BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. (s21)

ニンジャバットマン」はDCコミックス「バットマン」のキャラクターを用いて
2018年に日本で制作されたワーナー ブラザース ジャパン製作のアニメーション映画。
「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのオープニング映像で世界の度肝を抜いた神風動画を始め、
大物クリエイターが集結し作り上げられた映像美は「バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップし、
宿敵ジョーカーとバトルを繰り広げる」という外連味溢れるストーリーと共に、
日本とアメリカのみならず全世界で大絶賛を得た作品です。
本作を、2.5次元舞台の超ヒット作品を世に送り続けるOffice ENDLESSが
DCコミックス、ワーナー・ブラザースとタッグを組み2021年11月、ショー化が実現。
主人公のバットマン役には「はじめの一歩」など多数の2.5次元舞台に出演経験を持つ滝川広大、
宿敵となるジョーカー役にはアメコミが大好きで有名ななだぎ武に加え、
ミュージカル「テニスの王子様」から「魔界転生」など幅広い舞台で活躍する財木琢磨など、
オーディションを勝ち抜いたジョーカー愛に溢れた役者が名を連ねます。
敵味方が分からない怪しげな雰囲気を持つキャット・ウーマン役に現役女子プロレスラーの安納サオリ、
ジョーカーを支える狂気的な少女、ハーレイ・クイン役にはアンジュルム卒業後初の舞台となる室田瑞希、
持ち前の立ち回りで舞台、特撮ドラマなど多方面で活躍する佃井皆美らが出演します。

2021年9月18日(土)の記者会見、DC映画特別上映のキャスト登壇イベントを経て
2021年11月4日(木)、初日の開幕に先駆けて「夜」チームの公開ゲネプロと囲み取材が行われました。

【あらすじ】

ゴッサムシティを守るブルース・ウェイン/バットマンは、
ゴリラ・グロッドの謎の兵器の暴走に巻き込まれ気を失ってしまう。

バットマンが目覚めた場所は、戦国時代の日本。

面を付けた侍に襲われる彼の前に現れたのはキャットウーマンことセリーナ・カイル。
彼女から聞いた日本はバットマンが知る本当の歴史とは大きく異なるものだった。

ゴリラ・グロッドの謎の兵器は実はタイムマシーンであり、
それを利用して戦国時代に現れたヴィランたちは戦国大名に成り代わり諸国を平定、
さらに、第六天魔王として悪政の限りを尽くし、
この日本に君臨するのは宿敵ジョーカーであった。

かくして、日本と世界の歴史を賭けて、時空を超えた壮大な戦が幕を開ける!

【開幕直前取材の様子】

公開ゲネプロ終了後、舞台上にてバットマン役の滝川広大さん、ジョーカー役のなだき武さん、
キャットウーマン役の安納サオリさん、ハーレイ・クイン役の室田瑞希さんの4名が登壇しての
開幕直前取材が行われました。

Q:本作の見所は?

滝川さん「世界級なダンスやアクロバットがこんなに身近で見られる機会は中々無いと思うので。
いろんなジャンルのダンスが見られるショーとなっております。6日から初日となりますのでぜひ、宜しくお願いします。」

『音楽については?』
室田さん「音楽については、今作の歌に関して私はそんなにたくさん歌っている場面はないんですが、
セリフの部分で少し参加しているので、そんな私の可愛いハーレイの声ををちょっとだけでも注目してほしいなと思います。」

Q:チームごとの特色は?

