アートアクアリウム美術館GINZAは、2022年7月20日(水)〜9月20日(火)の期間限定で、
特別企画「夏のアートアクアリウム〜金魚で夏を感じる、涼〜」を開催します。
2022年5月にオープンした「アートアクアリウム美術GINZA」は、
“百華繚乱〜進化するアート〜”をテーマに掲げ、館内には色とりどりの金魚の舞とともに
日本の伝統美が光る華やかな幻想世界が広がる常設施設として、
年間を通して四季の移ろいをお楽しみいただける企画展示をしています。
今回夏の特別企画では、〜金魚で夏を感じる、涼〜と題し、新たな企画展示と演出を実施します。

【期間限定】

「涼しげな風鈴トンネル演出」

提灯リウム

日本の昔ながらの照明である「祭り灯籠」をモチーフにした作品「提灯リウム」の展示エリアを、
幾重にもならぶ風鈴が彩ります。淡い光を放つ風鈴と、提灯の中でゆらめく灯りのように泳ぐ金魚が、
アートアクアリウムならではの夏の夜を表現します。風鈴のトンネルを進んでいくと、
「金魚の竹林」へと繋がる涼しげな夏の演出です。

「フラワーリウム×ひまわり」

假屋崎省吾氏コラボレーション作品「フラワーリウム」

随所に飾られるひまわり

華道家・假屋崎省吾氏とのコラボレーション作品「フラワーリウム」を、
夏を代表するビタミンカラーの元気な花「ひまわり」で彩ります。

<フラワーリウム>
花瓶に見立てた小さな新作の器を、
假屋崎省吾さんのいけばなアートで大きくダイナミックな作品にしました。
緻密に構成された造形美と優雅に泳ぐ金魚、
華やかで妖艶な世界観のあるコラボレーション作品です。

【新演出】

夏の企画展スタートとともに、新たな演出も加わります。

「金魚の回廊」
歌川国芳の浮世絵に描かれた吊り行燈をモチーフにした巨大吊り行燈が登場し、
幻想的な空間のなかに新たな明かりを灯します。

「金魚の滝」
青紅葉が滝の上部に茂り、上流の清流を演出、更に清涼感がアップします。

【新作品】

新しい演出だけでなく、新しい展示作品の公開がスタートします。
ここでしか見られない日本の伝統美が光る展示作品は必見です。

「金魚の飾り棚」
日本の伝統工芸である江戸切子と、そのなかを泳ぐ金魚、さらに日本の伝統文化である盆栽を棚に飾ります。
江戸切子は根本幸昇氏の作品を、盆栽は盆栽師・平尾成志氏の作品を展示します。

「歌川国芳コレクション」
江戸時代末期の浮世絵師である歌川国芳の作品から、金魚と鯉が描かれているものを二十点余り収集し展示します。

【新コラボ】

「金魚を描いたチョークアートの展示」
チョークアーティストとしてご活躍されているMoeco氏の作品を館内にて展示します。
様々なテーマで描かれているMoecoさんの作品の中から、金魚の作品を紹介。
金魚の尾鰭の美しさが表現されたチョークアートを、ぜひ会場でお楽しみください。

Moeco:プロフィール
1982年、兵庫県神戸市生れ。1997年、第7回全日本国民的美少女コンテストでマルチメディア賞を受賞。
以後、歌手、女優、タレントとして幅広く活躍。2012〜2013年に語学と歌とアートの勉強のためにNY留学。
2013年9月、「Moeco」の名前でチョークアーティストとしてデビューし、これまでに日本、韓国、アメリカなど
各地の展覧会で作品を発表。多彩な才能で、いま世界的に注目を集めている。

「音声ガイドも同時スタートが決定」
アートアクアリウム美術館GINZAでは新たに「音声ガイド」を導入。
それぞれの作品の解説に加え、演出に込められた想いやストーリーをお聞きいただくことで、
アートアクアリウム美術館GINZAの世界をより深くお楽しみいただけます。
販売開始日:2022年7月20日
販売価格:500円
対応言語:日本語/英語/中国語(北京語)

【展示作品紹介】

「銀座万灯籠」
奈良の春日大社の万灯篭を思わせる幽玄な灯りに包まれた静寂の空間

「魚蒐集(金魚コレクション)」
ふだんなかなか目にすることのない珍しい品種を中心に、種類ごとにアートギャラリーのように展示をしています。
ライティングの演出とともに、金魚を様々な角度から見ることが可能です。

