主演:山崎育三郎

『ピーターパン』を生み出した作家と、彼を囲む人々の物語を描く、感動のミュージカル
『ファインディング・ネバーランド』が2023年5月に開幕決定。主演は山崎育三郎、演出は小山ゆうなが手がけます。

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』は、ジョニー・デップ主演で2004年(日本では2005年)に
公開された同タイトルの映画(邦題「ネバーランド」)をミュージカル化した作品。
映画はアカデミー賞7部門にノミネート・作曲賞を受賞、ミュージカル版は2015年にブロードウェイで開幕し、
多数メディアから「何年も心に残るであろう必見の舞台」と絶賛された人気作。

物語の主人公は、名作『ピーターパン』の作者である劇作家J・M・バリ。スランプから抜け出せないバリが、
ある家族に出会い、子供たちとの出逢いを通じて物語を書き上げ、劇場で『ピーターパン』を上演するまでを描いた、
実話に基づくストーリー。大人になってしまった誰もが、遊び心を取り戻し、夢見ることを思い出すことができる感動の物語。

2017年には東急シアターオーブにてツアー版招聘公演が上演され、大好評のうちに幕を閉じた。
音楽を手掛けるのは、イギリスの人気ポップスグループ「テイク・ザット」のゲイリー・バーロウと、
グラミー賞受賞作曲家でシンガー・ソングライターのエリオット・ケネディ。心を虜にする楽曲、
ほのぼのとした笑いと愛の物語が詰め込まれた、どんな世代でも楽しめるブロードウェイの人気作が、
日本人演出家により、新演出バージョンで上演。
ダイアン・パウルスによる演出版以外の新バージョンで上演されるのは今回が初めてとなります。

演出:小山ゆうな

主演を務めるのは、山崎育三郎。ミュージカル界のトップを走り続けながらも、映画やドラマでも人気を博し、
トークバラエティ番組での司会を務めるなど、多方面で活躍している。新作ミュージカルへの出演は、
『プリシラ』以来7年ぶりとなる。長年ミュージカル界を牽引してきた山崎育三郎が臨む本作に、期待が高まります。
演出は、第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し、ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』
『ローズのジレンマ』『COLOR』など話題作を次々と手掛ける実力派、小山ゆうな。
東京公演は2023年5月上演。その後ツアー公演が予定されています。

【あらすじ】

19世紀後半のイギリス。新作戯曲が書けずに行き詰まっていた劇作家J・M・バリは、公園で、
未亡人シルヴィアと4人の子ども達ジョージ、ジャック、ピーター、マイケルと出逢う。
彼らと遊ぶうちに純粋で正直な気持ちを思い出したバリは、「演劇」も「遊び」も同じ
「PLAY」なのだと気がつき、物語をどんどん生み出していく。しかし、当時のイギリスでは、
演劇は上流階級だけのもので、バリが「子供も楽しめるファンタジー作品を上演したい」と提案すると、
劇場主のフローマンと劇団員たちは猛反対。一方、父を亡くしてから純粋な心を閉ざし
”大人”になろうとしていた三男のピーターは、バリと交流を深めるうちに、夢や希望を捨てることが
大人になることではないのだと悟る。バリとシルヴィアは、シルヴィアの母の
デュ・モーリエ夫人に反対されながらも交流を深め、お互いを理解し心を開く関係になっていく。
こうしてバリは、シルヴィアと子供たちと一緒に空想した世界を基に『ピーターパン』の物語を作りあげていく。
最初は反対していた劇団員たちも、次第に子供の頃の純粋な気持ちを思い出し、バリの描く世界に引き込まれていく。
順風満帆かに思えたが、シルヴィアの体調が悪化し、バリと兄弟たちは新たな試練に直面することになる。
そして迎えた新作舞台『ピーターパン』の公演初日。『ピーターパン』という永遠の物語を生み出した一人の作家と、
彼を囲む人々の、美しく、優しく、切ない、感動の物語。