なだぎさん「夜、黒、闇、影の4チーム体制やっておりまして、それぞれ本当に色が違うんです。
その中でも我々は一番バラエティに富んでいるかなと。舞台俳優がいて、女子プロレスラーがいて、
お笑い芸人がいて、そしてアイドルがいるという。いい意味で型にはまらない、多少脱線しても
このチームだったら全然大丈夫だろうという所の安心感があるので、楽しみながらやらせていただいております。」

室田さん「やってても楽しいですもんね。」

なだぎさん「そうそう。他のチームはアクロバットが得意なメンバーが集まっていたり、
ダンスやアクションが得意なチーム、といった色に分かれているんですけど、
ほんとにアクションチームなんてジョーカーがピョンピョン飛び跳ねてますから。
こんな飛び跳ねるジョーカー見たことがないっていう位、バンバン飛んでいるので、
その辺も注目していただきたいですね。でも、1チームを観たら他のチームは
どんな感じなんやろうと思って、恐らく観たくなると思うんです。是非とも、
これから観に来る方はコンプリートしていただいて、一粒で四度おいしい『ニンジャバットマン』なので、よろしくお願いします。」

安納さん「(どのチームを観ていただきたいですか?と言われたら)、もちろん私たちのチームを
観ていただきたいですけれども、でも他のチームもめちゃめちゃいいんですよ。
私達も全部のチームを観ているんですけど、それぞれの良さがあって感動するところもあって。
あと注目すべきはジョーカー兵、蝙蝠集等、凄いです。彼らがいないとこの舞台は成り立ってないなと、
思うのでそこもぜひ、観ていただきたいなと思います。」

Q:今回の一番苦労したという部分は?

滝川さん「今日も2回通し稽古をしたんですけど、この甲冑やバットマンの衣裳プラス、
”覚悟の重さ”というのを感じる作品なので、その重圧に負けじと自分の気持ちを強くする
という部分が一番大切な部分だなと思いながら臨んでいます。」

なだぎさん「観て頂くと分かるんですけど、最後の殺陣の立ち回りは、もう殆ど意識が無いんですよ。
酸欠でほぼ意識が無い状態で(殺陣を)やっているんです。今日なんて特に。
昼間に1回通し稽古をしているから、「…次の手なんやったかな…」とマジな疲れが。
ある意味でこれが一か月間続くんか思ったら、どの辺りで死にそうになるんやろうと。
ある意味、自分との戦いでもありますよ。なので、色んな意味で見て欲しいなと思います。」

滝川さん「それがマジでリアルな感じで良いですよね。」

Q本作をどんな方に観ていただきたいか?

なだぎさん「いろんな方に観ていただきたいです。特にアメコミ好きな方には観ていただきたいな
というのは勿論ありますね。僕もアメコミ大好きなので。アメコミ好きな方が観て、
辛口な意見や、優しい意見もあり、どう評価してくれるのかなというのは興味があるところです。
でもバットマンを知らない方でもショーとして楽しめるステージになっているので、
次から次へと色んなモノが出て来て、きっとわくわくすると思います。」

Q:出演者同士が戦ったら誰が強い?

室田さん「絶対に広大さん。稽古中のアクションのシーンとかで広大さんがドシンと構えていて、
この人に任せれば皆大丈夫なのを知っている位、本当に心強い部分も有りますし、本当に戦ったら負けちゃう。」

滝川さん「その戦う部分で、強いなと思っては頂けると思うんですけど、(僕が)バットマンと凄く似ている部分は
気持ちが情に流されやすいというか、今作のバットマンをやる上で、本当に色んな作品を
見たんですけど、ジョーカーに対する思いとかが、過去の生い立ちの部分とかから情が出て来てしまうと
ステージに立つと「うわぁ、斬りたくない」という部分が出て来ちゃうんですよ。そういう弱さもありますね。」

なだぎさん「強くて心優しい。本当にヒーローやね。バットマンをやる為に生まれて来たような男やね。」

安納さん「(MCから質問を振られ)え〜〜っ、誰が強いかですか。とあるシーンでバットマンに
助けてもらう場面があるんですけど、何時か(プロレス)技で受け止めて貰おうかなって。」

なだぎさん「階段から落ちて来るシーンでミル・マスカラスみたいにプランチャ系の受け止めの仕方を…
でも安納サオリは時折女子を見せるんです。稽古中に階段落ちの所で広大が後ろから抱きかかえた時に
「キャ〜〜!」言うてましたからね。急に女子を出すという乙女です。」

安納さん「やめて〜〜!(笑)」

Q:ロビンズのキャラクターの特徴は?

