©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

世界中で圧倒的な人気を誇る伝説的漫画「北斗の拳」を初めてミュージカル化し、
2021年冬大きな話題を呼んだ『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』。
日米中3か国のトップクリエイター達のコラボレーションとして誕生した本作は、
ダイナミックな音楽、緻密な演出が相まり、壮大なエンターテインメントとして大好評を博し、
“ミュージカル”誌に掲載された著名な演劇評論家らの選出による「2021年ミュージカルベストテン」
において第4位に、オリジナル・ミュージカルとしては最高位に輝きました。
また評論家のみならず、ミュージカルファン、原作ファンの双方から高い支持を受け、
「#アタタミュ」という自然発生的なハッシュタグが拡散するほど多くの人に愛される作品に。

この『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』が、世界進出を目指し、
更なる進化を遂げて帰ってきます。9月25日より東京都渋谷区の東京・Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに
上演されます。東京公演は今秋2022年9月25日(日)〜9月30日(金)渋谷・ Bunkamuraオーチャードホールにて、
その後10月7日(金)〜10日(月祝)福岡・キャナルシティ劇場にて上演されます。

2022年9月24日(土)、東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールにて、
公演初日を翌日に控える中、公開ゲネプロが行われ、報道陣に公開されました。

【あらすじ】

二千年の歴史を誇る北斗神拳の修行に励んでいたケンシロウ(大貫勇輔)、トキ(小西遼生)、ラオウ(福井晶一/永井大)の三兄弟。
南斗の里から来たユリア(平原綾香/May’n)、そのお付きのトウ(AKANE LIV)とともに成長していく三兄弟の中から
師父リュウケン(宮川浩)は末弟のケンシロウを次の伝承者に選んだ。 折しも世界を覆う核戦争によって文明社会は崩壊し、人々は弱肉強食の時代を生きることとなった。 ケンシロウはユリアとの愛を育み共に荒廃した世界を生きていこうとした日、
南斗のシン(植原卓也/上田堪大)にユリアを強奪され、胸に七つの傷を刻まれる。
絶望の中放浪の旅に出たケンシロウは、たどり着いた村で出会った二人の孤児バット(渡邉蒼)、リン(山﨑玲奈/桑原愛佳)と共に旅を続ける。
一方ラオウは世紀末覇者・拳王を名乗り、世界を恐怖で支配しようとしていた。
ケンシロウは女戦士マミヤ(清水美依紗)が治める村の用心棒レイ(三浦涼介)と共にラオウによって
牢獄カサンドラに囚われたトキを救出するが、その後ユリアが失意の中でシンの居城から身を投げたことをラオウから知らされる。 ケンシロウはラオウとの闘いの末に壮絶な最期を遂げたジュウザ(伊礼彼方/上川一哉)
をはじめとする愛すべき仲間や強敵(とも)たちの哀しみを胸に、世界に光を取り戻すべく救世主として立ち上がるのだった。

2021年12月〜1月に東京・大阪・名古屋で初演が上演されたミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』。

1983年に原作・原案を武論尊、作画を原哲夫による原作漫画が少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載されて以降、
世紀末の荒廃した弱肉強食の世界を舞台に強烈かつ魅力的な登場キャラクターが織りなすハードボイルドな物語が
読者のハートを鷲掴みにし、1984年よりフジテレビ他にて放送されたTVアニメはその人気を更に猛加速させ、
世界的な人気により、今や日本漫画の代表作の一つに数えられる「北斗の拳」。 その「北斗の拳」を演出:石丸さち子、作曲:フランク・ワイルドホーン、主演・ケンシロウ役を
大貫勇輔にて舞台化するという報が流れたのは2021年の7月。「北斗の拳がミュージカル化?!」という驚きは
舞台ファンのみならず、原作漫画やTVアニメファン等多方面を巻き込み、瞬く間に拡散され、
あっという間に2021年12月の初演の開幕を迎えたのは記憶に新しい所。 初演となった千代田区の日生劇場の舞台上に姿を現したのは、紛れも無く漫画でその雄姿を
存分に読者の脳裏に焼き付けたあのキャラクター達を見事に再現した俳優陣が演じる「北斗の拳」の世界。 北斗の拳の世界を圧倒的歌唱力と熱量で表現するミュージカルの完成度とパワーは、
今年9月の製作発表時にホリプログループ会長の堀義貴氏が語った、初日公演で同席した原氏は涙を流し、
武論尊氏は「北斗の拳で最も言いたかった事を凝縮して入れてくれた」との言葉が
全てを表す様にファンに驚きと興奮を持って受け入れられました。
そして初演大千秋楽の名古屋公演の終幕から約9ヶ月、千代田区の日生劇場から渋谷区の
Bunkamuraオーチャードホールへと東京公演の場が移り、遂に再演の幕が上がります。
また初演公演時から想定され、日中国交正常化50周年となる今年公演予定でありながらも、
現在も世界を覆うコロナ禍により、残念ながら断念せざるをえなかった中国での上海公演ですが、
中国向けに映像配信が予定されており、準備が進められてます。

