【10/2まで東京公演上演中】舞台『血の婚礼』ダイジェスト映像/木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けい - YouTube

杉原邦生による演出、木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けいらが出演する舞台『血の婚礼』が
2022年9月15日(木)、渋谷・Bunkamuraシアターコクーンにて初日を迎えました。

(左から)花嫁役:早見あかり、レオナルド役:木村達成

花婿役:須賀健太

母親役:安蘭けい

スペインの伝説的劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカによる最高傑作とも謳われる官能的な愛の悲劇『血の婚礼』。
本作は、スペインのアンダルシア地方で実際に起きた事件を元に1932年に執筆され、世界中で上演が繰り返されている名作戯曲。
この古典とも呼べる作品を、独自の感性で観客に新鮮な驚きを与える気鋭の演出家・杉原邦生が、全く新しい『血の婚礼』を創り上げました。
舞台美術家でもある杉原が、トラフ建築設計事務所と共に創り上げた舞台美術がこの作品の独創性を表します。
舞台上に敷き詰められた、スペインを思わせる赤土と、 頭上の照明機材のアンバランスさが印象的。二幕ではそれがガラリと変わります。

(左から)レオナルド役:木村達成、花嫁役:早見あかり

(左から)母親役:安蘭けい、花婿役:須賀健太

(左から)樵役:大西多摩恵、南沢奈央、内田淳子

(中央左から)安蘭けい、須賀健太

(左から)レオナルドの妻役:南沢奈央、レオナルド役:木村達成

スペイン最高の詩人とも言われたロルカの戯曲は韻文…詩的な言葉の連続となるセリフが特徴的ですが、
それを時に歌で、時にコンテンポラリーダンスに合わせ、はたまたじっくりと言葉だけで聞かせるなど、
様々な手法で熱量高く言葉を届け、そのエネルギーに、客席は圧倒されていきます。

レオナルド役:木村達成

望まぬ結婚をし、過去に愛した女性を忘れられず葛藤するレオナルドは、ミュージカルの新たなスターとして大作の主演を務め、
映像作品でもその実力を魅せる木村達成。今までにない色気を漂わせ、愛に苦しむ男を演じます。

花婿役:須賀健太

結婚式当日に、花嫁を奪われレオナルドと対峙することになる“花婿”は、数々の映像作品で活躍しながら
その演技力を舞台でも発揮している須賀健太。心優しい息子が狂気へと走る姿が印象的。二人の情熱がほとばしるアクションは目を奪われる。

花嫁役:早見あかり

早見あかりは、抑圧から逃れようと大胆な決断をする“花嫁”を神々しい力強さで演じます。

母親役:安蘭けい

そして、過去に囚われ息子を縛る“花婿の母親”を演じる安蘭けいは、
この世界の加害者でもあり被害者でもある女性を体現し、もう一人の主役とも言えます。

(左から)花嫁役:早見あかり、レオナルド役:木村達成

(左から)花婿役:須賀健太、花嫁役:早見あかり

安蘭けい

ミュージシャン(左から)古川麦、巌裕美子、HAMA

“愛”に対する力強いエネルギーと、抑圧された環境から抜け出そうとする葛藤が感じられる本作。
“男らしさ・女らしさ” という因習に縛られたがゆえに悲劇を招く様子は、
アイデンティティを発信していく時代へと変化の真っ只中にある現代の私たちに、新鮮な発見を与えてくれるでしょう。

東京公演は9月15日(木)〜10月2日(日)渋谷・Bunkamuraシアターコクーン、
10月15日(土)〜16日(日)大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。チケットは絶賛一般発売中。

(撮影:宮川舞子、サギサカユウマ)

【最終舞台通し稽古を終えた演出家・キャストコメント】

演出:杉原邦生
「ゲネプロを観ていて、自分の中で何かが滾(たぎ)っていく感覚を覚えました。
素晴らしい俳優とスタッフによって劇場にいま立ち現れた『血の婚礼』の世界は、
遠いようで確かに目の前にあり、わからないようで確実に自分の中にもある。
そんな作品になっていると思います。人と人とがどうしようもなく生身でぶつかり合う様を、
ぜひ劇場でともに体感していただきたいです。皆さまのご来場をお待ちしております!」

レオナルド役:木村達成
「杉原邦生大将の下、約5週間の稽古を経て、つい先ほど最終舞台稽古を無事に終えることができました。
みなさまに、美しく、よごれた、けがれのない魂を堪能していただきたいと心から願っています。
劇場でお待ちしてますね。」

花婿役:須賀健太
「まず、無事初日を迎えられる事をなにより嬉しく思っています。
この作品の根本にあるのは、人間の持つ様々な感情や、人と人が作用し合うことの面白味だと感じています。
この戯曲が書かれた時代から変わらず人間の奥底にある気持ちの高まりを客観的に感じて頂けたら嬉しいです。
大変な状況が続いていますが、ぜひ劇場にお越しください。」

花嫁役:早見あかり
「まずは無事にゲネプロが終わり、明日の初日を迎えられることに一安心です。
こんなに悩んで考えて、台本が見辛くなるほど文字を書き込んだのは初めてでした。
その度に助けてくれた杉原さん、カンパニーの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
正直お客さまにどう届くか、楽しみであり少し不安です。でもあとはやるしかない。
とにかく観に来てください。全力のエネルギーをお届けします。」

