1998年から2003年まで集英社の週刊少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックスの累計発行部数は
2100万部を突破している森田まさのりによる人気野球漫画「ROOKIES」。2008年にはTBS系列でテレビドラマ化され、
翌年にはテレビドラマと同一のキャスト、スタッフによる製作がなされた映画『ROOKIES -卒業-』が公開されると、
2009年国内興行収入第1位となる85.5億円の特大ヒットを記録した野球漫画の金字塔です。
物語は、現在は見る影もないほど荒廃している、かつては春のセンバツ甲子園出場を果たすほどの
伝統がある二子玉川学園高校の野球部が舞台。そこへ赴任してきた新人教師・川藤幸一の熱意により、
再び甲子園を目指す青春ストーリー。様々な困難にぶつかるが、川藤の愛情ある指導のもと、
徐々に変化していく高校生の姿に多くの読者が惹きつけられました。

その「ROOKIES」を原作にとした舞台「ROOKIES」が2021年11月、東京都足立区のシアター1010にて開幕します。
脚本・演出は「アイ☆チュウ ザ・ステージ」シリーズ、「おそ松さん on STAGE」シリーズ、
舞台「球詠」など、多くの作品の演出を手がける伊勢直弘。主演で物語の中心となる川藤幸一役には、
ミュージカルからストレートプレイ、2.5次元作品など幅広く活躍する根本正勝。
さらに、二子玉川学園高校野球部のメンバーには、宇野結也、縣豪紀、小西成弥、友常勇気、砂川脩弥、うえきやサトシ、
宮澤佑、須賀京介、佐川大樹、桜庭大翔らが名を連ねます。そして、二子玉川学園高校の教頭で、
野球部の先輩でもあり、かつて甲子園に出場した池辺駿作役には酒井敏也が、野球部の栄光を知る人物であるが故に、
現在の野球部の状況が許せず、野球部メンバーの退学を画策する校長役には風見しんごが出演します。

2021年11月18日(木)、公演の開幕に先立ち、公開ゲネプロが行われました。

【あらすじ】

二子玉川学園高校(ニコガク)へ赴任してきた教師・川藤幸一。
野球部が不良学生の溜まり場になっていることを知り、素人ながら顧問として立候補、野球部再建を目指す。
夢を持つ素晴らしさを語る川藤を、部員たちはバカにして相手にすらしていなかったが、
川藤のまっすぐな情熱に、一人、また一人と心動かされていく。
そして野球部再始動から一ヵ月、ついに初の練習試合を迎える……。

【出演者コメント】

(2列目左から)新庄慶役:友常勇気、岡田優也役:桜庭大翔、桧山清起役:宮澤佑、湯舟哲郎役:須賀京介、今岡忍役:佐川大樹、平塚平役:うえきやサトシ
(1列目左から)若菜智哉役:縣豪紀、安仁屋恵壹役:宇野結也、川藤幸一役:根本正勝、御子柴徹役:小西成弥、関川秀太役:砂川脩弥

川藤幸一役:根本正勝
「全てはこの日のために、先生と生徒になるべく、台詞のやり取りだけでは伝わらないものを表現するため、
時間を共有し日々を過ごしてきました。コロナ禍において、心身共に疲れている方も多いと思いますが、
この作品には観ている方の気持ちを前向きに、元気にさせる力があるはずです。川藤幸一として生徒たち共に、
恥ずかしいくらいに青春しようと思いますので、そんな姿を観て、明日も頑張ろう。
そう思ってもらえるようチームROOKIESとして試合に臨みます!」

安仁屋:宇野結也
「まだまだ未熟な高校生たちが川藤先生との出会いで大きく人生が変わっていく物語。そんな川藤先生も含め、
登場人物みんなが関わったひとによって、人として成長していく様を不器用ながら熱くお届けしてきたいです。
ご観劇下さった皆さまの明日が少しでもきらめけるように、誠心誠意お届けして参ります。
自信作です。劇場でお待ちしています!」

御子柴徹役:小西成弥
「舞台『ROOKIES』いよいよ開幕です。今、このタイミングで上演するのに相応しい
ハツラツとした明るく笑顔になれる作品だと思います。『夢にときめけ!明日にきらめけ!』
皆さんの明日がさらに素敵な日々になるよう全力でお届けさせて頂きます。ぜひ劇場に観に来てください。」

八木塔子役:太田奈緒
「葛藤して、何かに一生懸命にある姿、仲間との絆だったり、ROOKIESの熱い部分が舞台の中にも沢山あります。
稽古場での野球部のみなさんの熱量が凄くて、私もその一員となれるよう頑張るので、
その熱さを皆さんに感じて頂ければと思います。東京公演以外にも、大阪、滋賀と公演があり、
色んな世代で方でも楽しんで頂けるので、少しでも多くの方に見て頂きたいです。
この舞台を通して皆さんの活力になれるよう、一丸となって頑張りたいと思います。」

