© 松本零士・東映アニメーション ©『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会

© 松本零士・東映アニメーション ©『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会

漫画家の松本零士原作の漫画が1977〜1981年にかけて連載、1978年にはテレビアニメが
フジテレビ系列にて放送開始、その翌年には劇場アニメ化がなされ、
裕福な人々が機械化人となり永遠の命を謳歌する未来世界を舞台に
機械伯爵に母を殺された主人公・星野鉄郎が謎の美女メーテルとともに
銀河超特急999号に乗り込み、機械の体をくれる星を目指して宇宙空間を旅するという、
松本氏が自他共に認めるSF漫画・テレビアニメ・アニメ映画の金字塔、「銀河鉄道999」。

今回のミュージカルでは邦画収入第一位の記録を持つ劇場版第一作『銀河鉄道 999』(1979年)をモチーフに
漫画やアニメ・映画で語られていないキャラクターの過去をオリジナルストーリーに加えて、
作品のテーマである「限りある命(人間)・永遠の命(機械の体)」について描きます。
演出にはドイツ作品を数多く手掛ける新進気鋭の演出家・小山ゆうなが担当。
脚本・歌詞には『ジャージー・ボーイズ』『デスノート The Musical』など
数多くの脚本・作詞・訳詞・台本の翻訳を手掛けてきた高橋亜子を起用し、本格ミュージカルに挑みます。
そして音楽監督には映画『銀河鉄道999』の主題歌を始め、「ガンダーラ」「モンキーマジック」と
数々の爆発的ヒットを世に送り出すゴダイゴのミッキー吉野を迎えさらに彩りをのせていきます。

そして主人公・星野鉄郎役には、デビューの翌年、日本初演ミュージカル『モーツァルト!』で主役に抜擢され、
ミュージカル界のトップを走り続ける俳優、中川晃教。初演から演じ続け松本零士からも絶賛された
16歳の鉄郎に期待が高まります。メーテル役には、宝塚歴代最長記録となる通算12年3か月間
娘役のトップスターとして数々の名作に主演、退団後も2016年には菊田一夫演劇大賞を
史上最年少で受賞するなど実力派女優の花總まり。機械伯爵役には、「仮面ライダーフォーゼ」で
俳優デビューし、 2.5次元ミュージカルなどに多数出演し人気を誇る俳優佐藤流司。
ガラスのクレア役には、2016年にAKBを卒業し、話題のミュージカルに出演し注目を集める女優、梅田彩佳と
人気と実力を備えた豪華メンバーが集結。さらに徳永ゆうき、藤岡正明、矢沢洋子、松本梨香、
北翔海莉、三浦涼介とあらゆるジャンルから最前線で活躍するキャストによるミュージカルがここに誕生。
踊りや歌唱力も抜群のキャストによる『銀河鉄道999』にどうぞご期待ください。

2021年10月の公演発表から約7か月、2022年4月8日(金)、東京都新宿区の日本青年館ホールにて、
初日の公演に先立ち、公開ゲネプロが行われました

【あらすじ】

未来社会。人類は肉体を機械に変えることで永遠の命を手に入れていたが、
貧しき者たちは高価な機械の身体を買えずに虐げられていた。
そんな中、母を機械伯爵に殺された少年・星野鉄郎は、謎の美女メーテルと共に、
機械の身体をタダでくれる星を目指して銀河鉄道999に乗り込む。
遙かなる銀河の旅の中、鉄郎はハーロック、 クイーン・エメラルダス、大山トチローなどとの出会いや、
機械伯爵の意外な過去に触れ、限りある生命の美しさに気づいていく。
さらに鉄郎の真っ直ぐな心は、 メーテルにもある大きな決意をさせるのだった――。

2021年10月14日に上演決定の報が流れた『銀河鉄道999 THE MUSICAL』。
説明不要の名作の本格ミュージカル化に原作漫画ファン、アニメファンや以前上演された
『舞台「銀河鉄道999」』ファンからも熱い視線が注がれていた注目作でしたが、
同年12月18日夜に本作にメーテル役で出演を予定していた俳優の神田沙也加さんが
突然の急死という訃報が飛び込みます。ヒロイン役の死去という、上演続行は絶望的ともいえる状況下へと
置かれた本作ですが、神田さんの事務所関係者との話の中で開催を後押しする言葉をいただいた、
という理由もあり、2022年1月26日に『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会は公演の実施を発表。
そして同年2月7日に神田さんの代役として元宝塚歌劇団の雪組娘役トップスターである花總まりさんの出演が発表されました。
神田さんとの共演歴があり、彼女が憧れ、目標としていた大先輩だったという花總さん。
「お話を頂いた時、どうしたら良いのか判断がつかず、とても悩みました。
けれども、もしこの公演が中止になってしまったらさーやの舞台への想いも一緒に消えてしまいそうな気がしました。
もし少しでも、誰かのため、何かのために自分が力になれるのであればと思い、
とても悩みましたがこのお話をお受けする事にいたしました。
沢山の方に愛されたさーや。大好きなさーや、いつも舞台に誠実に向き合っていたさーや。
さーやと一緒に、心を込めて精一杯メーテルを生きたいと思います。」とのコメント(一部抜粋)を
発表していましたが、それから約2か月、カンパニーは遂に公演初日を迎える事に。

