©GARNET OPERA 2022製作委員会

西田大輔主宰「AND ENDLESS」にて本公演を重ね、2010年シアタークリエで上演し、
熱狂的なファンを生み出した『GARNET OPERA』。2022年1月、キャストを一新し、東京・大阪にて公演が決定。
本作は、生き抜くことで精一杯の戦国時代、第六天魔王・織田信長は天下布武の真っ只中、
家臣を集め、「ゲームするぞ。ルールは無用、勝つには己の宝を命をかけて奪い合うのみ」
というムチャ振りをする。木下藤吉郎(秀吉)、明智光秀、徳川家康、上杉謙信、武田勝頼、真田幸村など、
戦国オールスターが、それぞれの思いに向き合う間もなく命をかけた宝の争奪戦に巻き込まれていく物語です。
乱世と言われる戦国時代には現代に通ずる、もがきや苦しみ、そして喜びや楽しみなど、多くのドラマが存在します。

脚本・演出は原作者である西田大輔が務めます。西田ならではの演出で、戦乱の中でも
「楽しみながら本気で生きていく」姿をお届けします。
そして、織田信長役にはジャニーズ事務所の人気グループ「ふぉ~ゆ~」で活躍する、越岡裕貴が主演致します。
共演には、ジャニーズ事務所の後輩であり、ジャニーズJr.内のユニット「IMPACTors」のメンバーで、
今回単独での舞台出演は初となる横原悠毅が木下藤吉郎役に挑戦します!
さらに、2019年「仮面ライダーゼロワン」で滅 / 仮面ライダー滅役として人気を集めた砂川脩弥が
明智光秀役で織田信長に挑みます。その他、矢島舞美、片山萌美、山口大地、井澤巧麻、伊藤玻羅馬、
松田昇大、こぴ、護あさな、星 智也、根本正勝、村田充ら、個性豊かなキャストが揃いました。

2022年1月21日(金)、初回の公演に先立ち、公開ゲネプロと囲み取材が行われました。

【あらすじ】

時は戦国時代。人の命は軽く、生きるのに困難な世。
そんな戦国の世も、時に残虐ともいえる武力を持つ魔王・信長率いる織田軍団によって天下布武が進んでいた。
ある日、各地に散らばり主命に邁進する配下に魔王・信長より招集がかけられる。
後の太閤豊臣秀吉こと木下藤吉郎、織田軍筆頭・明智光秀、徳川300年の祖・徳川家康、
信長の居城安土に続々と集まる織田軍団。そしてそこには敵である戦国最強・上杉謙信、
常勝武田軍を率いる武田勝頼、日の本一の武士・真田幸村らも加わっていく。
一発触発、不穏な空気が漂う中、魔王・信長が一喝

「せっかく集まったんだゲームしようぜ」

一同の前に置かれる龍の刻印が記された宝箱。この宝箱を開ける鍵は参加者の持つそれぞれの宝。
魔王・信長も参加する戦国オールスターによる宝の争奪戦!
主君の参加でゲームに勝つことを半ばあきらめる藤吉郎、主君の真意を探ろうとする光秀、
織田憎しで燃え上がる勝頼、それをけしかける謙信。それぞれの思惑などお構いなしに魔王・信長はゲームの開始を宣言する。

「楽しめよ。・・・・・・・・但し、本気でな。」

【囲み取材の様子】

公開ゲネプロの終了後、舞台上にて織田信長の越岡裕貴さん、木下藤吉郎(秀吉)役の横原悠毅さん、
明智光秀役の砂川脩弥さん、お濃役の矢島舞美さん、煕子役の片山萌美さんの5名が登壇しての囲み取材が行われました。

Q:ゲネプロを終えての感想は?

越岡さん「舞台上で(全編を)通すのが今のゲネプロで初めてだったので、所々、(キャスト)一人ずつ、
何かしら(ミス)はあったかと思いますけど、本番に向けて改善をして、本番はより良い物をお客さんに
届けたいなと思っています。僕は衣装がぺらんぺらんとなっていたのが恥ずかしかったなと。
女の子じゃないんだけど、(まるでブラジャーが外れたみたいに)ぺらんぺらんとなってたのが恥ずかしかったです。」

横原さん「劇場で通すのもそうですけど、結構今日の本番直前まで結構、色々と変更もあったので、
このパッケージを通すこと自体が初めてだったので、ちょっとドキドキというか「あっ、ここは意外と俺は休めるんだ」みたいな。」

越岡さん「何の確認なんだよ(笑)」

横原さん「凄くやっていて楽しかったし、観ている人も凄く楽しい、何か感じるものがある
舞台なんだなというのはやりながら思いました。」

砂川さん「最初は凄く緊張をしていたんですけど、実際にやってみると凄く楽しくて、ゲネプロをやってみて
新しく生まれたものというか、「ここはこういう気持ちになるんだ」とか、新しいものに気付けたゲネプロだったので、
本番も積み重ねていって、色んな事に気付けるんじゃないかと思っています。楽しみにしていて下さい。」

