(C)MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGN

よみうりランドでは、2021年10月21日(木)〜2022年4月3日(日)の142日間、
「よみうりランド ジュエルミネーション希望の輝き!〜多様な光のシンフォニー〜」を開催します。
2010年にスタートした「よみうりランド ジュエルミネーション(以下、ジュエルミネーション」は、
ここでしか見ることができない宝石色のイルミネーションと東京の大夜景が一度に楽しめる、
他に類をみないスポットとして好評を博してきました。今年も世界で活躍する照明デザイナー
石井幹子(いしいもとこ)氏がプロデュース。12シーズン目となる今年は
「希望の輝き!」をテーマに、美しいものを見る幸福感や、生きていることの充実感を
感じ取れる演出をお楽しみいただけます。また、 今シーズンはイルミネーションの電力に
「グリーン電力」を使用します。 「グリーン電力」とは、 自然エネルギーによって発電された、
環境への負荷が少ないエネルギーです。その幕開けとして、会期初日となる2021年10月21日(木)、
点灯式が園内の「トロピカル・ジュエリー・アイランド(波のプール)」特設ステージにて開催されました。

ジュエルミネーションとは・・・石井幹子デザイン事務所が開発した世界初の宝石色をイメージした
LEDを使ったイルミネーション。ジュエリー+イルミネーションの造語。
※「ジュエルミネーション」は株式会社よみうりランドの登録商標です。

【点灯式の様子】

MCの守永真彩さんの進行の下、よみうりランドキャラクターのグッド&ラッキーと共に
最初に主催挨拶として株式会社よみうりランド代表取締役社長の溝口烈氏が登壇。
溝口社長「今年のテーマカラーは「フォーエバー・グリーン」です。自然や生命、
健康安心、更には希望という意味を持つ色彩だと言われております。そういう意味で
正に今の時期に相応しいジュエリーカラーを、石井先生にお作り頂いたと感謝しております。
今年はSDGsの一環としまして、再生可能エネルギーを使ったグリーン電力をこのイベントの
電源として購入をしております。園内の飲食店もジュエルミネーションにちなんだメニューを
沢山用意しています。こちらも皆さんお楽しみ頂ければと思います。」

続いて、ジュエルミネーションをプロデュースする照明デザイナーの石井幹子さんが挨拶。
石井さん「毎年、色々なテーマを繰り広げさせて頂きましたが、12回目の今年は
希望の輝き、一人でも多くの方にこの光を見て何か明るい希望を持って頂きたい、
そんな思いで作らせて頂きました。今年は初めて「多様な光のシンフォニー」という事で、
それぞれの色んな場所に沢山の光の色を散りばめて園内全体に多様な光のシンフォニーが展開出来る、
そう願っております。勿論、先行きの楽観はまだまだ許されませんけども、
私達は何か、時間の尊さという事を非常に痛感させられた日々だったと思います。
ご家族、お友達と素敵な時間を共有して頂く事がとても大事なのではないかなと思っております。」

次に来賓挨拶として、ジュエルミネーションの後援を行う川崎市の加藤純一副市長、稲城市の高橋勝浩市長が登壇しました。

来賓挨拶をする高橋稲城勝浩市長(右)

加藤副市長「よみうりランド様には、昨年、修学旅行中止となった川崎市内の小学校6年生の子供達の
小学校生活最後の思い出作りのイベントに全面的なご協力を頂き、今年3月によみうりランドを
お借りいたしまして、子供達は最高の思い出が出来たと喜んでおりました。誠にありがとうございました。
ジュエルミネーションの成功とよみうりランドの益々の発展を祈念いたします。」

高橋市長「遊園地は昨年来の新型コロナウイルス感染症で最も大きな影響を受けた
業種の一つではないかなと思う訳であります。様々な企画が全て中止となり
大きな打撃を受けている訳でありますが、今回のジュエルミネーションがまた開催される事、
そして医療従事者への感謝の意を表すというのは中々出来る事では無いのかなと思っております。
ジュエルミネーションも今年で12回目になりました。初年度は100万球であったわけですが、
それが今は650万球を超えると聞いております。来年こそは飾る所が無いんじゃないかと
言いながらも増える一方で、これは社長の熱意と従業員の汗と涙の結果なのかなと思います。
来るべき日に世界最速でコロナに打ち勝った、そういった思いを皆で実現したいなと思う訳であります。」