母親役:安蘭けい
「劇場入りして、衣裳を着てセットを組んでいる舞台に立つと、緊張感と集中力が高まり、
稽古場では出来なかったことがゲネプロでできました。初日に向けてとても手答えを感じています。
『血の婚礼』という作品の、また新しい形の舞台が出来上がっていると思うので、
ぜひ期待を膨らませて劇場に来て頂きたいです。
その期待に応えられるような舞台が出来てると思いますので、楽しみにしてください。」

【東京公演イベント情報】

『シークレットムービープレゼント』
対象日程:
9月15日(木)18:30
9月21日(水)13:30
9月21日(水)18:30
9月22日(木)13:30
内容:稽古や舞台裏などここでしか見られないキャストの貴重な様子など

『アフタートークイベント』
対象日程:
9月16日(金)13:30(登壇者:木村達成、須賀健太、安蘭けい)
9月22日(木)13:30(登壇者:木村達成、須賀健太、南沢奈央)
9月24日(土)17:30(登壇者:木村達成、須賀健太、杉原邦生(演出))★追加
9月27日(火)13:30(登壇者:木村達成、須賀健太、早見あかり)

東京公演イベント詳細>> https://horipro-stage.jp/event/chinokonrei20220506/

『ホリプロステージ☆デジタルスタンプラリー』
ホリプロステージでは、2022年の春に実施されたデジタルスタンプラリーに続き、
9月15日〜10月2日にBukamuraシアターコクーンにて上演される舞台『血の婚礼』(東京公演)にて、
デジタルスタンプラリーを開催致します。取得スタンプの数によって
メッセージボイスやクリアボトル、サイン入りパンフレットをプレゼント致します。
スタンプラリー詳細>> https://horipro-stage.jp/pickup/chinokonrei20220912_2/

「オリジナル公演グッズ販売中」

あらすじ】

南スペインのアンダルシア地方のとある村。母親と二人暮らしの“花婿”は、父親と二人暮らしの“花嫁”と結婚したいという想いを母に告げる。
母親は、溺愛する息子の成長を喜びつつも、ただ一人の家族の旅立ちに複雑な想いがのこる。
花嫁は優しく家庭的な娘と聞くが、気にかかる噂がある。息子と恋仲になる以前、心を通わせた男がいるという。
男の名はレオナルド。かつて、レオナルドの一族に母親の夫と息子は殺されたのであった。
レオナルドは花嫁との恋が破局した後に、花嫁の従妹と結婚し、今は妻子と姑との四人で暮らしていた。
レオナルドの友人でもある花婿は、心配ないと母に明るく語る。花嫁は、花婿と幸せな家庭を築くと決意していた。
しかし、花嫁の目の前に現れたのは、かつての恋人・レオナルド。思いもよらない人物の出現に激しく心が揺さぶられる花嫁。忍び寄る不穏な闇・・。
2人の男の愛がひき起こす、婚礼の日に起きる悲劇とは・・。

【舞台『血の婚礼』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年9月15日(木)〜10月2日(日)
大阪公演:2022年10月15日(土)・16日(日)

<会場>
東京:Bunkamuraシアターコクーン
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

<上演時間>
約2時間15分(20分間の途中休憩を含む)米予定

<料金>
東京:
S席9,800円 A席7,800円 コクーンシート6,000円 Yシート2,000円
7/31まで販売中】S席観劇チケット付きトークショー15,000円
※コクーンシートは、特にご覧になりづらいお席となります。

パエリアランチ券付S席ペアチケット:22,000円
スペインワイン付S席チケット:10,000円
ドゥ マゴ パリ デザートセット付S席チケット:10,300円

大阪:11,000円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

『チケット発売』
東京・大阪:一般発売中

<東京公演当日券情報>
開演の1時間前よりシアターコクーン当日券窓口にて先着順にて販売いたします。
※Yシート、 U-25当日引換券の取り扱いはございません。
ホリプロステージ(WEB/要会員登録) https://www.e-get.jp/hori/pt/  にて開演時間まで販売しております。

「問い合わせ」
東京:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949(平日11:00〜18:00)/定休日(土・日・祝)
大阪:梅田芸術劇場06-6377-3888(10:00~18:00)

<出演者>
木村達成
須賀健太
早見あかり

南沢奈央
吉見一豊
内田淳子
大西多摩恵
出口稚子
皆藤空良
澤田理央/脇山桃寧(Wキャスト)

安蘭けい

『演奏』
古川麦
HAMA
巌裕美子

<STAFF>
原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
翻訳:田尻陽一
演出:杉原邦生
音楽:角銅真実、古川麦
美術:トラフ建築設計事務所
照明:齋藤茂男
音響:稲住祐平(エス・シー・アライアンス)
衣裳:早川すみれ(KiKi inc.)
ヘアメイク:国府田圭
振付:長谷川風立子(プロジェクト大山)
振付補:池田遼(少年王者舘/おしゃれ紳士)
殺陣:六本木康弘
歌唱指導:都乃
演出助手:河合範子、矢本翼子(TSUMIKI)
舞台監督:足立充章
宣伝美術:加藤秀幸(grindhouse)
宣伝写真:伊藤元気
宣伝衣裳:TSUMORI CHISATO
宣伝スタイリング:山本亜須香(FUGAHUM)
宣伝ヘアメイク:大和田一美
東京公演主催・企画制作:ホリプロ
大阪公演主催:梅田芸術劇場/ABCテレビ
東京公演後援:後援:在日スペイン商工会議所/スペイン大使館 Embajada de España