2022年10月1日(土)から 10日(月・祝)までの10日間にわたって⻑野県松本市で開催される
演劇的フェスティバル「FESTA松本2022」。本イベントは、まつもと市⺠芸術館の
総監督を務める串田和美氏が、かねてから構想していた演劇やダンスなどを集めた演劇祭を、
自ら総合ディレクターとなって昨年立ち上げ、第2回となる今年も俳優やミュージシャン、
ダンサーらが集結し、演劇を中心に多彩な公演が開催される予定となっています。

⻑野県松本市といえば、音楽の街、山岳の街、学問の街と言われていますが、
実は舞台芸術や工芸など“アート”もしっかりと根付いています。
そんな街の中で、2004年にオープンしたのが、まつもと市⺠芸術館。
串田氏は「街が劇場に、劇場が広場に」というキャッチコピーのもと、
劇場を飛び出して野外劇などを開催。そのほか、松本の風物詩ともいえる
『空中キャバレー』や「信州・まつもと大歌舞伎」は市⺠に愛される演目となりました。
舞台演劇の街・松本で開催される本イベントについて、参加者からのコメントが届いています。

優れた技術と表現力、品格のある舞台で観客を魅了する日本を代表するバレエ・ダンサーで、
現在は新国立劇場バレエ団“オノラブルダンサー”の酒井はな氏(舞踏家)は、
Altneu(アルトノイ)『杜子春−Toshishun−』と『パフォーミングアーツ・セレクション 2022』に出演。

酒井はな氏コメント
「昨年に引き続き今年もFESTA松本に参加させていただけてとても嬉しいです。私は松本市の街の雰囲気が好き。
それに加えて、FESTAで活気づくと居るだけで高揚してしまう。ついついひょっと、街で踊り始めても、
それを立ち止まって見るひとがいる。ここにはパフォーマンスをみることが生活に根付いているのを感じます。
お店も活気に満ちて、対話したり自問自答したり、誰かのおしゃべりがBGMに。私は出演者として、
みんなの話題になりたいし、他の演目を見て誰かと論じてみたい。毎年秋がくるのをとても楽しみにしています。」

「FESTA松本」初参加の大森博史氏(俳優・演出家)は、1975年にオンシアター自由劇場に入団し、
串田氏とともに1996年の解散まで中心メンバーとして活躍した。今回、串田氏演出の
『スカパン』に出演するほか、自身が演出を務める『ミッツアロのカラス』にも出演。

大森博史氏コメント
「カオス・シチリア物語の中から選ばれた六つの物語。ある時は美しい自然を語り、暴力があり、
星を眺めての哲学的語り、ユーモア...、絶望があってその克服が語られます。
自分の農地で働く小作人に誘拐された地主の話。夜中に毎晩、寝言で大笑いしていると
神経衰弱の女房になじられ複雑な気持ちになる夫の話。羊飼いに遊ばれ虐められ、
巣と卵を壊され上空高くに飛翔したカラスの話、他三遍。今回、松本の串田さんが描く
生きる喜びと共感のフェスティバル。ミッツアロのカラスが語る生の輝きがどう響き合うか
一同心から楽しみにしています。」

主宰する「劇団た組」の全作品の脚本・演出を担当し、第10回市川森一脚本賞を最年少で受賞した
加藤拓也氏(脚本家・演出家・映画監督)は「FESTA松本」初参加。作・演出を手掛けた『ドードーが落下する』を上演。

加藤拓也氏コメント
「まつもとには幾度か訪れた事があり、のびのびとした劇場の面構え、劇場の周りにあるお店の面白さ、
そこに集まる人々の雰囲気、とにかく環境が素晴らしく、いつか公演できればと思っていました。
そうしたらば、なんと劇団として初めてのツアーで行かせてもらえることに、しかもお祭りに参加する形で!
これまで演劇祭には一度も参加したことが無くて、一度に集まるなんて、なんて楽しそうなんだと
とても楽しみにしています。初めての地方公演がまつもとで、FESTAでという事もしっかり脳みそに刻まれそうです。
そして『ドードーが落下する』という作品は「⻘春失踪劇」と名付けられている通り、失踪した男と、された男の話です。
今から稽古も本番も待ち遠しい!是非いらしてください。」

「髙山植物園」主宰の髙山さなえ氏(劇作家・演出家・高校教師)は、昨年に続いて 2 回目の参加。
松本市出身で信州大学人文学部を卒業、2018年に「第7回近松門左衛門賞」を受賞。
そして昨年「第27回劇作家協会新人戯曲賞」を受賞した作品『あなたがわたしを忘れた頃に』を今回上演。

高山さなえ氏コメント
「髙山植物園主宰の髙山さなえは、今福島県に住んでおります。慣れない土地で、やった事もない
高校教師を日々努める中で、「演劇」という科目が世に立ち上がっていく瞬間に生きています。
この経験は、劇作家・演出家としてのこれからを支えてくれると同時に、永遠に繰り返すが如く、
劇作家・演出家の経験が演劇教育に活かされるのだという、皮膚がヒリヒリする感触を保ちながら、
髙山植物園は松本での再演に臨みます。新たな出演者を迎え、より一層風変わりな演劇を
楽しんでいただけましたらこんなに幸せなことはありません。10 月に松本でお会いできる日を、楽しみにしております。」

他にも多彩な演目が上演される予定。舞台演劇の街・松本が、街を挙げて盛り上げる「FESTA松本2022」は、
まつもと市⺠芸術館から徒歩圏内の場所が会場となっています。街歩きも楽しみながらぜひ体験を。