溝口社長より目録を受け取る岸会長

同じく目録を受け取る中村さん

そして新型コロナウイルス対策の最前線で働く医療従事者に心より敬意を表するとともに、
尽力に感謝の意を込めて、ジュエルミネーション期間中に稲城市、川崎市多摩区・麻生区の
医療従事者20,000名を招待するよみうりランドより、医療従事者を代表し、
川崎市多摩区医師会の岸忠宏会長、稲城市いしがき病院の中村朋子さんへ溝口社長より目録が贈呈されます。

そして岸会長からは「昨年はご招待頂いたにも関わらず、丁度感染の波が来てしまって思う様に参加できませんでした。
今年は幸い、感染が収束しておりますので、私達も頑張りますのでこの収束期が長く続きます様お祈りしております。」

中村さんからは「私達も同様に昨年は中々、こちらに出向く事が出来ませんでした。
コロナの事はここへ来て、ちょっと忘れて頂いて、でも感染対策は忘れずにここでリフレッシュして頂いて、
また医療従事者の皆さんが頑張れれば良いなと思っております。」とコメントがされました。

そして登壇者が参加してのジュエルミネーション点灯カウントダウンへ。ステージ上に半透明の点灯ボタンが用意され、
カウント0と共に、ステージ後方の波のプール上に設置された噴水が色とりどりの照明に照らされ、
プールの海岸線に敷き詰められたエメラルドグリーンを基調としたLEDが一斉に点灯しました。

【園内の様子】

『新色「フォーエバーグリーン・ジュエリーカラー」』
人気のあるエメラルドの光色を中心に、平穏な未来を志向する「フォーエバーグリーン・ジュエリーカラー」が登場。

よみうりランドのメインシンボルでもある大観覧車は、上部を「希望や生きるエネルギー」
を表現する金色、下部を「生命の輝き」であるエメラルドグリーンで照らします。

エメラルド色に飾られた太陽の広場の中心に、イエローやアンバー系の宝石色で
飾られたメリーゴーランドが登場。対比的な色使いが双方を際立たさせています。

12回目となる今シーズンのサブテーマは「多様な光のシンフォニー」。前回までは1つのエリアに
1つのジュエリーカラーを飾っていましたが、今回はこれまで11回にわたって会場を彩ってきた
様々なジュエリーカラーを組み合わせて、カラフルで華やかな空間を創り出します。

「ビューティフル・スプリング・プロムナード」
180mの桜並木は、色とりどりの優しい光色のイルミネーションで飾られます。
美しい春の光景を目指した癒しのプロムナードです。

「クロッシング・ダイヤモンド・パサージュ」
全長140mの光のトンネルには、多彩なカラーイルミネーションがダイヤモンド格子状に飾られます。
軽快なカーブラインと爽快感のある演出で、お客様を明るく元気づけます。

「ジュエリー・クリスタル」
らんらん広場には、巨大なダイヤモンドリングが登場します。大きく広がる床面には
宝石の結晶をモチーフに配置。地面階からはLEDの丘が広がる様に見えますが、
アトラクション「ジャイアントスカイリバー」の乗り場へと昇る階段から下を見ると、
見事な色彩を放つ光景が眼前に広がります。

「噴水ショー」
波のプールエリアはこれまでとは雰囲気を変え、南国の海に浮かぶ島のようなフレッシュグリーンや
フォレストジュエリーカラーで彩り、圧倒的なスケールで毎年大人気の噴水ショーを今年も開催します。
高さ12mの巨大リングのウォータースクリーン映像や192本の噴水、レーザーと炎による演出は必見です。
南国の緑濃い樹々や紺碧の海を表現したこのエリアにぴったりの「トロピカル・ジュエリー・アイランド」が
テーマのダイナミックなショーのほか、2種の噴水ショーが楽しめます。