矢島さん「やっぱり照明だとか、ここに入らないと分からない事がゲネプロでは全部有りで通せたので、
皆の一人一人のシーンを袖で聞いていながら、本当にグッとなりながら本当にバトンを繋いで繋いで
本番でも気持ちで頑張りたいと思います。」

片山さん「とりあえず誰一人、怪我も無く通して出来た事が一番だなと思いますし、コロナ禍で中々大変な中で
中止という事にもならず、沢山プレスの皆さんに来て頂けて、取材に立てるという事に
凄く感謝だなと思いながらのゲネプロでした。なのでそれをもっともっと大きく皆さんに観て頂ける様に頑張りたいと思います。」

Q:歴史上の超有名人物を演じる心境は?また周囲からの反応は?

越岡さん「先ず、お母さんに言いましたよ。「俺、織田信長やる」と先に伝えましたよ。
まさか人生の中で織田信長を演じるとは思っていなかったので、まさか演じさせてもらえるなんて
夢の様というか、僕はその時代の背景が好きなので。僕自身とはあまりキャラクターは似ていないなと
自分では思っているんですけど、一つ筋の通った織田信長を演じたいなとは思っています。
結構ビックリしていましたね。メンバーからの反応は、まさかふぉ〜ゆ〜の中で
織田信長を演じる奴が出て来るとは…というざわめきはありましたね。」

横原さん「僕も、この役をやるって決まって直ぐ、IMPACTorsのメンバーと一緒にいたので皆に言ったんですよ。
「木下藤吉郎をやるぞ、俺が」と言ったんですけど、(メンバーの)佐藤新だけあんまりピンと来ていなかったですね。
木下藤吉郎を豊臣秀吉だと分かっていなくて、「羽柴秀吉だよ」と言って分かった感じでしたね。
歴史上の偉大な人物をやる事なんてそうそう無いので、個人的には楽しいです。」

Q:殺陣が大変多い舞台だが、達成感と不安のどちらが大きいのか?

越岡さん「合計380〜400手近くはやっていると思うんですけど、多分「Endless SHOCK」でも
そんなに手数は無いので、(堂本)光一君を超えているんじゃないかな。400手近くはあるから
体がちょっとビックリします。(舞台上で殺陣を)やりはじめると、達成感や不安とかは余り考えていないので、
結構無我夢中でやっていますね。終わってからはドッと来ますけど。」

砂川さん「僕は、(越岡さんと横原さんよりは)殺陣が少ない方なので、僕も手数を数えてみたんですけど、
(2人は)その10倍位やっているなと。体力も凄いし、殺陣も凄く綺麗だし、役の中でも尊敬しているので。
実際、越岡さんは尊敬出来るからやり易いですよ。」

越岡さん「今のは太文字で絶対に書いて下さい。」

横原さん「役柄もあって、光秀さんとか家康とかと違ってあまり綺麗な殺陣じゃなく、腕を使ったり、
足使ったりという様に西田さんに付けるもらって、アグレッシブに動き回る殺陣なので、(舞台袖に)はけた時は
息が凄く苦しくて。序盤、殺陣を一回やってから連続でくるじゃないですか。」

越岡さん「「滝沢歌舞伎」でも結構やっているじゃない。」

横原さん「やっているんですけどまたちょっと違うんですよ。斬られ役とは。自分がメインとなって斬る方は初なんですよ。」

越岡さん「何時もはSnow Manに斬られてんのか。」

横原さん「そう、9人に斬られているんです。だからちょっと違う殺陣ですけど、
やっていて凄く楽しいですね。斬る方は新鮮ですね。周りでやってくれている方々もプロなので、
自分がこう、いきたいタイミングで来てくれるというのも、阿吽の呼吸じゃないですけど、
凄くやり易くて気持ち良いですね。」

Q:登壇者の中で唯一、殺陣が無い役だが、殺陣を行うキャストを見ての感想は?

片山さん「正直、こっしーさんや皆さん、物凄い殺陣をやっているのに疲れている様に見えなくて、
それが本当に凄いなと思っていて。しかも稽古の時はマスクをずっとしていたんですよ。
ほぼ、無酸素の様な状態でやられていたのに、(今日)やっている時は息も上がっていないので皆さん凄いなと。
特に舞美ちゃんは同じ女性から見ても凄く美しく舞っている様に殺陣をするので、そこは見所で、
女性が観てもカッコイイ、美しいと思いました。」

矢島さん「嬉しいですね。私も結構、殺陣をやらせて貰っているんですけど、この舞台は段が多いじゃないですか。
稽古場でも本当にヒヤッとする瞬間が何回かあったんですよ。衣装を着ると(裾を)踏んじゃったりとかもあるので、
気を付けながら無事に千穐楽まで怪我無く皆でいきたいなと思っています。」

Q:横原さんは初単独舞台出演となるが?また先輩の越岡さんから見た横原さんは?

