(左から)柚希礼音、新妻聖子、May J.、大谷亮平

本日、2022年1月21日(金)に、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて、ミュージカル『ボディガード』再演が開幕しました。
本作は、1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界中で大ヒットを遂げた映画
『ボディガード』を舞台化。2019年9月に本場英国キャストによる初の来日公演を果たし、2020年春に
新演出にて日本キャスト版の初演を東京・大阪にて予定していましたが、コロナ禍の影響で政府からの要請に基づき
東阪で予定の33回公演の内、大阪公演5回のみの上演となり、殆どの公演回が中止となりました。
そして、この度、待望の再演が遂に実現。大阪公演を経て、東京公演は、2月8日(火)より
東京国際フォーラム ホールCで開幕。開幕に先駆けて、1月20日大阪にて、レチェル役をトリプルキャストで演じる
柚希礼音・新妻聖子・May J.、フランク役の大谷亮平、ビル役の内場勝則による取材会を行いました。

【2022年1月20日(木)取材会コメント抜粋】

撮影:岸隆子

レイチェル・マロン役:柚希礼音(トリプルキャスト)
「2年前は、5公演で中止となってしまいましたが、こうしてまた集まることができ、本当に感謝しています。
見守って下さる方にも感謝。本当に、感謝の気持ちのひと言です。
お客様には背を向けないレイチェルの姿と、自分自身が長い間舞台に立ってきた思いを重ねながら演じたい。」

撮影:岸隆子

レイチェル・マロン役:新妻聖子(トリプルキャスト)
「私たちが2年越しに集えたことを感謝すると共に、今回May J.さんや新しい仲間が加わり、
皆でミュージカルをお届けできることに幸せを感じています。お客様には、この舞台を観ている瞬間は、
夢の時間に浸っていただき、劇場を出られる時にはハッピーな気持ちで素敵な明日に繋げていただければ良いなと思います。」

撮影:岸隆子

レイチェル・マロン役:May J.(トリプルキャスト)
「今回、初主演で、これだけ長いセリフを沢山覚えるのも初めてなので、お芝居の部分も
すごく厳しく指導していただきました。いつもは歌手としてステージで歌っていますが、
レイチェルという役を演じる中で歌うとなると、歌も気持ちも全然違います。
その変化を皆さんに感じていただけたら嬉しいです。」

撮影:岸隆子

フランク・ファーマー役:大谷亮平
「命がけで“レイチェル三姉妹”を守ります。たとえ舞台装置が倒れてきても守るという気持ちで
臨んでいきたいと思います。大変な状況だからこそ、スタッフ・キャスト一人一人が健康で、
無事に公演を走りたいです。ボディーガードのカンパニーを守りたいです!」

撮影:岸隆子

ビル・デヴァ二―役:内場勝則
「(吉本新喜劇とは全く違う姿が見られる?という質問に)もちろんです!ギャグ一切無し、
おチャラケもダメ、大阪弁もダメ。体を張っては守れないけど、違う側面でレイチェルを守ります。」

【あらすじ】

撮影:岸隆子

レイチェル・マロン<柚希礼音・新妻聖子・May J.(トリプルキャスト)>は、姉のニッキー・マロン
<AKANE LIV>と共にオスカー賞を目指す、歌手であり女優でもあるスーパースターである。

(左)サイ・スペクター役:猪塚健太(右)トニー・シべリ役:大山真志 撮影:岸隆子

彼女は数か月前から、謎のストーカー<入野自由>に付きまとわれ、周りでは不審な出来事が続いていた。
そこで、個人でボディガード業を営んでいるフランク・ファーマー<大谷亮平>に、彼女の身辺警護の白羽の矢が立つ。
しかし、フランクの存在は、オスカー賞レースのためレイチェルの露出を高めたい広報担当のサイ<猪塚健太>、
古参ボディガードのトニー<大山真志>の反発にあう。何より、緊迫した状況にも関わらず、フランクを邪魔者扱いし、
忠告を聞こうとしないレイチェル。彼女の態度に、フランクは依頼を断ろうとする。
しかし、身勝手から危険な目にあったところをフランクに救われ、レイチェルは彼に深く感謝をし、信頼を置くようになるのだった。
急速に距離を縮める二人だったが、フランクは依頼人と深い仲になることに躊躇し、けじめをつけようとレイチェルを突き放す。
思い合っているのに、すれ違う二人・・・。
レイチェルとフランクの関係には亀裂が生じ、警護に支障をきたすようになってしまう。

ストーカー役:入野自由 撮影:岸隆子

スターとして走り続けるレイチェル。任務遂行に身を捧げるフランク。狂気を増していくストーカー。
家族が、仲間たちが、愛情、友情、恐怖、嫉妬、欲望がうずまく複雑な感情に揺り動かされていく―

ミュージカル『ボディガード』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
大阪:2022年1月21日(金)〜1月31日(月)
東京:2022年2月8日(火)〜2月19日(土)

<会場>
大阪:梅田芸術劇場メインホール
東京:東京国際フォーラム ホールC

<公演時間>
約2時間30分(25分間の途中休憩を含む)

<料金>
S席13,500円 A席9,500円 B席5,500円
(全席指定・税込)

『問合せ』
梅田芸術劇場(10:00~18:00)〔大阪〕06-6377-3800 〔東京〕0570-077-039

<出演者>
レイチェル・マロン:柚希礼音、新妻聖子、May J.(トリプルキャスト)
フランク・ファーマー:大谷亮平
ニッキー・マロン:AKANE LIV
ストーカー:入野自由
サイ・スペクター:猪塚健太
トニー・シべリ:大山真志

ビル・デヴァ二―:内場勝則

フレッチャー:大河原爽介、福長里恩、重松俊吾(トリプルキャスト)

青山航士
飯田一徳
小山銀次郎
宮垣祐也
加賀谷真聡
鹿糠友和
落合佑介
杉浦小百合
吉元美里衣
橋本由希子
HitoMin
杉原由梨乃
原田真絢
斎藤葉月

「スウィング」
新井健太
江崎里紗

<STAFF>
原作:ローレンス・カスダン作 ワーナー・ブラザース映画「ボディガード」
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
訳詞:森雪之丞
翻訳:阿部のぞみ
編曲:クリス・イーガン
演出・振付:ジョシュア・ベルガッセ
ミュージカルスーパーバイザー・ヴォーカルアレンジメント:リチャード・ビードル
音楽監督:小澤時史
美術:二村周作
照明:勝柴次朗
音響:山本浩一
衣裳:十川ヒロコ
ヘアメイク:田中エミ
歌唱指導:満田恵子
アクション:西村陽一
演出補:伴・眞里子
振付補:飯作絵梨子
通訳:角田美知代
音楽監督助手:大隅一菜
美術助手:伊従珠乃
照明助手:小沢淳
衣裳助手:大西理子
演出助手:玉置千砂子
舞台監督:山貫理恵
ミュージシャンコーディネート:新音楽協会
ロンドン・ウェストエンド・オリジナル版プロデューサー:マイケル ハリソン エンタテイメント/デビッド イアン プロダクション
主催:梅田芸術劇場/アミューズ/フジテレビション/関西テレビ放送/トリックスターエンターテインメント/読売新聞社
協力:TBSラジオ(東京公演)/ABCラジオ、FM802、FM COCOLO(大阪公演)
企画・制作:梅田芸術劇場