【公演ラインナップ】

『スカパン』キャスト

『スカパン』
<公演日>
小ホール:2022年9月30日(金)※プレビュー公演、10月1日(土)・2日(日)
桝形跡広場:2022年10月6日(木)、8日(土)・9日(日)・10日(月・祝)
<会場>
まつもと市⺠芸術館小ホール/松本城大手門枡形跡広場
<出演者>
串田和美
大森博史
武居卓
小日向星一
串田十二夜
皆本麻帆
湯川ひな
細川貴司
下地尚子

小日向文世
<STAFF>
原作:モリエール「スカパンの悪巧み」
潤色・演出・美術:串田和美

『別役実三部作』
<公演日>
2022年10月1日(土)、2日(日)
<会場>
上土劇場
<出演者>
「舞え舞えかたつむり」
田村真央荒井正樹
「いかけしごむ」
髙木友葉
深沢豊
荒井正樹
「受付」
堀田康平
近藤隼
<STAFF>
原作:別役実
演出::千葉哲也

Altneu(アルトノイ)2021 年公演より

『Altneu(アルトノイ)『杜子春−Toshishun−』』
<公演日>
2022年10月4日(火)・5日(水)
<会場>
まつもと市⺠芸術館 小ホール
<出演者>
島地保武
酒井はな
岡本優(TABATHA)
<STAFF>
原作:芥川龍之介
演出・振付:島地保武、酒井はな

Grass919『ミッツアロのカラス』キャスト

『Grass919『ミッツアロのカラス』』
<公演日>
2022年10月4日(火)・5日(水)
<会場>
上土劇場
<出演者>
秋本奈緒美
大月秀幸
高橋広司
上久保慶子
篠原要
大月利貴
大森博史
<STAFF>
原作:ルイジ・ピランデッロ「カオス・シチリア物語」
演出・脚色:大森博史

『バッタの夕食会』
<公演日>
2022年10月4日(火)・5日(水)・10日(月・祝)
<会場>
信毎メディアガーデン
<出演者>
串田和美
近藤隼
武居卓
細川貴司
下地尚子
深沢豊
草光純太
荒井正樹
加賀凪
串田十二夜
髙木友葉
田村真央
堀田康平
ほか
<STAFF>
構成・演出・美術:串田和美

パフォーミングアーツ・セレクション 『瀕死の白鳥』提供:Dance Base Yokohama © Naoshi HATORI

パフォーミングアーツ・セレクション『When will we ever learn?』提供:Dance Base Yokohama © Naoshi HATORI

『ダンス・ダブルビル『パフォーミングアーツ・セレクション 2022』』
<公演日>
2022年10月7日(金)
<会場>
まつもと市⺠芸術館 実験劇場
<上演作品>
①『瀕死の白鳥』/『瀕死の白鳥 その死の真相』

『瀕死の白鳥』
<出演者>
酒井はな
チェロ:四家卯大
<STAFF>
原型:ミハイル・フォーキン
改訂:酒井はな

『瀕死の白鳥 その死の真相』
<出演者>
酒井はな
編曲・チェロ:四家卯大
<STAFF>
演出・振付:岡田利規

②鈴木⻯『When will we ever learn?』
<出演者>
飯田利奈子
柿崎麻莉子
Ikuma Murakami
<STAFF>
演出・振付・出演:鈴木⻯(Dance Base Yokohama)
ドラマトゥルク:丹羽⻘人(Dance Base Yokohama)

『ドードーが落下する』©大橋仁

『劇団た組『ドードーが落下する』』
<公演日>
2022年10月8日(土)・9日(日)
<会場>
まつもと市⺠芸術館 小ホール
<出演者>
藤原季節
平原テツ
秋元龍太朗
金子岳憲
今井隆文
中山求一郎
安川まり
秋乃ゆに
山脇辰哉
<STAFF>
作・演出:加藤拓也

『あなたがわたしを忘れた頃に』©ホンダアヤノ

『髙山植物園第11回公演『あなたがわたしを忘れた頃に』』
<公演日>
2022年10月8日(土)、9日(日)
<会場>
まつもと市⺠芸術館 シアターパーク
<出演者>
「僕が妊娠した水曜日」:草光純太
「月曜日に看護師は恋をする」:下地尚子
「私は金曜日に壊れる」:加賀凪
<STAFF>
作・演出:髙山さなえ

『0歳から楽しめるファミリーシアター『へんてこうじょう〜松本スペシャル Ver.〜』』
<公演日>
2022年10月9日(日)
<会場>
信毎メディアガーデンほか
<出演者>
to R mansion
イーガル

『夜の女たち』キャスト

『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース ミュージカル『夜の女たち』』
<公演日>
2022年10月10日(月・祝)
<会場>
まつもと市⺠芸術館 主ホール
<出演者>
江口のりこ
前田敦子

伊原六花
前田旺志郎
北村岳子
福田転球

大東駿介
北村有起哉
石橋徹郎
中山義紘
入手杏奈
山根海音
篠崎未伶雅
山口ルツコ
小熊綸
加瀬友音

<STAFF>
原作:久板栄二郎
映画脚本:依田義賢
上演台本・演出:⻑塚圭史
音楽:荻野清子

その他、多彩なジャンルの演目を予定。

【FESTA松本 2022概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年10月1日(土)〜10月10日(月・祝)

<会場>
まつもと市⺠芸術館、信毎メディアガーデン、上土劇場
ほか

<チケット>
チケット発売:8月6日(土)10:00より順次発売
「問い合わせ」
まつもと市⺠芸術館:TEL.0263-33-3800

<実施体制>
主催:(一財)松本市芸術文化振興財団
企画制作:まつもと市⺠芸術館 TC アルプ
総合ディレクター:串田和美(まつもと市⺠芸術館総監督)