と、『コムサdeマンボ!』『春風外伝』など、主演舞台が続く
室龍太の実力派2人。脚本・演出は、舞台のみならず、テレビ・ラジオなどジャンルを問わず活躍しており、
ナンセンスでポップな笑いに定評がある村上大樹。
ただの朗読劇の枠には収まらないと“RadiotrackSTAGE”と銘打ち、まるでラジオの
公開生放送を見ているような、動きのある作品となる朗読劇「リクエストをよろしく」。
それぞれラジオのレギュラー番組も担当していた浜中・室の2人が一体どんな放送を繰り広げるのか、
そして元・お笑いコンビという関係性にも期待が高まります。

【あらすじ】

元・芸人の朝日屋颯太(室龍太)の元に、半年ぶりに逃げたはずの相方 水無月(浜中文一)が現れる。
ラジオの放送作家になったという水無月は、一緒に連れてきた美人ディレクター 雪室とともに、
颯太をラジオの世界へと連れて行く。元・相方として颯太をうまくハンドリングしていく水無月と、
徐々にラジオの世界で才能を開花させていく颯太。
個性派揃いのラジオ局のメンバーと交流しながら成長していく2人の青春物語。

【出演者・演出家コメント】

水無月役:浜中文一
「ラジオが題材の作品ということで、毎週ラジオをやってる僕としてはとても親近感があり、
よりリアルに出来るのではないかと想像しております。
朗読劇は初チャレンジなので朗読劇音痴にならないように、
演出家の方に教えてもらって皆様が楽しめる作品にしたいと思っております。」

朝日屋颯太役:室龍太
「初めまして室龍太です。
この度、朗読劇「リクエストをよろしく」に出演することになりました。
朗読劇は今まで2作品出演させていただいたことがあるんですけど、
今回もワクワクしてます!ラジオが好きで題材がラジオということで凄く楽しみです。
浜中文一くんがパーソナリティーを務めるラジオにも最近ご一緒させていただいてたり
舞台で共演させていただくのが7年振りなので楽しみ倍増です。
この作品をきっかけにラジオに興味を持ってくださる方々が増えたら嬉しいですね。
まだまだ厳しい状況下の中ではありますが、皆様に会えるのを楽しみにしてます。」

作・演出:村上大樹
「16年前からずっと、舞台をしながらラジオドラマの脚本を書いてます。
なのでラジオというメディアの魅力や業界の空気感、
リスナーの熱気などはスタッフの一人として分かっているつもりです。
今回、ラジオ愛にあふれた素敵な原作を、魅力的なキャストのみなさんと一緒に
朗読劇に出来る事を光栄に思います。朗読劇と言っても「ただ読む」だけじゃない、
ライブ感あふれる演出で、耳で聞いて目で楽しむ「ラジオ×舞台」の世界を作り上げたいと思います。」

【原作『リクエストをよろしく』とは?】

原作の『リクエストをよろしく』は、漫画家・河内遙氏による漫画作品。2014年10月号から
『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて掲載された。売れない芸人・ソータの爽快ラジオパーソナリティ物語!
「こいつにはラジオの才能がある。」売れない芸人・朝日屋颯太(あさひやそうた)は相方に逃げられ仕事がない!
そんなある日、半年ぶりに現れた元相方が放送作家になって美人ディレクターを連れてきた。
2人の手引きで颯太はラジオ業界に足を踏み入れるが...!? 超マイペース男とくせ者だらけのラジオ局の爽快ラジオ群像劇!!

【朗読劇「リクエストをよろしく」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2021年12月3日(金)〜12月5日(日)

<会場>
シアター1010

<公演時間>
未定

<料金>
8,800円
(税込)

『チケット一般発売開始』
2021年11月13日(土)~

<出演者>
水無月:浜中文一
朝日屋颯太:室龍太

<STAFF>
原作:『リクエストをよろしく』(河内 遙 作/祥伝社)
作・演出:村上大樹
企画:MMJ citrolemon
製作:朗読劇『リクエストをよろしく』 製作委員会