なだぎさん「そもそもロビンというキャラクターは、バットマンの相棒ということで定着していますけど、
それが時代劇風になるとどうなるのかなという期待感があると思うので。見た感じのキャラクターが
ロビンは特に、「え?これロビンなん?」という感じだと思うので、そのファニーな感じも
楽しんでいただけたらなと思います。あと皆、技がすごいですよね。
そして普段のバットマンはサイドキック(相棒)がロビン一人なんですよ。今回は色んなロビンがいるので
チームワークのバットマン達を見て頂けると楽しいんじゃないかなと思います。」

滝川さん「ロビンも二人日替わりでいらっしゃって、それぞれ特徴が全然違う二人なので、
こっちのロビンを観たらあっちのロビンを観てみたいと思いますし、ナイトウィング
やレッドロビンといった、ほんとにそのキャラクターやその人物が存在するからこそ
いろんな感情が芽生える作品になっています。僕はロビンしか関わることが出来ないんですけど、
そのロビンが去っていく姿だったりというのがバットマンのいろんな感情を引き出す
素晴らしいことになっているので、ほんとに感謝しかないです。」

Q:最後に開幕に向けた意気込みを。

滝川さん「いよいよ開幕できるんだという気持ちがすごくあります。いろんな方々に観ていただいて、
いろんな感情を抱いて、これを観て明日も頑張れるという作品になれるように、
自分たちも全力の気持ちを込めて舞台に立っていますので、初日から千穐楽まで無事駆け抜けられるよう
頑張っていきますのでぜひ、応援の程よろしくお願いいたします。」

なだぎさん「広大君が言ってくれたのと、それに4チームが頑張っている舞台でもありますので、
それぞれのチームを是非とも、楽しんでいただけたらなと思います。」

安納さん「観に来てくださる方は一体あの映画をどんな風に舞台にしているんだろうと、
ドキドキでいらっしゃると思うんですね。でもそのドキドキをワクワクに変えてみせたいなと
思っていますので、フラッと遊びに来るような感じでTheater Mixaに来ていただけたらと思います。」

室田さん「私、凄くビックリしたのが、ダンスやアクションといったパフォーマンスと一緒に、
後ろに映し出される映像も楽しめる作品になっていると思いますので、座席前方で観ても私たちの表情を楽しめるし、
後方で観ても(映像との)一体感を楽しめるので、どの席にいても楽しめるのでいろんな方に観てほしいなと思います。」

日本初となるバットマンシリーズのアクションエンターテイメント、池袋の地で堪能してみては?

【開幕へ向けてのキャストコメント】

『黒チーム』

バットマン役:澤田拓郎

バットマン:澤田拓郎
「黒チームバットマンを演じます、澤田拓郎です。
我々黒チームは舞台経験豊富なメンバーで構成されており、キャストへの信頼がとてつもないです。
他チームと違う色をどこでどのように出すか、またいかにしてお客様に楽しんでいただけるか、
試行錯誤しながら稽古してまいりました。蝙蝠衆と全スタッフの力を借りて、最高のエンターテインメントショーをお届けします。」

ジョーカー役:財木琢磨

ジョーカー:財木琢磨
「黒チームでジョーカーを演じます財木琢磨です。自分の思い描くジョーカーを、セリフの無い世界で思う存分に暴れます。
バットマンとのラストの戦いは体力が空っぽになりますが、最後まで迫力あるものをお届けできるよう頑張ります!」

キャットウーマン役:鈴木彩海

キャットウーマン:鈴木さあや
「遂に開幕!ようやくお客様にお届けできる事がとっても嬉しいです!
私が演じる《黒チーム》のキャットウーマンは、誰にも媚びずに生きる強さと猫のような気ままさを大切にしました。
お客様が入ったらどんな化学変化が起こるか、今から楽しみです。
刀や扇子を使ったアクションやアクロバットは迫力満点です!ぜひ楽しみにして来てください!」

