スペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』が、今秋9・10月にシアターコクーンにて上演されることが決定。
出演は、木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けいほか。演出は杉原邦生。4人のキャストからコメント映像が寄せられました。

本作は実際に起きた事件を元に1932年に執筆され、翌年にロルカ自身の演出によりスペインで初演、
同年にアルゼンチンでも上演されたロルカの3大悲劇の1作。
舞台はスペインのアンダルシア地方。婚約した一組の若い男女が互いの家族の期待を背負いながら
結婚式を迎えようとする姿、そしてそこに現れた花嫁の昔の恋人がすべてを変えてしまう抑えきれない愛を描きます。
数奇な血の宿命、言葉では説明のつかない愛と衝動、地の因習に縛られた男たちの闘い女たちの戦い・・・
絡み合う事象が、ドラマを生んでいく。今の時代に圧倒的に足りない、“生身の人間のむき出しの熱情”を
舞台上から浴びることができる、情熱的な演劇作品。

本作の演出は、国内外の戯曲だけでなく歌舞伎の演出も手掛けるなど、演劇界から熱い注目を浴びる気鋭の演出家、杉原邦生。
また今回の上演のために、スペイン演劇の翻訳を多数手がけてきた田尻陽一氏が新たに翻訳し2022年版の上演台本を完成させます。
スペイン最高の詩人とも謳われたロルカがこの戯曲の随所に組み込んだ韻文、詩的な言葉をどのように表現するかも見どころの一つ。
杉原はここに音楽を融合させた表現も取り込んでいきます。彼のの感度の高い美意識と大胆な演出、
そして繊細な人物解釈により創りあげられる、新たな「血の婚礼」に期待頂きたい。

(左より)木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けい

出演キャストにも、 確かな実力を持つ俳優陣が顔を揃えました。
一人の女性を奪い合うレオナルドと花婿を演じるのは、ミュージカルは勿論のこと近年では
ストレートプレイや映像でも存在感を放つ木村達成と、幅広い作品で活躍する実力派となった須賀健太。
それぞれ今までにない情熱的な男に挑戦。かつては『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!』で共演し
バディとして抜群のコンビネーションをみせた2人ですが、本作では命を懸けて争う、ライバル同士を演じることに。
レオナルドと花婿の間で揺れ動く花嫁役には、早見あかり。ももいろクローバーを脱退後は本格派女優に転身、
NHKの朝ドラなどで注目を浴び、その後もバラエティ、映画やドラマなど広く活躍。
そして、息子を溺愛する“花婿の母親”を演じるのは、安蘭けい。これまでもこの世を超越した役柄から
優しい母親役まで広く演じ評価されてきたカメレオン女優が、今回はどのように、
”夫と息子を殺され狂気に満ちた”母親役を演じるのか、こちらも見逃せません。
東京公演は今秋2022年9月15日(木)〜10月2日(日)Bunkamuraシアターコクーンにて上演、 その後大阪公演を予定。

【あらすじ】

南スペインのアンダルシア地方の、とある村。母親(安蘭けい)と二人暮らしの“花婿”(須賀健太)は、
父親と二人暮らしの“花嫁”(早見あかり)と結婚したいという想いを母に告げた。
母親は、溺愛する息子の成長を喜びつつも、ただ一人の家族の旅立ちに複雑な想いが残る。
花嫁は優しく家庭的な娘と聞くが、気にかかる噂があるのだ。息子と恋仲になる以前、
心を通わせた男がいるという。男の名はレオナルド(木村達成)。
かつて、レオナルドの一族に母親の夫と長男は殺されたのであった。
レオナルドは花嫁から別れを告げられその従妹と意に添わぬ結婚をし、今は妻子と姑と暮らしていた。
花嫁は、過去を捨て花婿と幸せな家庭を築くと固く決意していた。しかし、花嫁の目の前に現れたのは、
かつての恋人・レオナルド。激しく心が揺さぶられる花嫁。忍び寄る不穏な闇・・・。
2人の男の愛がひき起こす、婚礼の日に起きる悲劇とは―ー。

【出演者コメント】

レオナルド役:木村達成
「出演が決まった時は、また須賀健太さんと共演できると聞き、大変嬉しく思いました。
以前別作品で共演した際は、本当に多くの時間を一緒に過ごしました。少し緊張もありますが、
楽しく、闘志を燃やしながら、一緒に作品を創っていきたいです。
本作品はストレートプレイではありますが、詞のような台詞があり、そこは少し歌うかも、、?
という話を聞いています。どんな作品になるかはまだこれからですが、楽しみにしていて下さい。
熱く、胸を打たれる作品で、現代でも起こりうるお話だと思います。皆さま是非、劇場でお待ちしております。
宜しくお願いします。」

花婿役:須賀健太
「『血の婚礼』は、人間らしさや普遍的な部分が描かれている作品だと思います。
特に本作品で楽しみにしているのは、木村達成さんとの再共演です。
以前は、ライバルでもあり仲間でもあり、お互いを高め合うような役でしたが、
今回は1人の女性を取り合います。全く違う役柄ですので、新たな関係値を楽しんで頂けるのではと思います。
シアターコクーンという、素晴らしい劇場にまた立たせて頂けることも、大きな喜びです。
是非、劇場にいらして頂ければと思います。宜しくお願いします。」

花嫁役:早見あかり
「戯曲を読む前は、難しいお話だというイメージを持っていましたが、読み進めるうちに
現代と表現の仕方は違っても、これは「愛」がテーマの作品なのだと思い、ひき込まれていきました。
まだ他キャストの皆さんにもお会いしておらず、上演台本も読んでいない状況ですが、
今後皆さんとお稽古をして、愛という大きなテーマと向き合いながら、
一緒に作品を創っていけることを、楽しみにしております。
このような時代ではありますが、「愛とは何か」というお話を、是非、
劇場でご覧頂ければと思います。宜しくお願いします。」

母親役:安蘭けい
「この『血の婚礼』という戯曲については、重く、救いようの無いお話であった印象が強く残っています。
今回は、杉原邦生さんによってどのように演出されるのか、それによって印象も変わってくるかと思うので
楽しみにしています。明るいお話とは言い難いですが、人間の深いところを炙り出すような作品で、素晴らしい戯曲です。
世の中が大変な時期ではありますが、エンターテインメントの力で少しでも夢や希望を与えられるように頑張りますので、
是非、観にいらしてください。劇場でお待ちしております。」

【舞台『血の婚礼』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年9月15日(木)〜10月2日(日)
※その他大阪公演有り

<会場>
東京:Bunkamuraシアターコクーン

<上演時間>
未定

<料金>
未定

<出演者>
木村達成
須賀健太
早見あかり
安蘭けい
ほか

<STAFF>
原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
翻訳:田尻陽一
演出:杉原邦生
音楽:角銅真実、 古川麦
ほか
主催・企画制作:ホリプロ