写真右前 城田、後列左より順に菅井、三浦、瀬奈、 原田、岸、中嶋、宮川

2022年2月・3月に東京国際フォーラムホールC、新歌舞伎座、愛知芸術劇場大ホールにて
上演されるコメディミステリーの傑作ミュージカル『カーテンズ』。その新ビジュアルが公開になりました。
『カーテンズ』は2007年3月にブロードウェイで開幕。2007年のトニー賞では、主演の
デビッド・ハイド・ピアーズが主演男優賞を受賞した他、作品賞、脚本賞、作詞作曲賞、演出賞、
主演女優賞、助演女優賞の計8部門でノミネート。日本では2010年に東山紀之主演で上演されました。
今回、全くの新演出、新カンパニーでの上演となり、城田優が演出・主演を務めます。
共演に、ミュージカル初挑戦となる櫻坂46のキャプテン菅井友香、三浦翔平に加え、
瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩と日本のミュージカル界を代表する豪華な俳優陣が並びます。
バンビ役にはオーディションにより中嶋紗希が抜擢。劇場で起こる殺人事件(しかもコメディ)、
観客も事件に、そして笑いの渦に巻き込まれること間違いなし。

写真左より順に米本、中嶋、岸、瀬奈、三浦、城田、菅井、原田、宮川、中西、高橋

『カーテンズ』は、1959年の港町ボストンが舞台。ボストンはニューヨークの北東に位置する
マサチューセッツ州の州都で、アメリカの中でも最も古い歴史都市の一つ。今では芸術や教育が
盛んな文化都市として有名ですが、実は第二次世界大戦以降、工業力の低下とハイウェイの発達による
街の郊外化が進み、旧市街は衰退を極めていました。そこで1950年代の末から未来を見据えての
再開発が始まります。ファッションも然り。特に女性の服装はレディライクでウエストを大きく絞った
曲線的なスタイルから、フェミニンでスリム、直線的な現代のスタイルへと変化しつつありました。
このビジュアル同様、『カーテンズ』はアメリカの古き良き薫りと、これから大きく躍動していこうとする
革新へのエネルギーが共に生きた作品と言えるでしょう。

あらすじ】

舞台は1959年のボストン・コロニアル劇場。新作ミュージカル「ロビン・フッド」は
ブロードウェイに向けトライアウト公演の真っ最中。主演女優のジェシカは
才能は無いのにプライドだけは高く、評判が悪かった。
そんななか、公演初日にジェシカが舞台上で何者かに殺害されるという事件が発生した。
駆けつけたミュージカルオタクの警部補、フランク・チョーフィ―(城田優)は
事件の解決を急ぎながらも、その舞台作品が気になりはじめ、事件同様に舞台の内容に首を突っ込みはじめる。
新人女優のニキ(菅井友香)、看板俳優のボビー(三浦翔平)、作詞家のジョージア(瀬奈じゅん)、
作曲のアーロン(岸祐二)、プロデューサーのカルメン(原田薫)、カルメンの娘で女優のバンビ(中嶋紗希)、
演出家のべリング(宮川浩)など、出演者、スタッフ全員が容疑者!?というなか、第二の殺人事件も発生。
犯人はいったい誰なのか...

【ミュージカル「カーテンズ」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年2月26日(土)〜3月13日(日)
大阪公演:2022年3月18日(金)〜3月22日(火)
愛知公演:2022年3月26日(土)・27日(日)

<会場>
東京:東京国際フォーラムホールC
大阪:新歌舞伎座
愛知:愛知県芸術劇場 大ホール

<公演時間>
未定

<料金>
東京:
S席13,500円 A席10,500円 B席7,500円

大阪:
S席14,500円 A席10,500円 B席7,500円 特別席15,500円(※大阪夜公演は左記より各1,000円引き)

愛知:
S席13,500円 A席10,500円 B席7,500円

(全席指定・税込)
未就学児童入場不可

『チケット発売』
2021年12月18日(土)10:00〜

<出演者>
フランク・チョーフィ―:城田優
ニキ:菅井友香(櫻坂46)
ボビー:三浦翔平
カルメン:原田薫
アーロン:岸祐二
バンビ:中嶋紗希
べリング:宮川浩
ジョージア:瀬奈じゅん

中西勝之
米本学仁
高橋卓士

井上花菜
小山侑紀
坂元宏旬
竹内真里
茶谷健太
常住富大、
伯鞘麗名
福田えり
堀江慎也
横山達夫

<STAFF>
原作:ピーター・ストーン
脚本:ルパート・ホームズ
作曲:ジョン・カンダ―
作詞:フレッド・エップ
追加歌詞:ジョン・カンダ―&ルパート・ホームズ
演出:城田優
翻訳・訳詞:福田響志
東京公演主催:フジテレビジョン/キョードー東京
大阪公演主催:関西テレビ放送/キョードー大阪
愛知公演主催:東海テレビ放送、キョードー東海