ハーレイ・クイン役:佃井皆美

ハーレイ・クイン:佃井皆美
「皆さんに早くお届けしたい気持ちでいっぱいです。
迫力満点の映像と音楽にダンスやアクロバット…もう色々盛り沢山のエンターテイメントショーです!
各チームそれぞれの魅力あふれるショーを楽しんでいただけたら嬉しいです。
尾張のアーカム城。バットマンとジョーカー様の因縁の熱い対決をお見逃しなく!!!ハーレイも奮闘中です♡」

『闇チーム』

バットマン役:高澤礁太

バットマン:高澤礁太
「ここまで沢山の事を乗り越えてやっと本番を迎えられる事に何より幸せな気持ちでいっぱいです。
4チーム、アンサンブル、スタッフの皆さん全てに感謝です。
チームごとに“特色”があり見所満載で、全てのチームを観るとより楽しめる部分があるのでそこも注目して下さい!
劇場にてお待ちしてます。」

ジョーカー役:細川洪

ジョーカー:細川洪
「「期待に応え、想像を裏切る」それを叶える為、毎日ぶっ倒れるほど稽古してきました!
滝のように流した汗、焦げてしまうほどの熱量。積み上げてきた物がやっと解放できます!
この作品への期待、そして想像を上回る!観てくださる方の心が燃え上がる、そんな公演にしていきます!お楽しみに!」

キャットウーマン役:平野茜子

キャットウーマン:平野茜子
「こんにちは!闇チーム、キャットウーマン役をさせて頂く、平野茜子です!
それぞれのチームの色が全く違う今回のショー!!
ほんっっとうに、全チームしっかり楽しめます!!何度でも観れます!!
そして更に、観る場所でも全く違う雰囲気が味わえると劇場入りをして、気付きました!!!
ノンバーバルであるからこそ、熱量、想い、パワー、を是非直に!体感しにきてください!!!
劇場でお待ちしております♪」

ハーレイ・クイン役:藤田笑美

ハーレイ・クイン:藤田笑美
「今回、ハーレイ・クイン役として舞台に立てる事が本当に嬉しいです。私なりのハーレイ・クインを
お届け出来るよう精一杯努めて参ります。このショーの世界観を存分に楽しんでいただけますと幸甚に存じます。」

『影チーム』

バットマン役:山川蓮矢

バットマン:山川蓮矢
『職業柄、正義を掲げ怪獣や星人、様々な敵と戦ってきました。今回ジョーカーとの戦いで
バットマンとしての正義を何かしら見せれたら嬉しく思います。』

ジョーカー役:ASUKA

ジョーカー:ASUKA
「今このようなコロナ禍の状況で、ショーが開催出来ること、改めてスタッフの皆様や
チケットをご購入頂いている皆様に感謝致します。
実はこのような舞台でメインキャストという形で出演する事は初めてなのですが、
このジョーカーという役はとてもとてもやりがいのある役だと感じていますので、
僕自身とても楽しみにしています。是非、劇場でお会いしましょう!」

キャットウーマン役:鈴木彩海

キャットウーマン:鈴木彩海
いよいよ初日を迎えます。
個性豊かな皆さんのスキルが凝縮され、学ぶことばかりの稽古期間はすごく楽しく、
そして刺激の連続でした。キャットウーマンとして皆様を魅了できるよう精一杯努めさせて頂きます。」

ハーレイ・クイン役:安藤美桜

ハーレイ・クイン:安藤美桜
「今回の「ニンジャバットマン ザ・ショー」ではアクション・ダンス・アクロバット・お芝居と
いろんなことに挑戦させて頂いております!見どころ満載のショーになっていると思うので、
観に来て下さった皆様が楽しんで頂ける様に精一杯頑張ります!」

<五大>

ロビン役:一斗

ロビン:一斗
「ついに、ニンジャバットマン ザ・ショーが初日を迎えます!1年前の延期発表から待ちに待った初日です!
4チームとも個性が爆発しているので是非、いろんなチームを見て楽しんでいただけたらと思います。
劇場でお待ちしています!」

