パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』が2022年7月22日(金)、
東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA にて開幕しました。8月には大阪ほか6ヶ所を巡演します。
本作の作・演出を手掛けるのは、岩崎う大(かもめんたる)。2013年にキングオブコントで優勝した
実力派コント師でありながら、自身が手掛けた戯曲が岸田國士戯曲賞候補作にノミネートされるなど、
劇作家・演出家としても近年注目を集める岩崎が、本作を書き下ろしました。
岩崎がプロデュース公演の作・演出を手掛けるのは、今回が初となります。
主人公・縁緑(えにしみどり)を演じるのは、吉岡里帆。その高い演技力で話題作への出演が続いており、
今起用したい女優No.1の呼び声も高い吉岡が、本作で満を持して舞台初主演に挑みます。
岩崎う大とのタッグにもご注目ください!
幸せとは何か、価値観の違う者同士が共存するにはどうすればよいか、
という普遍的テーマに触れた、唯一無二「岩崎う大流」ファンタジー・コメディー。
シンデレラや浦島太郎など童話の登場人物が生まれる不思議な世界に迷い込んでしまった、
会社員の縁緑(吉岡里帆)。緑はある物語の主人公として生まれた少女クロエと出会う。
緑の登場により混乱していく「スルメ姫」の物語。物語を成立させようと必死な登場人物たち。
一体どんな結末を迎えるのか?果たして緑は元の世界へ戻ることができるのか?
劇団かもめんたるの過去公演では宇宙人、未来人、ヒューマノイドと、現代人の“外”からの視点で
「人間」が描かれてきました。本作は、童話の世界を舞台に、少女たちの交流が描かれる
唯一無二の「岩崎う大流」ファンタジー・コメディーです。

主演吉岡里帆。共演は注目の若手俳優から、バイプレイヤーまで、個性派俳優陣クロエの幼馴染であるトム役には伊藤あさひ、
ある物語の主人公として生まれてきた少女クロエ役には鞘師里保、クロエの父ハンス役は岩崎う大、
クロエの幼馴染でトムの姉・ジーノを演じるのは牧野莉佳、クロエの母・レベッカ役にはもりももこ、
旅人役に小椋大輔、スルメが丘に住む預言者・ノバ役にはふせえりを迎えました。
岩崎う大の描く、一癖も二癖もある登場人物たちを、出演者たちはどのように演じるのか、是非ご期待ください。
プレビュー公演となる 7月22日(金)に初日会見&公開ゲネプロが行われました。

【あらすじ】

撮影:岡千里

ある日、縁緑(吉岡里帆)はスルメの匂いに満ちた「スルメが丘」という名の集落に迷い込んでしまう。
そこはシンデレラや浦島太郎など童話の主人公が生まれる不思議な世界だった。スルメが丘で暮らす人々は、
ファンタジーな世界で自由に生きていると思われたが、「スルメ姫」という物語の主人公として
生きることを運命づけられた少女クロエや、物語を成立させようと必死に生きる人々と会い、
自由の影を見る緑。ハッピーエンドを求める町の人々の気持ちとは裏腹に緑の登場で少しずつ物語に異変が生じていく―。

撮影:岡千里

果たして「スルメ姫」の物語は無事結末を迎えることができるのか?緑は元の世界に戻れるのか?

【作・演出家、キャストコメント】

(左から)岩崎う大、鞘師里保、吉岡里帆、伊藤あさひ、ふせえり 撮影:岡千里

作・演出:岩崎う大
「本日、無事に幕が開いてくれてホッとしています。面白いものができたと確信していますので、
最後まで上演できたらと今は厳かな気持 です。
緑は、実は僕を投影しているので、とても難しい役だと思います。(吉 岡 )里帆ちゃんは緑と一緒に地図を見て、
時に道に迷いながらたどり着いた役づくりだったと思いますが、たどり着いた場所はもう迷わないと思います。
初日に間に合わせるプロフェッショナルさを感じました。」

縁緑役:吉岡里帆
「『スルメが丘は花の匂い』は何の変哲もないOLが物語の生まれる世界へ迷い込んでしまったところから始まりますが、
個人的にはストーリーに夏休みっぽさを感じています。劇場に来ていただいて、私が演じる縁と一緒に
別世界へ迷いこんでいく楽しさや緊張感を感じていただけたら嬉しいです。ぜひ見に来てください。待っています。」

トム役:伊藤あさひ
「稽古中は「トムがかわいそうに見えるように」という文字を台本に沢山書いた記憶があります。
う大さんから「ナチュラルな面白さを崩さないように、あさひはあさひのままで修正をしていった」 と伺ったので、
僕自身にもすでにかわいそうな要素があるのかな...と思っています(笑)
今日劇場で初めて通し稽古を行って、やっとスタートを切れたような気持ちと、何事もなく
キャスト・ スタッフ一同 、そしてお客様も健康で千穐楽まで公演が行えるように色んなところで努力したいと思います!」

クロエ役:鞘師里保
「う大さんが演出をしていただくときに、実際にやって見せてくださって、セリフのトーンなど
細かいところまで演出をして下さいました。そのおかげで、今作はストレートプレイなんですが、
シーンを重ねていくうちに 1曲の曲ができたような感覚になる稽古でした。
劇場に来て下さるお客様も慎重に来て下さると思うので、皆さんの気持ちをほぐせるよう、頑張っていきたいです。」

ノバ役:ふせえり
「とても努力してこの日を迎えられて、皆が「初日を迎えられて本当によかった」と、とても幸せな気持ちです。
稽古中はずっとマスクをしていたので、今日初めてマスクを外して、あさひ君のカッコよさや、
鞘師ちゃんの可愛さなど気づいて新鮮な気持ちでした。健康に気を付けて最後まで走り続けたいと思います。」

【パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年7月22日(金)〜7月31日(日)
大阪公演:2022年8月6日(土)・7日(日)
福岡公演:2022年8月11日(木・祝)
広島公演:2022年8月12日(金)
高知公演:2022年8月14日(日)
愛知公演:2022年8月17日(水)
福島公演:2022年8月26日(金)

<会場>
東京:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
大阪:松下IMPホール
福岡:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
広島:JMS アステールプラザ 大ホール
高知:高知県立県民文化ホール オレンジホール
愛知:東海市芸術劇場 大ホール
福島:いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール

<上演時間>
約1時間45分(途中休憩無し)

<料金>
東京:
8,500円
U-25チケット5,000円

大阪:
S席8,800円
他席種未定

福岡・広島・高知:
8,500円
U25チケット 4,000円(要身分証明書・当日座席指定)

愛知:
8,500円

福島:
S席7,000円 A席5,000円、U25(25歳以下)3,000円

(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

『チケット発売』
好評発売中

チケットに関するお問合せ:サンライズプロモーション東京0570-00-3337(平日12:00~18:00 ※当面の間は月~金12:00~15:00までの営業となります)
公演に関するお問合せ:パルコステージ 03-3477-5858(時間短縮営業中)

<出演者>
縁緑:吉岡里帆

トム/西の国の王子:伊藤あさひ
クロエ:鞘師里保

ハンス:岩崎う大
ジーノ:牧野莉佳
レベッカ:もりももこ
旅人:小椋大輔

ノバ:ふせえり

<STAFF>
作・演出:岩崎う大(かもめんたる)
美術:古謝里沙
照明:小沢淳
音楽:HONEBONE
音響:佐藤こうじ
衣裳:神田百実
ヘアメイク:大宝みゆき
演出助手:中村圭吾
舞台監督:藤林美樹
企画製作:株式会社パルコ