昨年8月好評を博した初演から、さらなる進化を遂げ、「海のSDGsプロジェクト 海の音楽劇
『プリンス・オブ・マーメイド2022』~海からの2000年後のおくりもの~」として、2022年版の再演が決定。
「人魚の王子」と「伝説の国の王女」の愛と冒険の物語を通して「海と人との共生」を描きます。
公演は、2022年8月5日(金)~8月8日(月)こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロにて上演。
主演カイ役を、2018年にブロードウェイ・ミュージカル『ロジャース/ハート』で舞台単独初主演を務めるなど、
数多くの舞台で活躍中の林翔太が演じます。初演に引き続き同役での出演が決定した林は、
「再演のお話を頂いた時はとにかく嬉しい気持ちと、初演を超えられるようなパフォーマンスをしなくては!
というプレッシャーが同時に来ました!やるからには前回よりもパワーアップしたカイを演じなければ意味がないと思っています。」と
意気込みを語っています。ヒロインのルナ役には、『美少女戦士セーラームーン』シリーズでセーラーマーズ役を演じ話題を呼んだ
七木奏音の続投が決定。七木は、「素敵な音にのせてたくさんの出逢いに触れた日々が思い浮かびます。鐘の音に導かれて、
また海の仲間に、カイに...ルナとして逢えること、とても楽しみです。」とコメントを寄せました。
その他、『アナと雪の女王』でハンス王子役を務め、歌唱力に定評のある津田英佑が海賊王バッカーナ役を続投。
また、2022年公演の新キャストとして、海の魔女セイレーン役には、元宝塚歌劇団エトワールを数多く務めた
美声の持ち主である彩乃かなみが、海の道先案内人であるベニクラゲ役には、2022年NHK大河ドラマ
『鎌倉殿の13人』の13人のひとり安達盛長役に抜擢された野添義弘を迎えます。

脚本は、映画ドラえもんシリーズの他、アニメ・ドラマ・舞台など幅広いジャンルで活躍する清水東と、
絵本『にんぎょのおうじ』 をはじめ絵本作家・ビジュアルディレクターとして活躍するAWAJI。
音楽監督には、『Endless SHOCK』など数多くのミュージカル作品を手掛ける長谷川雅大。
振付には、東京オリンピックゆか銅メダリスト村上茉愛選手の振付を担当したG-Rocketsの山中陽子。

G-Rockets

そして、舞台空間をダイナミックに彩る日本初女性アクロバットダンス・カンパニーG-Rockets
(2022年夏G-Rocketsドキュメンタリー映画『空へふたたび』 公開)をはじめ、
エンターテインメント界の第一線で活躍するスタッフ・出演者が集結。海の浮遊感や壮大さを表現する
エアリアルパフォーマンスをはじめ、世界各国の水中映像とプロジェクションマッピングを駆使した演出により
海の素晴らしさや大切さを伝え、また、海の廃材を生かした衣装や舞台美術によって、プラスチックごみによる
海洋汚染問題などを提起する「エデュケーショナル・エンターテインメント」として、海の魅力が存分に味わえる上質な舞台を創り上げます。

本作監修に、海洋学の第一人者である元東京大学教授・日比谷紀之、スーパーバイザーに、
岸壁幼魚採集家として多くのメディアで活躍中のお魚王子こと鈴木香里武を迎え、音楽劇のみならず
海のスペシャリストによる講演会『海のエデュケーショナルパーク』を同時開催し、
海のSDGsプロジェクトの理念である「教育とエンターテインメントの融合」を目指していきます。
「海のSDGsプロジェクト 海の音楽劇 『プリンス・オブ・マーメイド2022』~海からの2000年後のおくりもの~」は、
2022年8月5日(金) ~8月8日(月)こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロにて上演。
その他、公演の詳細は、公式HP(https://prince-of-mermaid.com)にて随時更新されます。

【あらすじ】

2000年前、人魚と人間はティヤム王国で仲良く暮していた。
だが争いが起き、王国は海に沈み、人魚と人間は離れて暮すようになった。
ある日、人魚の王子カイは、海の底から響く鐘の音に導かれ、海賊王バッカーナに囚われていたティヤム王国の末裔ルナと出会う。
ルナをバッカーナから救い出すカイ。二人は恋に落ち、カイはルナを神秘的で美しい深海の世界へと案内する。
海底のマグマが重なり合って出来た幻想的な宮殿。海のオアシスと呼ばれるチムニー。そして深海の底を流れる大河。
二人は、海のロマンを語り合う。だが、海を穢した人間を憎む魔女セイレーンによって引き裂かれてしまう。
それでもあきらめずに闘うカイとルナの愛の強さに心を打たれ、セイレーンは二人を許す。
その時、海の神秘の力によって2000年の時を超え、海の底から鐘の音が鳴り響いた...。

『海の神話「イス伝説」からの着想』
5世紀頃、ブルターニュ地方で繁栄を極めた後、一夜にして海に沈んだという伝説の都イス。
イス伝説から着想を得たドビュッシーは、海底から浮上する教会の鐘の音をイメージし、幻想的な『沈める寺』を作曲しました。
『プリンス・オブ・マーメイド』では、イス伝説と『沈める寺』からの着想を生かし、海底から響く鐘の音、海のロマンと奇跡、
愛と冒険をダイナミックにストーリーに盛り込み、壮大な海の音楽劇として「海と人との共生」を描きます。
※フランスの首都Paris(パリ) は、Par-Is(イスに匹敵する)に由来する説もあります。

【海のSDGsプロジェクト 海の音楽劇『プリンス・オブ・マーメイド2022』~海からの2000年後のおくりもの~公演概要】

公式サイトはこちら
海のSDGsプロジェクトのサイトはこちら

<公演期間>
2022年8月5日(金)~8月8日(月)
※8/6(土)、8/7(日)昼公演終演後、海のスペシャル講演会『海のエデュケーショナルパーク』を無料開催
(8/6(土)元東京大学教授 日比谷紀之、 8/7(日)お魚王子 鈴木香里武)

<会場>
こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ

<上演時間>
未定

<料金>
8,000円
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可

『チケット一般発売日』
2022年6月4日(土)※各プレイガイドにて

<出演者>
カイ:林翔太
ルナ:七木奏音
セイレーン:彩乃かなみ
バッカーナ:津田英佑
ベニクラゲ:野添義弘
G-Rockets

<STAFF>
企画・原作・プロデュース・総合演出:多田誠
脚本:清水東
音楽監督:長谷川雅大
ビジュアルディレクター・脚本:AWAJI
振付・エデュケーショナルディレクター:山中陽子
監修:日比谷紀之
スーパーバイザー:鈴木香里武
主催・製作:ラナハウス/シーエイティプロデュース
広報・外渉:株式会社ジャパトラ
宣伝:エイベックス・エンタテインメント株式会社