ロビン役:中村慧

ロビン:中村慧
「いよいよ開幕します!ニンジャバットマンザ・ショー
数々のアクション、ダンス、アクロバットをメインにノンバーバルで繰り広げられる
プロジェクションマッピングショーは、観る人をその場に引き込むようなエンターテイメントショーとなっております!
ニンジャバットマンの世界に、たっぷり浸って楽しんでいただけたら嬉しいです!
夜黒闇影それぞれのチームを是非観に来てください♪」

佐藤一輝
「無事に幕を開けられること嬉しく思います。
全世界の人から愛されるバットマンシリーズの舞台に出演させて頂き大変光栄に思います。
この作品が沢山の方々に愛されるよう、そして最後までカンパニー全員で走り抜けられるように頑張ります。」

<五行>

ナイトウィング役:加藤慶秋

ナイトウィング:加藤慶秋
「本番が近づくなかで、4つのメインキャストチームとアンサンブルの組み合わせによって変わる
ショーの内容や雰囲気も本作品を楽しめる一つの要素だと実感しています。
池袋に降り立つ、日本初のバットマンシリーズの舞台を是非目の当たりにしてください!」

木村直樹
「この作品は稽古期間の取りずらい環境の中で携わっている方、全員が集中し
1つの作品を生み出している舞台だと思います。
10月からの稽古参加でしたがこの期間は常にバットマンの舞台の事を考えていました。
それがやっと皆様にお見せ出来ると考えると震えますね。
キャスト1人1人が凄い方なので僕も負けないよう閉幕まで怪我なく楽しみます。
どうぞよろしくお願いいたします。」

村上拓哉
「いよいよ開幕ですね!派手な演出に、殺陣、ダンス、アクションなどが盛り沢山な作品です。
僕たちも全力で舞台に臨んでおりますので必ず楽しんで頂けると思います!ぜひ劇場で
目の前で繰り広げられるバトルをお楽しみください。お待ちしております!!」

Onchan
「ここまで稽古をしてきました、ニンジャバットマン ザ・ショー。
アンサンブルとして参加しますOnchanです。自分の持てるスキルを全てこの作品にぶつけています。
蝙蝠衆の絆で演出モチベ爆上げマジ卍!ぶっ通しでめっちゃ楽しめる、忍者エンターテイメントです。
皆さんにパフォーマンスを直接お届けできる機会に感謝しながら、嬉しさ楽しさを爆発させていきます!」

川手利文
「作品の世界観を大切に、今まで経験してきた事を活かし自身のパフォーマンスを
最大限発揮出来ればと思います。エンターテイメントショー楽しんでください!」

<五常>

レッドロビン役:西原竜平

レッドロビン:西原竜平
「いよいよ始まると思うと少し緊張もありますが、とにかく自分自身が思い切り楽しんで毎公演挑もうと思います!
そして来ていただくお客様に感動を与えることができればいいなと思います!よろしくお願いします!」

水江星良(from N0NAME)
「初めまして、水江星良です!
今は約1ヶ月間の稽古もあっという間でもう本番を迎えるのかという気持ちです。
他のチームの通しを観てそれぞれのチームに色があり、楽しく観れる内容だと思いました。
毎公演大事に、そして自分自身が楽しみながらパフォーマンス出来たらなと思います。
ニンジャバットマンお楽しみに!!」

竹廣隼人
「殺陣やアクション初挑戦で不安だらけでしたが、素敵な方々に恵まれて楽しく稽古に臨めました!
十人十色とという言葉があるように、チームごとによって個性が出る舞台です!
いろんなニンジャがこの里(舞台)にいます。見どころ満載ですので、皆さん是非各チームご覧になってください!」

Protecter
「もうまもなく開幕となりますニンジャバットマンザショー
自分の持てる全ての技、知識、経験を使い観にきてくださった全ての人を楽しませたいと思っております
どうぞよろしくお願いします劇場にてお会いしましょう!!!」