【出演者・演出家コメント】

主演:山崎育三郎
「僕にとって7年ぶりの新作ミュージカルへの出演になります。
こんな素敵な作品をずっと待っていました。
ブロードウェイ版『ファインディング・ネバーランド』を観させていただきましたが、
演出、脚本、振付、音楽、全てに引き込まれ、気が付けば作品の虜になっていました。
久しぶりにミュージカル作品を観て涙が溢れ、心を打たれて、自分にとって大切な人を
改めて考えさせられました。そんな魅力的な作品に出演させていただけることを心から光栄に思います。
主人公である劇作家のバリは、自分の感性を信じ、芸術家として作品に誠実に挑んでいます。
想像力や好奇心を大事に突き進むバリに、とても魅力を感じています。この作品のテーマでもある「想像力」は、
人生を豊かにするためのヒントが隠されていると思います。ピーターパンの誕生物語を描いた作品ですが、
子供達には勿論、元子供だった皆さんにこそ観ていただきたいミュージカルです。
新演出版では日本初演となりますので、新しいカンパニーの皆さんと稽古場で一つ一つ丁寧に作り上げていき、
長く愛される作品にしたいです。どんな方にも寄り添い、忘れかけていた大切なものをお届けします。
劇場でお待ちしています。」

演出:小山ゆうな
「『ファインディング・ネバーランド』は、今も毎年、話題作を送りだしている劇作家ジェームズ・グラハムの台本に、
ゲイリー・バーロウとエリオット・ケネディによる作曲・作詞という、豪華なチームが生み出した作品です。
2017年来日公演時の盛り上がりも記憶に新しく、演出的にも最高の形で完成されていたであろうこの作品を、
今、ここで、上演するにあたって、どのような形で山崎育三郎さんをはじめとする
新しいキャスト・クリエイターのメンバーと創作していけるかじっくり考えて準備していきたいです。
本作は、映画「ネバーランド」から着想を得てミュージカル化された作品ですが、この映画の原作となった戯曲
『The Man Who Was Peter Pan』は、以前に翻訳した『Little Women―若草物語―』の脚本家でもある
アラン・ニーが書きました。彼の作品には温かさ、力強さ、美しさ、遊び心が溢れています。
この全ての作家達・作曲家・作詞家の研ぎ澄まされたセンスとユーモアと素晴らしい言葉と音楽を
大切に楽しんで頂ける素敵な作品を作れるようベストを尽くせればと思っております。」

【ファインディング・ネバーランド』上演歴】

■2014年7月23日〜9月28日
マサチューセッツ州ケンブリッジ、アメリカン・レパートリー・シアターにて世界初演
■2015年3月15日〜
ブロードウェイ・プレビュー公演33公演
■2015年4月15日〜2016年8月21日
ブロードウェイ公演565公演
<海外メディア>
ブロードウェイ大手演劇サイトBroadway.comの観客が選ぶベストミュージカル賞を受賞
「子供心を魅了する。 息を飲むほどのヒット作」(タイムマガジン)
「何年も心に残るであろう必見の舞台」(ヴォーグ)
■2016年10月〜2018年
1st全米ツアー
■2017年9月
日本公演(ツアー版招聘)
■2018年秋〜2020年春
2nd全米ツアー

【ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2023年5月〜6月
※その後ツアー公演あり

<会場>
東京:未定

<上演時間>
未定

<料金>
未定

<出演者>
主演:山崎育三郎

<STAFF>
原作:デヴィッド・マギー脚本によるミラマックス映画作品 アラン・ニーによる戯曲『The Man Who Was Peter Pan』
台本:ジェームズ・グラハム
作曲・作詞:ゲイリー・バーロウ&エリオット・ケネディ
演出:小山ゆうな
主催:フジテレビジョン/キョードー東京/ホリプロ
企画制作:ホリプロ