原作は、畠中恵が描く超人気時代小説の「しゃばけ」。シリーズ発行部数は驚異の940万部を超え、
これまで、ドラマ化、コミカライズ、ミュージカル化等、多くのメディアミックスで成功をおさめてきた人気作です。
演出を手掛けるのは、初演に引き続き錦織一清。歌ダンスのレベルの高さはさることながら、
演出としても才能を高く評価されています。出演は今をときめく2.5次元舞台で活躍する精鋭6名。

一太郎役:前川優希 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

仁吉役:井澤勇貴 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

佐助役:小沼将太 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

初演に引き続き、一太郎役に「MANKAI STAGE『A3!』」などで人気の前川優希。
仁吉役は、「おそ松さんonSTAGE」「新テニスの王子様」などで人気の井澤勇貴。

屏風のぞき役:瀬戸祐介 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

猫又役:柳沢卓 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

アマビエ役:真城めぐみ © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

てんげんつうの男役:加藤将 © 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol

佐助役は、「黒子のバスケ」などで人気の小沼将太。新キャストとして、「機動戦士ガンダム00」
「僕のヒーローアカデミア」等で活躍中の瀬戸祐介が今作の屏風のぞきを。
猫又役にフレッシュな柳沢卓。今作の話の要であるてんげんつうの男役として
「テニスの王子様」「舞台 刀剣乱舞」で人気の加藤将が参戦。芝居に歌にダンスと所狭しと魅せます。
歌とお芝居で出演するのは、続投のアマビエ役の真城めぐみ。小沢健二やサンボマスターなどの楽曲にも多く参加して活躍中。
今回も“シャイニングモンスター“のお江戸楽曲をソウルフルに歌い上げ、世界観を大きく広げてくれます。

【あらすじ】

ある日、自分のことを“てんげんつう”だと名乗る男が長崎屋に現れ、若だんなに助けてほしいと懇願してきた。
話を聞けば、10年前に自分の飼っていた猫が猫又になり、これまでとてもお世話になったから
自分の持っている天眼通を差し上げると言われ譲り受けたという。この天眼通は、過去のことや未来のこと、
極めつけは人の心の中までも読み取ることができる 不思議な力を持つ青い目の玉で、男はこれを左目にはめ込んでいた。
この不思議な力で、最初は人から頼りにもされ、役に立っていた男だったが、しばらくするうちに
天眼通の力を恐れる者や羨やむ者、更にはこの男の命を狙う者さえ現れ始めたという。
怖くなった男は天眼通を捨てたいと思うようになり、長崎屋の若だんなの元へやってくる。
若だんなは仁吉・佐助たちと一緒にこの悩みをどうやって解決するか頭をひねり、この男に能力を授けた猫又を探していく。

【畠中恵「しゃばけ」シリーズPresents『シャイニングモンスター 2nd STEP〜てんげんつう〜』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年7月30日(土)〜8月4日(木)

<会場>
浅草花劇場

<上演時間>
未定

<料金>
9,500円
(全席指定・税込)
※別途ドリンク代500円(税込)

「公演問い合わせ」
問合せ:info@lol-w.com

<出演者>
一太郎:前川優希
仁吉:井澤勇貴
佐助:小沼将太

屏風のぞき:瀬戸祐介
アマビエ:真城めぐみ
猫又:柳沢卓

てんげんつうの男:加藤将

<STAFF>
原作:畠中恵 「しゃばけ」シリーズ(新潮社刊)より『てんげんつう』所収「てんげんつう」
演出:錦織一清
脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
主催:株式会社 Lol

© 2001 畠中恵/新潮社 © 2022 Lol