村岡太平
「開幕誠におめでとうございます。いよいよ本番となりました。
長いようで短かった稽古日程。あとは本番でやり切るのみとなります。
本番は観客があっての舞台です。ぜひ皆様応援に駆けつけていただけると大変ありがたいです。
ぜひキャスト一同の勇姿をその目にお納めください。お待ちしております。」

レッドフード役:弥圓佐助

レッドフード:弥圓佐助
「いよいよ、ニンジャバットマン ザ・ショー開演です!
これまでの経験から培ってきたスキルを存分に発揮し、観劇される皆様と一緒に、
最高のパフォーマンスを創りあげたいと思います。ご来場心よりお待ちしております!」

レッドフード役:桜井鷹

レッドフード:桜井鷹
「レッドフード役の桜井です
公演で皆様に見ていただくためにこの1ヶ月毎日稽古しました
アクションありアクロバットあり感動ありの重厚なエンターテイメントを楽しんでいただければと思います」

【ニンジャバットマン ザ・ショー公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2021年11月6日(土)〜11月30日(火)

<会場>
Theater Mixa

<公演時間>
約1時間10分(途中休憩無し)

<料金>
プレミアシート・チケット(1階席前方5列目まで保障・選べるグッズ付き):7,900円
S席(1階席):5,500円
ステージビュー・チケット(2階席):4,500円
スタンド・チケット(2階席):3,500円
※スタンド・チケット席は簡易式シートによる観劇になります。
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可
※「プレミアウィーク」を中止し「本公演」のみとなりますが、ご好評を頂きました
選べるグッズ付き「プレミアウィーク プレミアチケット(1階席)」は、
そのまま「プレミアシート(選べるグッズ付き)」として全公演で販売させて頂きます。

<出演者>
(夜-YORU-)
バットマン:滝川広大
ジョーカー:なだき武
キャットウーマン:安納サオリ
ハーレイ・クイン:室田瑞希

(黒-KURO-)
バットマン:澤田拓郎
ジョーカー:財木琢磨
キャットウーマン:鈴木さあや
ハーレイ・クイン:佃井皆美

(闇-YAMI-)
バットマン:高澤礁太
ジョーカー:細川洪
キャットウーマン:平野茜子
ハーレイ・クイン:藤田笑美

(影-KAGE-)
バットマン:山川蓮矢
ジョーカー:ASUKA
キャットウーマン:鈴木彩海
ハーレイ・クイン:安藤美桜

『SHADOW BATS(アンサンブル)』
ロビン:中村慧、一斗
ナイトウィング:加藤慶秋
レッドロビン:西原竜平
レッドフード:弥圓佐助、桜井鷹

五大:佐藤一輝、Onchan/Protecter、川手利文/村岡太平
五行:木村直樹、村上拓哉、Onchan、川手利文
五常:水江星良(from N0NAME)、竹廣隼人、Protecter、村岡太平

※出演者は変更になる可能性がございます。

<STAFF>
企画・制作:ワーナー ブラザース ジャパン合同会社/DC
原作:「ニンジャバットマン」
演出/構成:塩野拓矢(梅棒)
メインテーマ:GYZE
アクションコーディネーター:宮崎剛(JAE)
ダンス振付:塩野拓矢(梅棒)
映像監督:吉川マッハスペシャル(World Clocks/WHITE BASE, LLC)
舞台美術:竹邊奈津子
技術監督:寅川英司
舞台監督:土居三郎
大道具:ステージファクトリー
制作:Office ENDLESS/トリックスターエンターテインメント
監修協力:ワーナーブラザース ジャパン 合同会社
ショー企画:NA09a.k.a.MC STARRING(Black Wings Project)
主催:「ニンジャバットマン ザ・ショー」製作委員会(Office ENDLESS/トリックスターエンターテインメント/
イープラス/ローソンチケット/NTTぷらら/BREW STUDIO)

BATMAN and all related characters and elements © & TM DC Comics and Warner Bros.Entertainment Inc. (s21)