二宮敦人による小説『最後の医者は桜を見上げて君を想う』は、続々重版50万部突破し、
本読み書店が選ぶ「感動小説」第一位を受賞するなど話題作。今回、待望の舞台化。
自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日衝撃の医療ドラマ。
出演は武蔵野七十字病院副院長で天才外科医の福原雅和に細貝圭、死神と呼ばれる
風変わりな医者桐子修司に山本涼介、福原、桐子と同期の医者、音山春夫に鳥越裕貴、
末期の白血病患者、雄吾の子供を身籠っている妻、浜山京子に佐々木ありさ、
重病患者の澤田茜に今泉佑唯、福原の指示で桐子の監視をする看護師、神宮寺千佳に本西彩希帆、
東医大の一年生でALSにかかってしまう川澄まりえに大串有希が名を連ねます。

2022年9月8日(木)、東京都渋谷区のCBGK シブゲキ!!にて、初日の開幕に先駆けて
公開ゲネプロと舞台挨拶が行われました。

【あらすじ】

舞台は武蔵野七十字病院。そこに勤める三人の若い医者。三人は同じ医大に通い、
共に七十字病院に入った同期である。それぞれに信念を持っている。
一人は副院長の福原雅和(細貝圭)。院長の一人息子で天才外科医。命に限りがある患者に対して、
奇跡を信じ、諦めず難病と闘うことを願う。「生」を諦めない医者。
一人は風変わりな医者の桐子修司(山本涼介)。闘病に疲れた患者には無理に延命治療を行わずに、
自分らしく余命を過ごすことを勧めることから死神と呼ばれている。「死」を受け入れる医者。
一人は平凡な医者の音山春夫(鳥越裕貴)。二人ほどの信念はないが、患者と一緒に悩み、迷い、寄り添う。
この三人を時に支え、時に自らの野心を燃やすのが神宮寺千佳(本西彩希帆)という看護師である。
神宮寺は福原の元彼女で、今は福原の指示で桐子を見張るべく助手をしている。
この医者たちの信念が「とある会社員の死」「とある女子大生の死」「とある医者の死」を通して語られていく。

「とある会社員の死」は若くして白血病にかかってしまった浜山雄吾の話。
雄吾は平凡なサラリーマンでお腹に子供を宿した妻、京子(今泉佑唯)と暮らしている。
病院に検査に来たところ白血病と診断される。
白血病における闘病で様々な選択を迫られるが、どの選択も確率、確率で悩み苦しむ雄吾。
徹底して闘病するようにしむける福原。桐子は雄吾との面談で死に向かって自らの足で歩いて行くことをすすめる。
雄吾は優柔不断でこれまでの人生で何かを決断したことがなかった。だが愛する妻の京子と
一生一緒にいられるかもしれないという一縷の希望に賭けて、造血管細胞移植を選択する。

「とある女子大生の死」は医者を目指して医大に合格したばかりの川澄まりえ(大串有希)の話。
まりえの両親は医者である。まりえは次第に体が動かなくなり命を落とす病、ALSにかかってしまう。
そのまりえの主治医となるのが音山。まりえは闘病の中で延命治療をしないことを選択する。
音山はまりえの家に往診し、最後の最後まで看取る。まりえと語り合う中で、自分がなぜ医者になったのか、
自分は医者として何ができるのかを悟っていく音山。

「とある医者の死」は音山晴夫の話。音山には田舎に年老いた祖母が一人いる。この祖母は
音山と電話で話すことだけが楽しみである。その音山が咽頭癌にかかってしまう。
音山が癌にかかったことで人はどう生きるかという問題に改めて直面する福原、桐子、音山。
福原は音山の完治を目指して治療計画を立てるが、癌の進行が早く全身に転移してしまっていた。
音山は治る確率の低い治療を続けるよりは、祖母と電話をするために声帯を残すことを望み、桐子に治療計画を立ててもらう。
なんとしても命を救いたい福原、音山の望みを叶えてやりたい桐子、二人に協力してもらいたい音山。
治療計画をめぐり、対立していってしまう三人。

生と死に対する考えは人それぞれ。
その選択肢は無数にある。
何を大切にして、何を選ぶかはその人次第。
三人の医者が病気を通して、人はどう生きていくべきかという問題に向き合っていく。

【舞台挨拶の様子】

公開ゲネプロ終了後、舞台上に福原雅和役の細貝圭さん、桐子修司役の山本涼介さん、
音山春夫役の鳥越裕貴さん、澤田茜役の今泉佑唯さん、浜山京子役の佐々木ありささん、
神宮寺千佳役の本西彩希帆さん、川澄まりえ役の大串有希さん、今作の脚本を務め、
高砂役で出演する久保田創さんの8名が登壇しての舞台挨拶が行われました。

