2021年12月8日に日生劇場にて開幕を予定しているミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』の
ラオウ役が決定。すでにキャスト発表済のユリア役と共にソロビジュアルが初解禁に。
ラオウ役を福井晶一、宮尾俊太郎の二人がダブルキャストで演じることが決定しました。

ラオウ(福井晶一・宮尾俊太郎 Wキャスト)

ラオウ

福井晶一は『キャッツ』『美女と野獣』などで主要な役を演じた劇団四季を退団後も
『レ・ミゼラブル』をはじめとする名作に数多く出演し、日本ミュージカル界に
なくてはならない存在として活躍中の俳優。そして宮尾俊太郎は熊川哲也率いる
K-BALLET COMPANYの多くの作品で主演を務めプリンシパルまで昇りつめたのち
同カンパニーを退団、ミュージカル『マタ・ハリ』への出演を皮切りに本格的に俳優業に力をいれることに。

【出演者コメント】

福井晶一「「北斗の拳」が放映されていた1984年、僕は11歳でした。もちろんリアルにTVで観ていて、
ケンシロウが繰り出す必殺技や名台詞の数々をよく真似をして遊んだものです。
当時の僕らにとってケンシロウは正義のヒーロー。逆にラオウは悪役でヒール的な存在でした。
今回ラオウ役での出演が決まり、改めて原作を読み直しアニメも観ましたが、ラオウの信念を貫く
圧倒的な強さ、そして心に秘めた熱い想い、その生き様に心を奪われました。大好きな作品の世界初演、
新作を立ち上げるワクワク感、ワイルドホーンの素晴らしい音楽、今から楽しみでなりません。
演出の石丸さち子さん、そして素敵な共演者の皆様と共に僕なりのラオウをこれから創りあげていきたいと思います。」

宮尾俊太郎「世紀末の中で自分の精神に筋を通して生きていける人って本当に素敵だと思う。
僕は今回ラオウからその真髄を学ばせていただきます。ストーリーラインでは親子、男女、兄弟、家族…
たくさんの「愛」が描かれていきますが、最後はそういうのをすべて突き抜けたところまでたどり着きたい。
真の誇り、プライド…作品の本当の核となってくるこの世界に生きる男たちの美しき姿、それらは
フランク・ワイルドホーンさんの音楽と演出家の石丸さち子さんの手によって浮き立たせていただける気がしているので、
そういった魂の部分も深めていく作業が楽しみです。己を貫いた男たちの生き様に涙し、何か尊いものを見たような感じ、
「なんかわからないけど泣けたなぁ」というところまで作り上げられたらいいなと思っています。」

【ユリアビジュアル解禁】

ユリア(平原綾香/May’n Wキャスト)

ユリア

このラオウのビジュアルと、去る9月13日に平原綾香、May’nがダブルキャストで
演じることが発表されたユリアのビジュアルを併せて解禁。

伝説的コミック「北斗の拳」を初めてミュージカル化し、北斗神拳、南斗聖拳という対をなす
二つの拳法の使い手である男たちと、彼らを取り巻く人々を描く本作においては、原作と同様
個性的かつ魅力的なキャラクターたちの描かれ方が見どころの一つとなっている。
北斗三兄弟の長兄ラオウは「わが生涯に一片の悔いなし」の名台詞とともに、北斗ファンの間でも
人気が高いアンチヒーローである。このラオウ役にミュージカル界、バレエ界のそれぞれのトップを極めた
福井晶一、宮尾俊太郎の二人がダブルキャストで務める。

さらに東京公演期間中に4つのイベントを開催する事が決定。
1.スタンプラリーキャンペーン
2.シークレットムービープレゼント
3.スペシャルカーテンコール開催
4.オリジナルステッカープレゼント