本格ミュージカルの名に恥じない、高いレベルのミュージカルキャスト(中には現役の演歌歌手も)による
歌唱にのせて約2時間45分の公演中には27曲(リプライズを含む)が披露されます。
楽曲制作は、日本を代表するバンド「ゴダイゴ」のリーダーにして本作の音楽監督を務める
音楽家のミッキー吉野氏が本作の音楽制作のために結成した「Team 999」が担当。
大規模グランドミュージカルの様な重厚でスケールの大きなサウンドから、軽快でコミカルなテンポ良い楽曲まで、
ミュージカルというよりも映画音楽に近い音作りに、大人も子供も劇中の世界へと引き込まれていくことでしょう。
本作のテーマ曲となる「マイ・ディグニティ」は第一幕冒頭に星野鉄郎がメーテル共に999号で地球を出発をするシーンで
鉄郎役の中川晃教さんによる力強い歌唱をはじめとし、リプライズやアンダースコアとして複数回歌唱され、
特に印象的な一曲として観客の脳裏に残る筈。そして映画のみならず、銀河鉄道999の作品全体を象徴する
ゴダイゴの大ヒットナンバー「銀河鉄道999」がカーテンコールとしてオールキャストでの歌唱がなされます。
一体どの様な編曲がなされているのかは……ぜひとも、劇場で直で耳に通して欲しい所。
今作の物語の大筋は1979年8月公開の映画「銀河鉄道999」のものをなぞっている形とはなりますが、
今回の特筆点は、鉄郎の母を殺害した機械伯爵の過去がオリジナルストーリーとして描かれている所。
劇中第一幕中盤、ワープを行っていた999号が時空の歪みに飲み込まれて車両制御不能となり、
星全体が工場だらけの「惑星マスプロン」へと不時着。そこで鉄郎は機械化人のリューズ(矢沢洋子)と
彼女との恋に落ちたブライダー(佐藤流司)等に機械化人も人間も中身が大事だと教えられます。
そして鉄郎とブライダーが二人共所持している❝ある物❞によって、ブライダー等に時空を超えて出会えたと興奮する鉄郎。
しかしその物語の行く末は第二幕にてあまりにも悲しい形で決着をするのですが……。

【出演者コメント】

公演開幕に際し、主要キャストより初日に向けてのコメントが出されています。

星野鉄郎役:中川晃教
「「銀河鉄道999」は、世界中にたくさんのファンがいる偉大で、とても愛されている作品です。
今回は音楽劇ではなくミュージカル化ということで、身の引き締まる思いと、
いい作品にしたいという情熱とどちらもが入り混じって挑戦させていただいています。
日本青年館にお越しくださるお客様に、鉄郎やメーテルをはじめ、宇宙の大冒険に登場する
全キャラクターに注目していただきながら、登場人物たちに共通する命尽きるまで終わらない人生と
お客様ご自身の人生を重ねながら観ていただけたらと思います。」

メーテル役:花總まり
「足りない時間の中で、一生懸命この作品と向き合い、キャスト一同、力を合わせて
『銀河鉄道999 THE MUSICAL』を創ってまいりました。
神田さんの想いを載せて、自分なりのメーテルを届けられればと思います。」

機械伯爵役:佐藤流司
「ついに幕が上がりますね。今これ場当たり中に書いているんですけど、照明の感じとかめっちゃ綺麗です。
ここまで来ても更に変更を重ねよりブラッシュアップしております。最後まで手を抜かず気を抜かず、
素晴らしいものをお見せするためカンパニー一同頑張っております。もう少しで完成です、期待してお待ちください。」

クイーン・エメラルダス役:北翔海莉
「一年前にこの作品のお話を伺ってから、エメラルダスに挑戦できることを凄く楽しみに準備しておりました。
今回は強いエメラルダスというよりは、トチローへの想いを表現するシーンが多いので、
甲冑の中の女性の繊細な部分を頑張って表現したいと思います。」

キャプテン・ハーロック役:三浦涼介
「お稽古場を経て、ついに日本青年館へ辿り着きました。お稽古期間は約1ヵ月。
演出、小川さんを筆頭に中川さんをはじめ個性豊かで素晴らしい俳優の皆様、スタッフの皆様と時間を過ごす中、
日々、最高のエンターテイメントをお届けすべく素敵な時間を過ごす事が出来ました。
劇場に入りステージで空間を感じ場当たりを充実させてまいりました。
初日から千秋楽まで精一杯に心を籠めて演じ、この999の世界と共に、演劇の旅にでます。どうぞよろしくお願い致します。」