横原さん「そのお話を頂いた時から、結構、不安よりもずっと楽しみが勝っていて、稽古中も楽しく出来たし
座長が越岡君というのもあって、凄く和気藹々とした稽古場の雰囲気だったので凄く楽しいですね。
元々、緊張するタイプじゃないというのもあるんですけど、凄く楽しめてやっています。」

越岡さん「生意気ですね。結構僕と歳の差、10年位違うのに結構僕に強く当たってくるんですよ。
僕が話しかけても「…はいっ、はいっ、そうですか」と携帯を弄りながらとかやるんです。
多分、彼なりのボケなんですけど、それをやられる時結構ショックなんですよ。
強いですよ〜。絶対にSnow Manにはしません。そんな対応を彼はしてきます。
でも本当に可愛い後輩でちゃんと一所懸命やっているので、僕はそうも言いつつ好きですね。」

横原さん「(越岡君が)構って欲しい感じが出過ぎて……」

越岡さん「そういう時はかまってよ!!!」

横原さん「僕の後半の見せ場となるシーンの練習を一緒にしてくれます。相手役の台詞をやってくれたりとか、
何なら途中、やり過ぎて、僕が相手役をやって越岡君が僕の台詞をやっているみたいな
よく分からない時間もありましたが、そういうのを一緒にやってくれたので凄く頼もしかったですね。」

Q:今作が20代のラスト出演作となるが、30代に向けての思いは?

矢島さん「2月6日までこの舞台は続くんですけど、2月7日が誕生日で。2自分でもいっぱい苦しみも沢山ありながら
藻掻き続けて走った20代で、30代になるのは凄く楽しみも沢山あるので、丁度この舞台でも、若い子や上の方も
沢山いたりで、そういうエネルギーを感じながらも上に引っ張ってもらったりとかもあるので、
私もそういう風に30代はちゃんと下の子達の良い手本になれる様に、引っ張っていける様に
今この瞬間は頑張りたいなと思っています。」

Q:今作は「宝」がキーワードだが、自身にとっての宝は?

越岡さん「(かなり喰い気味に)ファンの皆さんですね!これ一択です。本当に観に来てくれる方々は
本当に宝というか、その方達がいないと演劇って成り立たないので、こういう状況下の中でも
感染対策をして来て下さる皆さんが宝です。」

横原さん「やっぱりゲームですね。僕、ゲーム大好きなんです。あと、メンバーから
「初日おめでとう」と連絡を頂いたんですけど、他にも3人、個々に同時に別の舞台に出ているんですけど、
僕、舞台準備でバタバタしていたのもあって、(メンバーの)舞台が始まっていたのを知らなくて、
「そういえば皆に初日おめでとうって言ってない」と思って、皆、ちゃんとしてるんだなと思いました。」

砂川さん「背中を押してくれる人、です。ファンの方も勿論なんですけど、一緒に舞台を作っていくにあたって、
スタッフさんだったり、なんだったら生んでくれた親だったり、色々な物が重なって出来ているので
僕の背中を押してくれる人は宝であり、大好きな人達だなと思います。」

片山さん「……お金?お金ですかね。そのままです。3人が良い事を言ってくれたので、それかなって。」

矢島さん「私、愛犬がいるので、実家が遠いんですけどそれでも実家からここまで通う位、愛犬が愛おしいんですよ。
私と同じ誕生日で16歳になるんです。年寄なのに頑張って生きている!というのが毎日、
「ハァッ♡」ってなるんですよね。それが宝です。」

最後に来場者へのメッセージを

越岡さん「本日から『GARNET OPERA』始まります。スタッフ、そしてキャストの皆で
感染対策をしっかりして、より一層意識をして劇場に立とうと思います。
皆さん、お楽しみにしていて下さい。宜しくお願いします。」

【『GARNET OPERA』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年1月21日(金)〜1月30日(日)
大阪公演:2022年2月4日(金)〜2月6日(日)

<会場>
東京:EX TEATER ROPPONGI
大阪:森ノ宮ピロティホール

<公演時間>
約2時間40分(15分間の途中休憩を含む)

<料金>
11,000円
(全席指定・税込/東京・大阪共)

<出演者>
織田信長:越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)
木下藤吉郎(秀吉):横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)
明智光秀:砂川脩弥

お濃:矢島舞美
煕子:片山萌美
武田勝頼:山口大地
真田幸村:井澤巧麻
徳川家康:伊藤玻羅馬
前田利家:松田昇大
八重:こぴ

お市:護あさな
柴田勝家:星智也
足利義昭:根本正勝
上杉謙信:村田充

『アンサンブル』
書川勇輝
本間健大
和田啓汰
田上健太
佐藤佑樹
中土井俊允
沓掛龍一

<STAFF>
原作・脚本・演出:西田大輔
企画製作:GARNET OPERA 2022製作委員会

©GARNET OPERA 2022製作委員会