池辺駿作役:酒井敏也
「コロナ禍の為延期になっていた舞台が上演できる事の喜びをひしひしと感じております。
不朽の名作ルーキーズを今正に夢にときめく!明日に煌めく!
若き俳優陣が熱く濃厚なエンターテイメントをお見せ致します!」

村山義男役:風見しんご
「若い演者と若いスタッフみんながまさに夢に向かって溢れ出す情熱と笑顔のチームワークで作り上げた舞台。
その「ときめき」と「きらめき」を感じていただけると幸いです。一癖も二癖もある好調ですが、
何卒、よろしくお願い致します。「これからが楽しみですね!セカンド池辺君!」」

【舞台「ROOKIES」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2021年11月18日(木)〜11月23日(火・祝)
大阪公演:2021年11月26日(金)〜11月28日(日)
滋賀公演:2021年11月30日(火)

<会場>
東京:シアター1010
大阪:サンケイホールブリーゼ
滋賀:栗東芸術文化会館さきら大ホール

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>
東京:
S席11,000円 A席8,800円 (会館友の会:S席9,900 円 A席7,920円)

大阪:
S席11,000円 A席8,800円 B席7,700円

滋賀:
S席9,900円 A席8,800円(会館友の会:S席8,910円 A席7,920円)
(全席指定・税込)

<出演者>
『二子玉川学園高校』
川藤幸一:根本正勝
安仁屋恵壹:宇野結也
若菜智哉:縣豪紀
御子柴徹:小西成弥
新庄慶:友常勇気
関川秀太:砂川脩弥
平塚平:うえきやサトシ
桧山清起:宮澤佑
湯舟哲郎:須賀京介
今岡忍:佐川大樹
岡田優也:桜庭大翔

八木塔子:太田奈緒
藤田カオル:渡部優衣
掛布光秀:西洋亮

池辺駿作:酒井敏也
村山義男:風見しんご

『用賀第一高校』
武井志門
本川翔太
舟津大地
武田知大
村越亮太
守上慶人
榎本純
東元堵

『STAFF』
原作:「ROOKIES」森田まさのり(集英社文庫<コミック版>刊)
脚本・演出:伊勢直弘
音楽:SaToManshion
美術:乘峯雅寛
照明:田中徹(テイクワン)、清家玲子
音響:長谷部昭雄(テクニカル・アート)
映像:曽根久光、御調晃司
衣裳:前野里佳(K&Mラボ)
ヘアメイク:川村和枝(p.bird)
アクション:芹澤良(PUMP×EARTH)
演出進行:丹治泰人(SPM)
演出助手:石井麻莉(SPM)
舞台監督:赤坂有紀子
演出部:松澤紀昭、金子裕明、西山みのり
舞台協力:田中翼
美術助手:立川小春
照明操作:坂元千亘晃、岡部歩美、清水朋久
ムービングプログラマー:中村佐紀
音響操作:長谷川美有、藤井真紀、田中真弥
衣裳コーディネート:藤衣裳
衣裳製作:高倉梨奈、アン・パドレ
衣裳進行:大門美貴子、松村美幸
ヘアメイク進行:望月香織、高口直也
アクション補佐:望月祐治(PUMP×EARTH)
大道具製作:東宝舞台
衣裳・用具協力:美津濃株式会社
宣伝美術:デザイン太陽と雲
宣伝写真:山岸和人
収録:彩高堂
物販進行:伊藤沙耶
票券:イープラス
宣伝:キョードーメディアス
制作:有賀美幸、齊藤陽、倉重千登世
アシスタントプロデューサー:吉成将(SANETTY Produce)
企画・協力:岩下英雄
プロデューサー:東川真之(SANETTY Produce)、竹澤寿之(キョードーファクトリー)、芝野裕仁(イープラス)
協力:トキエンタテインメント/オスカープロモーション/ミシェルエンターテイメント/YK エージェント/
インゴットエンタテイメント/エイベックス・マネジメント/エイベックス・AY・ファクトリー/G-STAR.PRO/
サムデイ/オレンジ/スペースクラフト・エージェンシー/エイベックス・アスナロ・カンパニー/ダンデライオン/
ジールアビリティ/阪口京子事務所/マスタープラン/よしもとアクターズ/アーティストクルー/
パワープレイプロモーション/ブルーエール/TaKano プロモーション/タックエンターテイメント/ヒロ PON
東京公演主催:舞台「ROOKIES」製作委員会/足立区シアター1010 指定管理者
大阪公演主催:舞台「ROOKIES」製作委員会/株式会社キョードーファクトリー
滋賀公演主催:舞台「ROOKIES」製作委員会/栗東芸術文化会館さきら
製作:舞台「ROOKIES」製作委員会(キョードーファクトリー/イープラス/SANETTY Produce)

©森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社