11月12日オープン予定の「SPACE factory」にも装飾がなされています

【地球にやさしいグリーン電力を使用】
今シーズンは「よみうりランド ジュエルミネーション」の電力に、風力などの自然エネルギーによって
発電されたグリーン電力を使用いたします。グリーン電力は、発電の際にCO2を発生しないと考えられており、
環境への負荷が小さいエネルギーです。ジュエルミネーションは2010年の開始当初からLEDの使用により
電力使用の抑制に努めてまいりましたが、グリーン電力の導入により、更なる環境負荷の軽減へと取り組みます。

【京王よみうりランド駅上下線ホームにイルミネーション装飾を実施】

駅のイルミネーション装飾(昨年の様子

また、よみうりランドと京王電鉄株式会社では、10月21日(木)から2022年4月3日(日)まで、
ジュエルミネーションの開催にあわせ、来園されるお客様だけでなく、京王よみうりランド駅を
利用されるお客様にもお楽しみいただけるよう、京王よみうりランド駅の上下線ホームでイルミネーション装飾を行います。
本年で7回目となり、今回も「ジュエルミネーション」をプロデュースした世界的照明デザイナーの
石井幹子氏が監修したイルミネーション装飾です。また、よみうりランドに多くのお客様の来園が見込まれるため、
10月23日(土)から2022年1月3日(月)までの土日を中心に、京王よみうりランド駅に準特急・急行列車が臨時停車します。

【駅構内イルミネーション装飾について】
<点灯期間>
2021年10月21日(木)〜2022年4月3日(日)
<点灯時間>
16:00〜21:00
<場所>
京王よみうりランド駅 上下線ホームフェンス
<使用電球数>
約4万球(環境面に配慮して、LED電球を使用します)
<臨時停車について>
実施日:2021年10月23日(土)〜2022年1月3日(日)のうち35日間
※下表カレンダーの黄色着色日
※青字・赤字の日は土曜・休日ダイヤで運行します

2021年10月

2021年11月

2021年12月

2022年1月

臨時停車列車(いずれも新宿駅発 橋本駅行(下り)) ※新線新宿駅発

【ワクチン・検査パッケージ」の技術実証】
2021年10月30日(土)から11月14日(日)までの期間、コロナ禍における安心・安全なテーマパーク・遊園地の
運営に向けた取組として、感染防止対策を継続したうえで内閣官房による「ワクチン・検査パッケージ」の
技術実証を行い、運用方法や実効性を検証することで、一日も早い日常生活の回復に寄与します。
ご入園いただくお客様には、WEBアンケートもしくはご入園前に所定の用紙にて、
氏名・連絡先・人数・来園日をご登録いただきます。(代表者のみで可)
また、WEBアンケートにてワクチン接種記録や陰性証明等を持参するとご回答した方は、
対象者全員分の「ワクチン接種記録または陰性証明等」および「身分証明書」をお持ちください。
なお、ワクチン接種記録や陰性証明等を持参されたお客様には、選べる特典をプレゼントいたします。
詳しくはこちら

【よみうりランド ジュエルミネーション 希望の輝き!〜多様な光のシンフォニー〜開催概要】

よみうりランドの公式サイトはこちら

■期間:2021年10月21日(木)〜2022年4月3日(日)
休園日を除く計142日間(予定)
※2022年3月1日(火)〜3月18日(金)の平日は日中の遊園地営業のみ。
■時間:2021年10月21日(木)〜12月10日(金)、
12月27日(月)〜2022年4月3日(日)16:00〜20:30、
2021年12月11日(土)〜12月26日(日)16:00〜21:00
■料金:入 園 料…おとな(18歳〜64歳) 1,800円/中高生1,500円
小学生・シニア(65歳以上)1,000円/未就学児1,000円
ワンデーパス…おとな(18歳〜64歳)5,800円/中高生4,600円
小学生・シニア4,000円/未就学児2,400円
アフターパス…おとな(18歳〜64歳)2,900円/中高生2,000円
小学生・シニア(65歳以上)2,000円/未就学児1,300円

(C)MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGN