“ミステリーの女王”と呼ばれ、代表作「アクロイド殺人事件」「オリエント急行の殺人」
「ABC殺人事件」「そして誰もいなくなった」で有名なイギリス人作家アガサ・クリスティの短編小説が原作の
舞台「マウストラップ〜ねずみとり〜」。演劇の本場ロンドン・ウエストエンドでは1952年に初演。
それから半世紀以上も上演を続け、世界演劇史上、最長のロングラン作品として世界中の人々を虜にしてきました。
日本でもこれまでたびたび上演され、数々の名優たちが演じてきたそんな名作を、主演に椿泰我(IMPACTors/ジャニーズJr.)を迎え、
さらに共演には、富田麻帆、鷲尾修斗、反橋宗一郎、伽代子、松田将希、河相我聞、そして釈由美子という豪華な顔ぶれで
2022年1月、東京都港区の俳優座劇場にて上演します。初回の公演に先駆け、公開ゲネプロが行われました。

【あらすじ】

1年前に結婚したばかりの若い夫婦モリーとジャイルズは、マンクスウェル山荘でゲストハウスを開いた。
オープンの日、ラジオからは、ロンドンで殺人事件が発生し犯人が逃走中であるとのニュースや、
大雪に関する気象情報が流れていた。雪が降る中、かねてからの予約客4名が次々に到着する。
雪がなおも激しく降り続く中、外国人風の男性が現れ、玄関をノックする。
男性は車がスリップしてしまったと言い、マンクスウェル山荘に急遽宿泊することとなる。
翌日の昼食後、雪で閉ざされ孤立したマンクスウェル山荘に警察から電話が入り、警官を1名差し向けるという。
やがて、スキーをはいたトロッター刑事がロンドンで起きた殺人事件の捜査のために山荘を訪れる。
トロッター刑事は、犯人が童謡「三匹の盲目のねずみ」の楽譜で次の殺人を予告しているという。
そして、照明が突然消えて、宿泊客の1人のボイル夫人が何者かに殺害されてしまう。
公演開始5分前より、舞台上にジャイルズ・ロールストン役の椿泰我さんが登場し、挨拶および諸注意の前説を行います。
物語の導入部分であり、椿さんの緊張を解す時間でもあるので公演開始前に席に着いているのがベスト。
本編が始まるとジャルイズが山荘のセットの説明をしながら物語の中へと観客を誘います。

ロンドンから50㎞程の距離にある雪深い山荘が物語の舞台。1年前に結婚したばかりの
ジャイルズ&モリー若夫婦がゲストハウスを開きます。オープンしたての大雪の日、
興奮した感じの落ち着きの無い青年のクリストファ・レン、甚だ不機嫌な中年女性のボイル夫人、
肩がいかった中年軍人のメトカーフ少佐、男っぽい感じの若い女性のミス・ケースウェル、
そして、あらかじめ宿泊予約を取っていた上記4人とは異なり、車が雪山に突っ込み転覆し、
遭難しそうな中、山荘を見つけて急遽泊まる事となった、予約の無い宿泊客である
派手な口髭を生やした外国人風の年配男性のパラビチーニの5名のゲストが吹雪の中のマンクスウェル山荘に集います。

そして翌日、5人のゲスト、ロンドンでの殺人事件を捜査中のトロッター刑事が宿泊する中、突然、室内が真っ暗になり、
灯りがつくとなんとゲストの一人が殺されているという......。
偶然居合せ、取り残された赤の他人同士である人々は、犯人は一体誰なのかと互いに疑心暗鬼になっていきます。
少しずつ露わになる人々の裏側と本音とトロッター刑事が思い巡らし推理する過程、
アガサ・クリスティお得意の密室殺人劇で、舞台上と客席の垣根が取り払われ、
観客はあたかも自分がゲストの一人になったかのような、あるいは刑事として推理しているような気分になることでしょう。

劇中にて、需要な意味を持つキーソングとなるのは、イギリスでは有名な童謡の「3匹の盲目(めくら)のねずみ」。
その童謡を初めとして、ピアニストの桑原まこさんによるピアノの生演奏が、雪深く静まり返った山荘に時に明るく、
また時には決して軽々しく無い印象を残す旋律を奏で、演者のパフォーマンスを何倍にも引き立てます。

映像化が禁止されている作品となっている本作は是非、劇場でその濃密な密室劇の空気と、
結末へと向かう過程を自身の目で確かめてください。

【代表挨拶】

ゲネプロ開始前のフォトセッションにおいて、出演キャストを代表して
ジャイルズ・ロールストン役を務める主演の椿さんより、挨拶がありました。
椿さん「舞台『マウストラップ~ねずみとり~』、アガサクリスティさんの作品に僕達も携われて
本当に嬉しく思います。伝わっていると思うんですけど、正直めっちゃ緊張しているんですよ。
(この代表挨拶でも)真面目な事を言わなくて良いと言われたんですけど、堅い事を言っている方が
まだちょっと落ち着きます。イギリスで2万2千ステージ、行われて来て、ストレートプレイとしては
ギネス世界記録を持っている作品に僕達が携われた事は凄く嬉しく思います。
この物語に僕達は本当に凄く真摯に向き合って今日まで沢山稽古を重ねて来たので、
僕達の作り上げた作品を楽しんで頂けたらなと思います。公演を楽しんで下さい。」

世界一の上演回数を誇る密室殺人劇、その新たな扉を椿ジャイルズをはじめとした強力な面々が全力で演じます。

【舞台『マウストラップ~ねずみとり~』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
公演日程:2022年1月12日(水)〜1月23日(日)

<会場>
俳優座劇場

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>
前売:8,900円 当日:9,200円
(全席指定・税込)
※未就学児童の観劇不可
※車椅子でご来場されるお客さまは、チケット購入後にお名前・ご観劇回・座席番号を
ご観劇日の前々日までに stage.contact55@gmail.com までお知らせください。

<出演者>
ジャイルズ・ロールストン:椿泰我(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)
モリー・ロールストン:富田麻帆
パラビチーニ氏:鷲尾修斗
トロッター刑事:反橋宗一郎
ボイル夫人:伽代子
クリストファ・レン:松田将希

メトカーフ少佐:河相我聞

ミス・ケースウェル:釈由美子

<STAFF>
作:アガサ・クリスティ
翻訳:鳴海四郎
演出:元吉庸泰
ピアノ:桑原まこ
美術:乘峯雅寛
照明:郡大輔
音楽:桑原まこ
音響:金子翔一(ディスカラーカンパニー)
ヘアメイク:madoka
衣裳:小倉真樹
演出助手:荻原秋裕
舞台監督:中西隆雄
宣伝美術:石本寛絵(RouLette Planning)
宣伝撮影:岩間辰徳
web:河野真衣
宣伝:キョードーメディアス
制作:style office/De-LIGHT
上演ライセンス:シアターライツ
プロデューサー:米田基/夏樹弘
主催・製作:De-STYLE

© De-STYLE