冒頭、久保田さんより脚本作りについて語られます。
久保田さん「原作小説では、「とある会社員の死」「とある大学生の死」「とある医者の死」という
3部構成で描かれておりまして、舞台化するにあたって1本のお話に纏めさせていただきました。
死という物は人にとって等しく訪れるものではありますが、人は生きていく中でその事を忘れて
漫然と生きてしまう事も多くないと思います。今回、皆さんが大切な人、大切な物と大切な時間を過ごす事が出来る様に
そういった願いを籠めて脚本を書かせていただきました。」

Q:今作への意気込みは?

細貝さん「稽古を沢山して来ました。この作品が漸く皆さんの前で上演出来る事を非常に嬉しく思っております。
是非皆さん、劇場に足を運んで下さい。」

山本さん「この後から本番が始まるので、しっかりと備えて皆さんに良い作品が届けられる様に精一杯頑張りたいなと思います。」

鳥越さん「兎に角、一所懸命頑張ります。よろしくお願いします。」

今泉さん「本日は宜しくお願いします。」

佐々木さん「皆を信じて最後まで一所懸命に頑張りたいと思います。」

大串さん「これまで皆さんと稽古してきた事をしっかりとお届け出来る様に頑張りたいと思います。」

本西さん「今日、初日を迎えられる事、とても嬉しく思います。最後まで頑張りたいと思います。」

Q:終末医療という重いテーマである今作に挑んでの感想は?

細貝さん「人生というものって、生まれてから亡くなるまでの間、本当に決断に凄く迫られるというか、
亡くなる時まで決断なんだなという事を、今作を通して思う所がありました……。。。」

鳥越さん「結構良かってんけど、もうちょっと頑張らんと。座長やねんから。」

山本さん「命に関する作品なので、やっぱり、結構繊細に扱わないといけないなという風に思いますし、
勿論、観に来て下さる方の中には今作の様な経験をしている方も、もしかしたらいるかも知れないので、
そういう人達にも少しでも響けば良いなと思いますし、僕とかは母親が一度、癌になっていたりするので、
身近な人がそういう病気だったり、もしかしたら自分もなるかもしれないというのを考えて
観終わった後に人それぞれ思う事が多分あると思うんですけど、これからの人生において
一つの”何か”になれば良いなと思います。」

鳥越さん「僕も実は、周りに癌になった人が結構身近にいたりしたんですけど、
それを凄く見ていて感じる物、自分も重く受け取ったりして、それこそ、おじいちゃんが癌になった時とかも
死ぬ程泣いたので、音山なりのこの感じを丁寧に繊細に演じれたら良いなという事を日々思って
終末医療というこの作品に取り組んでおります。」

Q:開幕直前での配役変更(後述)となったが、苦労した部分は?

佐々木さん「急遽だったので、自分の事で精一杯だったのが本音なんですけど、
今泉さんとは中学生の頃にレッスンが一緒で、8年ぶり位にこうやって舞台で
共演出来た事をとても嬉しく思いますし、少しでも助けられていたら嬉しいなと思います。」

今泉さん「私が苦労したというよりも、今回、急遽役を代わってくれた佐々木ありさちゃんだったりとか、
脚本を急遽書いて下さった久保田さんだったり、岡村さんだったり、キャストの皆様だったり、
スタッフの皆様の方が凄く大変だったと思うので、この状態でも舞台に出られる状況を作って下さった皆様に
感謝しながら、出ようと思いました。」

Q:自分の命に限りがあると知った時、最後にやりたい事は?

本西さん「ずっと皆で楽屋で何をしたいかな?って考えていたんですけど、無茶をしたいなって。
お酒を飲んでめちゃめちゃベロベロに酔っぱらって記憶を飛ばすとか、
今作の中でもある様に自転車で何処まで行けるか試すみたいな、そういう事をやってみたいなと思いました。」

鳥越さん「普段からやってるやん。」

大串さん「透明人間になりたいです。(鳥越さんから「嫌らしいこと考えているタイプの人間や」)
でも、透明人間になったら男性は女風呂に入りたいって言うじゃないですか。」

鳥越さん「女性の透明人間はどうなりたいんですか?何を覗きたいん?」

大串さん「女風呂を覗きたいです。何処でも良いんですけど、透明人間になって私が周りから見られていない状態で、
色んな所で如何自分が見られているか知りたい。」

佐々木さん「私は面白い事言えないんですけど、普通に家族と過ごしたいなと思います。大切です。」

今泉さん「ありさちゃんと一緒になっちゃうんですけど、私はこの本番を迎えるまでの期間中に
結構、色々大変な事とか辛い事があったので、家族と過ごす事を大切にしたいなというか、
いっぱい家族皆で笑いあって過ごしたいなと思いました。」

鳥越さん「僕、顎が割れているんですよね。今、(マウスシールドで)丁度良くて、
何か被せてくれるので、この時代で凄く助かってます。何時か滑らかな顎でマスクの無い時代に
世を練り歩きたいなと思っております。」

山本さん「僕は正直、何時死んでも良いやと思っているタイプなので、特に何かをやりたいという事は無いというか、
日々生きていればいいやと満足して生きています。お茶漬け食べたい位ですね。」

細貝さん「始球式をやりたいですね。この仕事を始めてから始球式って一つの夢でして、
今、テレビ神奈川で「猫のひたいほどワイド」のMCをやっているんですけど、
そこでもずっと始球式を横浜ベイスターズでやらしてくれと言っているんですけど、皆さん宣伝して下さい。」

久保田さん「今回、作品を作るにあたって稽古も長い期間やっていましたけども、色んな事があったじゃないですか。
稽古を見せた方が面白かったんじゃ?というのもある位な。やっぱり皆で一つの物を作るというのは、
僕は凄く好きなので、もし1ヵ月後に死ぬってなったら、また皆と何か1つの物を作って、
最後にお客さんと一緒に打ち上げをして亡くなれたら一番楽しいかなと思いましたね。」

最後に来場者へメッセージを。

細貝さん「今回の作品は特に僕と桐子の死に対する向き合い方とかが凄く対極で、ピックアップも
されていますけども、実はそこに対して正解不正解というものは無くて、人夫々死に向き合うという事は
その人の決断だったりもしますし、特に今回の舞台は板の上に立っているキャスト、そして裏にいる
濱田君、河本君、山田さん、全員を含めて主演の作品でして、どのキャラクターの人物の目線から見ても
人夫々の人生の形があって、そしてどう死に立ち向かって行くのか、色んな形が見えるので是非、
この舞台を観て、観終わった後に改めて自分を見つめ直す時間、考える時間を設けていただけたらと思います。
千秋楽まで全力で演じさせていただきたいと思います。」

【DVD発売決定】

舞台『最後の医者は桜を見上げて君を想う』のDVDが2023年3月31日(金)に発売決定。オンライン販売のみ。

詳しくはこちら

【舞台『最後の医者は桜を見上げて君を想う』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年9月8日(木)〜9月11日(日)

<会場>
CBGK シブゲキ!!

<上演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>
9,000円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

『チケット発売』
好評発売中

「問い合わせ」
Mitt:03-6265-3201(平日12:00 ~17:00)

<出演者>
福原雅和:細貝圭
桐子修司:山本涼介
音山春夫:鳥越裕貴

澤田茜:今泉佑唯※
浜山京子:佐々木ありさ※
神宮寺千佳:本西彩希帆(劇団 4 ドル 50 セント)
川澄まりえ:大串有希

濱山雄吾:濱田和馬
高砂:久保田創
赤園:河本祐貴
橋田富士夫:山田良明

※配役変更・追加キャストのお知らせ
浜山京子役として出演予定だった今泉佑唯が体調不良のため、重病患者・澤田茜役に変更となりました。
また、浜山京子役として、佐々木ありさの出演が決定いたしました。
今泉佑唯につきましては、先月、病院から突発性難聴と診断され、出演の見合わせの相談等も続けてきたのですが、
「キャストの皆様やスタッフの皆様が、この状態でも舞台に出演できる環境や役柄を作って下さり、また私自身も降板したくない」
という本人の気持ちもあり、今回の配役変更に至りました。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

<STAFF>
原作:二宮敦人『最後の医者は桜を見上げて君を想う』(TO 文庫刊)
構成演出:岡村俊一
脚本:久保田創
美術:OSK
音響:山本能久
照明:熊岡右恭
衣装:佐藤憲也(東宝舞台)
映像:ムーチョ村松
舞台監督:中島武
宣伝美術:二宮大、高橋みずほ
宣伝写真:天野莉絵
脚本協力:成島出
音響協力:SEシステム
映像協力:トーキョースタイル
運営協力:K&N
協力:アール・ユー・ピー
主催:TO ブックス