2018年米国トニー賞で作品賞を含む10冠を制した『バンズ・ヴィジット』が、2023年2月、
ついに日生劇場で日本初演を迎えます。演出は森 新太郎、出演は風間杜夫、濱田めぐみ、ほか。

2018年、米演劇界の最高名誉であるトニー賞授賞式は、異様な雰囲気に包まれた。
その理由は、一本のミュージカルが、ノミネートされた11部門のうち、作品賞を含む10部門を独占したからである。
その作品の名は『The Band’s Visit』。2007年に公開された映画「迷子の警察音楽隊」(カンヌ国際映画祭
ある視点部門・国際批評家連盟賞、ジュネス賞、一目惚れ賞/東京国際映画祭・最優秀作品賞)を原作に、
ミュージカル『ペテン師と詐欺師』の作曲家デヴィッド・ヤズベックが作曲と作詞を手掛けた作品だ。
トニー賞で10部門を独占したのは2006年の『ビリー・エリオット』以来の快挙だが、
本作は大規模で派手な趣向のある作品というわけでもない。しかし、イスラエルに演奏旅行に来た
エジプトの音楽隊が道に迷い、地元のイスラエル人と一晩交流をするというシンプルな物語の中に流れる、
抒情的な空気と独創的な音楽は、得も言われぬ魅力を放つ。

(左から)トゥフィーク役:風間杜夫、ディナ役:濱田めぐみ

この度上演が決定した日本版『バンズ・ヴィジット』の演出を手掛けるのは、演劇界がいまもっとも期待を寄せる
翻訳劇の名手、森新太郎。近年は、ストレートプレイのみならず、ミュージカル『パレード』『ピーター・パン』なども手掛け、
その手腕は折り紙つきである。警察音楽隊の楽隊長・トゥフィークには、昨年第四十六回菊田一夫演劇賞大賞を受賞し
益々芝居に熱量と味わいが増す、風間杜夫、楽隊が訪れる街で食堂を営む女主人・ディナには、
数々のミュージカルで観客を唸らせ魅了してきた、濱田めぐみを迎える。
米国で本作が圧倒的な評価を得た背景には、楽曲や俳優陣の素晴らしさもさることながら、
歴史的に対峙してきたエジプトとイスラエル二国の国民同士が、国境を越えて心を通わせるという、
人間の本来あるべき姿を描いたメッセージが、時勢に即して人々の心に刺さったことが大きい。
世界中で平和への願いが強まるとき、本作が日本で観客にどのようなメッセージを届けるのか、目が離せない。
東京公演は2023年2月、日生劇場にて上演。他キャストは今夏発表予定。チケットは今秋発売予定。

【あらすじ】

エジプトのアレクサンドリア警察音楽隊が、イスラエルの空港に到着した。
彼らはペタハ・ティクヴァのアラブ文化センターで演奏するようにと招かれたのだった。
しかし手違いからか、いくら待っても迎えが来ない。誇り高い楽隊長のトゥフィーク(風間杜夫)は
自力で目的地に行こうとするが、若い楽隊員が聞き間違えたのか案内係が聞き間違えたのか、
彼らの乗ったバスは、目的地と一字違いのベイト・ハティクヴァという辺境の街に到着してしまう。
一行は街の食堂を訪れるが、もうその日はバスがないという。演奏会は翌日の夕方。
食堂の女主人ディナ(濱田めぐみ)は、どこよりも退屈なこの街にはホテルもないので、
自分の家と常連客と従業員の店に分散して泊まるよう勧める。

かくして、言葉も文化も異なる隣国の人間達が、一夜交わることとなった―

【出演者コメント】

トゥフィーク役:風間杜夫
「素晴らしい作品に出合えたことに、胸が高鳴る。この『バンズ・ヴィジット』が内包している大切なもの、
国境を越えて通じ合う心が、戦争や感染で緊張を強いられる現在に、何かを伝えてくれるに違いない。
この感動を観客に届ける役目を、せいいっぱい果たしたい。その願いが目指すゴールは、今はまだ遠い。
しかし、迷子の警察音楽隊よろしく、この作品に関わる全ての仲間を信じて共に歩を進めていきたいと強く思う。」

ディナ役:濱田めぐみ
「この度ディナ役を演じさせていただきます。演出家の森 新太郎さん、そしてトゥフィーク役の風間杜夫さんとは
今回初めてご一緒させていただくので、今からどのような化学反応が生まれるのかとても楽しみにしています。
シンプルな物語の中に生まれる、異文化の中で生きてきた人達の心の交流が、今の日本でどのようにお客様に伝わっていくのかが
とても興味深いですし、しっかり作品の世界観を作り上げられるよう大切に演じていきたいと思っています。」

【ミュージカル『バンズ・ヴィジット』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2023年2月

<会場>
日生劇場

<上演時間>
未定

<料金>
チケット今秋発売予定

<出演者>
風間杜夫
濱田めぐみ
ほか

<STAFF>
原作:エラン・コリリンによる映画脚本
音楽・作詞:デヴィッド・ヤズベック
台本:イタマール・モーゼス
演出:森新太郎