「新金魚品評」
背の低い四角形の水槽の中を、優雅にゆったりと泳ぐ金魚。水面まで顔をのぞかせた金魚を、上から眺めて鑑賞する作品です。
側面の装飾には着物の帯を用いています。金魚の無限の可能性を感じ取れる、永遠の世界が広がっています。

「オリガミリウム」
沢山の金魚たちが泳ぐ、ひときわ大きな金魚鉢。日本の美しき伝統「折り紙」に着想を得て、
作り上げた新作です。背景を飾るのもまた、折り紙で折られた金魚たちです。

「金魚の竹林」
ぐるりと立ち並ぶ水と光と泡の柱の中に無数の金魚達が乱舞する
竹林の中に居るような静寂と金魚の美しさが相まった空間。

「『アートアクアリウム美術館GINZA』夏のアートアクアリウム〜金魚で夏を感じる、涼〜開催記念イベント」
なお、7月20日からの会期本番に先立ち、前日の7月19日には報道向け内覧会とゲストを招いての会見が行われ、
モデルでタレントのアンミカさんと、動画共有サービス「YouTube」において個人チャンネル、兄妹チャンネル共に
登録者数100万人を超える中町綾さん/中町JPさんの兄妹YouTuber「中町兄妹」が登壇。
実際に内部を観覧した3名からの以下のコメントが話されました。

綾さん「若者でも楽しめるのかな・・・?と、ちょっと思っていたんですけど、インスタ映えの所とかも凄く多いし、
色んな種類の金魚が沢山いて本当に楽しかったので、是非若者の方にも来て頂いて、
デートスポットでも良いですし、友達と来ても楽しいと思うので是非皆さん遊びに来て下さい。」

JPさん「妹が素のテンションで「この金魚可愛い!、この金魚変!」と色んな意見があったので、
若い子でも凄くちゃんと楽しめるんだなというのを妹を見て分かったので若い子も是非、興味を持ったら来てみて下さい。」

アンミカさん「涼のとり方って色々有ると思うんですけど、風や音、本当に五感全てで涼を楽しめます。
音を聞いて、目から水の泡とか、金魚の動き、日本にいると当たり前に感じちゃう和の伝統の美しさを
改めて感じる事が出来るので、私は海外の旦那様や友達にも皆来て頂くし、老若男女の皆さんに
家族でもカップルでも一緒に楽しんで日本の良さを改めて感じるという意味でも五感で涼を楽しんで
癒されて帰ってもらったらなと思います。心が疲れたら癒されにちょっと何日か来たいですね。」

【アートアクアリウムとは】
アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを融合させ、「アートアクアリウム」という
唯一無二のアート分野を確立させた新しい展覧会。金魚に特化し日本の伝統美が光る幻想的な和の世界観で構成されています。
これまで国内・海外あわせて計40回程展覧会を開催してきました。独自の世界観は高い評価を得ており、
現在までに1,080万人以上の累計来場者数を動員しています。

【アートアクアリウム美術館 GINZA施設概要】

公式サイトはこちら

<名称>
アートアクアリウム美術館 GINZA (英語表記:ART AQUARIUM MUSEUM GINZA)

<所在地>
銀座三越新館8階(東京都中央区銀座4-6-16)

<アクセス>
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」直結

<入場料>
WEBチケット:2,300円  https://ticket.artaquarium.jp/
当日券:2,400円

<入場方法>
新館9階銀座テラスからのご入場となります。新館エスカレーターまたは、本・新館のエレベーターで9階までお越しください。
(本館エスカレーターでは直接9階までお越しいただくことはできません)

<営業時間>
10:00〜19:00(変更になる場合がございます)

<休館日>
銀座三越の休館日に準ずる(加えて、メンテナンス等により不定期で休館の場合がございます。 詳しくは公式サイトをご確認ください。 )

<安全対策>
ご来場いただくゲストの皆様とスタッフの感染対策を徹底し、 適切な新型コロナウイルス対策を講じたうえでオープンいたします。

<ご注意事項>
ベビーカー、スーツケースの持ち込み、ペットを連れての入場はできません。お荷物用のロッカーはございません。

<実施体制>
主催:株式会社AQUA ART RELATIONS
企画制作:株式会社Amuseum Parks
運営:株式会社Amuseum Parks
協力:株式会社三越伊勢丹/銀座三越