イベントの詳細・対象日程はこちら

あらすじ】

ーそれぞれの宿命 それぞれの愛ー
二千年の歴史を誇る北斗神拳の伝承者候補として修行に励んでいたラオウ、トキ
(加藤和樹・小野田龍之介/Wキャスト)、ケンシロウ(大貫勇輔)の三兄弟。
彼らの師父リュウケン(川口竜也)は、末弟のケンシロウを第64代伝承者に選んだ。
一子相伝の暗殺拳を守るべくその掟に従い、リュウケンは野心に満ちたラオウの拳を
封じようと試みるも逆にラオウに殺害されてしまう。折しも最終戦争が起こり
文明社会は崩壊し、世界は暴力に支配される時代となる。ケンシロウは婚約者のユリア
(平原綾香・May'n/Wキャスト)と共に暴力の世界を二人で生き抜いていこうとした日、
南斗孤鷲拳伝承者のシン(植原卓也・上田堪大/Wキャスト)にユリアを強奪され、
胸に七つの傷を刻まれる。絶望の中放浪の旅を続けるケンシロウ。一方で世紀末覇者・拳王を名乗り、
混沌とした世界を恐怖で支配しようとするラオウ。ケンシロウは次兄トキや南斗水鳥拳のレイ
(伊礼彼方・上原理生/交互で役替わり)と出会い、ともに旅をする中、ユリアが失意の中で
シンの居城から身を投げたことを知らされる。ケンシロウは愛すべき仲間や強敵(とも)たちの哀しみを胸に、
ラオウの恐怖に支配された世界に光を取り戻すべく救世主として立ち上がるのだった。

【漫画「北斗の拳」とは?“北斗の拳の日”とは?】

「北斗の拳」は週刊少年ジャンプに1983年〜1988年まで、原作・武論尊、
漫画・原哲夫により連載された作品。最終戦争により文明社会が失われ、
暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、
愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿が描かれており、
連載開始から35年以上たった今でも多くの読者に愛されている。
“北斗の拳の日”はこの「北斗の拳」の連載が1983年9月13日に開始されたことを記念し、
2018年一般社団法人日本記念日協会により認定・登録された。
北斗の拳オフィシャルウェブサイト:http://www.hokuto-no-ken.jp/

『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』公演概要】

公式サイトはこちら
ホリプロステージの公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2021年12月8日(水)〜12月29日(水)
大阪公演:2022年1月8日(土)・9日(日)
名古屋公演:2022年1月15日(土)・16日(日)

<会場>
東京:日生劇場
大阪:梅田芸術劇場メインホール
名古屋:愛知県芸術劇場 大ホール

<公演時間>
未定

<料金>
東京:
S席13,500円 A席9,500円 B席5,500円
Yシート:2,000円(※20歳以下対象・当日引換券・要証明書)

大阪:
S席13,500円 A席9,500円 B席5,500円

名古屋:

(全席指定・税込)
※未就学児入場不可。
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※やむを得えない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

<出演者>
ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香/May’n(Wキャスト)
トキ:加藤和樹/小野田龍之介(Wキャスト)
シン:植原卓也/上田堪大(Wキャスト)
リュウケン他:川口竜也
トウ、トヨ:白羽ゆり
マミヤ:松原凜子
レイ、ジュウザ:伊礼彼方/上原理生(Wキャスト、交互で役替わり)
ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト)

バット:渡邉蒼
リン:山﨑玲奈/近藤華(Wキャスト)

リハク他:中山昇
青年ラオウ他:一色洋平
ライガ他:後藤晋彦
フウガ他:田極翼
青年トキ他:百名ヒロキ
ダグル他:宮河愛一郎
ミスミ他:安福毅
飯作雄太郎
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
澄人
内木克洋
中野高志
原広実
妃白ゆあ
福田えり
藤田宏樹
LEI‘OH

※トキ役の小野田龍之介さんは東京公演のみ出演

<STAFF>
原作:漫画「北斗の拳」(原作:武論尊 漫画:原哲夫)
作曲:フランク・ワイルドホーン
演出:石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子
振付:趙明
協力:株式会社コアミックス
東京公演主催:ホリプロ/博報堂DYメディアパートナーズ/染空间 Ranspace/イープラス
大阪公演主催:梅田芸術劇場
名古屋公演主催:中京テレビ放送
企画制作:ホリプロ

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111