【生配信決定】

『銀河鉄道999 THE MUSICAL』4月18日(月)12:00開演の千秋楽公演の生配信が決定。

詳しくはこちら

【銀河鉄道999 THE MUSICAL 公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年4月8日(金)〜4月18日(月)

<会場>
日本青年館ホール

<上演時間>
約2時間45分(20分間の途中休憩を含む)

<披露楽曲>
M1:スターダスト・ジャーニー(回想)
M2:メガロポリス
M3:マイ・ディグニティ
M4:999のルール
M5:ギャラクシーララバイ
M6:ワープ 〜 スターダスト・ジャーニー
M7:ブルー・アゲイン
M8:高らかに歌え、愛を!
M9:大宇宙の謎(ショートヴァージョン)
M10:氷の中へ
M11:迷いの星
M12:大宇宙の謎(フルヴァージョン)
M13:銀のかけら
M14:マイ・ディグニティ(リプライズ)
M15:機械伯爵の正体
M16:最後の願い
M17:あなたの声
M18:マイ・ディグニティ(バトルのアンダースコア〜バラードヴァージョン)
M19:ブルー・アゲイン(リプライズ)
M19A:ブルー・アゲイン(アンダースコア〜トランジション)
M20:人生は最高だ
M21:想いの迷宮
M22:惑星メーテル(インストゥルメンタル)
M23:女神の心
M24:るつぼ
M25:もしこれが愛じゃないなら
M25C:あなたの声(リプライズ)
M26:命のちから
M27:銀河鉄道999

<料金>
S席13,800円 S席(非売品グッズ付)16,800円 A席9,900円
U-25チケット6,600円
※U-25チケット:当日座席指定券引換、要身分証明書、チケットぴあにて一般発売日からの取扱い
※非売品グッズ:Tシャツ、トートバッグ他 ※非売品グッズの内容は変更になる場合があります。
※S席(非売品グッズ付)は、S席と同じ座席エリアです。

<出演者>
星野鉄郎:中川晃教
メーテル:花總まり
機械伯爵:佐藤流司
クレア:梅田彩佳
車掌:徳永ゆうき

大山トチロー:藤岡正明

リューズ:矢沢洋子
プロメシューム:松本梨香

クイーン・エメラルダス:北翔海莉

キャプテン・ハーロック:三浦涼介

伊藤広祥
植木達也
木暮真一郎
田中しげ美
中島大介
三浦孝紀
安里唯
木南清香
坂口杏奈
真田慶子
原広実
望月ちほ
(男女別50音順)

<STAFF>
原作:松本零士
脚本・作詞:高橋亜子
演出:小山ゆうな
音楽監督:ミッキー吉野(ゴダイゴ)
音楽:Team999(高妻健太郎、HARUKA KANATA、Yuya Morimoto(森本雄也)、Takaki Matsui(松井喬樹))
振付:川崎悦子、八子真寿美
美術:乘峯雅寛
映像:ムーチョ村松(トーキョースタイル)
照明:日下靖順(ASG)
音響:大野美由紀
殺陣:奥住英明(T.P.O.office)
特殊造形:林屋陽二
ヘアメイク:伊藤こず恵
衣裳:チャコット、石井綾子
アンサンブル衣裳プランナー:菅谷ミニーEIKI
歌唱指導:西川光子
稽古場ピアノ:久野飛鳥
舞台監督:岩戸堅一(アートシーン)
宣伝デザイン:金ゆんみ(Age Global Networks)
WEBデザイン:秋山佳啓(ドロップマン)
映像収録:鈴木邦智(ケイエスプロジェクト)
宣伝:金井智子(る・ひまわり)、関真恵(る・ひまわり)、荒川靖子(る・ひまわり)、秋山美優(る・ひまわり)
広報:木村陵子(Age Global Networks)
キャスティング:田口智博(Age Global Networks)
プロデューサー:高屋潤子
プロデューサー補:村井聖羅(Age Global Networks)
制作:新井真理子(ABC&SET)、小林諸生(ABC&SET)、倉重千登世、有賀美幸、鈴木晴子
製作統括:加藤英治(Age Global Networks)
実行委員長:清水慎治(東映アニメーション)
スーパーバイザー:三田光政(明治座)
協賛:Tenshodo®/SYUSON AGOLA MUSIC
コンタクトレンズ協力:Perfect Series
協力:松本摩紀子(零時社)
主催:『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会(東映アニメーション/Age Global Networks/ぴあ/テレビ朝日/明治座/文化放送/東京音協)

© 松本零士・東映アニメーション
©『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会