公開ゲネプロでは、Wキャスト制が取られるユリア役を平原綾香さん、ジュウザ役を伊礼彼方さん、
シン役を植原卓也さん、ラオウ役を福井晶一さん、リン役を山﨑玲奈さんが務めました。

初演との最も大きな演出差異は石丸さんが製作発表時に語った「よりシンプルにダイナミックに」。
出演者の細かい動作や台詞の強弱、照明プログラミング等は勿論の事、細部に至るまで、
観客を作品へ没入させる為のブラッシュアップが行われています。公開ゲネプロでは
初演からの続投出演者がWキャストの大半を占めていた為、各キャラクターの描写の安定感は抜群そのもの。
そして再演からの出演キャスト陣も、製作発表で往々にして語られた、場の熱量が凄くて怖いと感じる程の稽古の賜物か、
初演組から寸分も離されない演技力で食らいついていきます。
また、ラオウ率いる拳王軍の兵士役に顔安(ヤン・アン)振付による中国伝統舞踊を取り入れた動きで表現する
中国人ダンサー6名が出演しています。

また、初演と会場が変わった事による音響的な変化もミュージカル作品としては特筆点。
収容人数や空間容積、天井高や劇場内壁面の形状、材質等の違いにより、初演を観劇した人は聴覚的にも楽しめる事でしょう。

そして報道陣に撮影が許された第一幕のハイライトとなるのが、大貫さん演じるケンシロウが
救世主として覚醒する場面のソロダンス。初演終了時に石丸さんと「もう一段翔べる」
と話していたという大貫さんが自ら振付をしたこのダンスは、もう言葉では表現出来ない程に
沢山の大事なものを背負ったケンシロウの決意や思いを、超人的なダンス技量を持つ大貫さんが
ダンス後には”真っ白”になってしまう程のパフォーマンスによって劇場内を感動で震わせます。

【ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』ライブ配信(アーカイブ付)】

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

<配信日時>
★昼チーム
9月28日(水)12:30(ユリア:May’n、ジュウザ:上川一哉、シン:植原卓也、ラオウ:永井大、リン:桑原愛佳)
★夜チーム
9月28日(水)18:00(ユリア:平原綾香、ジュウザ:伊礼彼方、シン:上田堪大、ラオウ:福井晶一、リン:山崎玲奈)
<配信内容>
舞台本編映像
<アーカイブ配信期間>
10月5日(水)23:59まで
<視聴券販売期間>
9月23日(金祝)10:00〜10月5日(水)21:00まで
<視聴券価格>
4,000円/電子パンフレット付6,000円/昼夜セット券7,000円/電子パンフレット付9,000円
(いずれも税込)
<視聴券発売URL>
https://eplus.jp/hokutonoken-st/
<配信メディア>
イープラス「Streaming+」
利用方法・推奨環境・動作チェック⇒ https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

『注意事項』
※ライブ配信中は巻き戻しての再生はできません。
※ライブ配信終了後のアーカイブ視聴期間中は巻き戻し可能となります、
最初からご覧いただきたい場合はアーカイブ視聴期間にあらためてご視聴ください。
※視聴券をご購入の方はアーカイブ配信期間内であれば、何度でもアーカイブ配信のご視聴が可能です。
※本配信のスマートフォンやカメラなどによる撮影、及び録音は一切禁止いたします。
インターネット上への無断転載等を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。

「視聴券に関する問い合わせ先」
Streaming+視聴者ご利用ガイド:https://eplus.jp/streamingplus-userguide/
※ホリプロならびに各地主催でのご回答はできかねます。ご了承下さい。

『ライブビューイング概要』
<対象公演>
9月28日(水)12:30/18:00
<会場>
ブリーゼプラザ 小ホール
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目4−9 ブリーゼタワー 7階
(JR大阪駅桜橋口より徒歩5分、 西梅田駅より徒歩3分)
<ライブビューイングチケット価格>
4,500円(税込)
<発売開始>
9月23日(金祝)10:00〜
<詳細・お申し込み>
 https://kyodo-osaka.co.jp/search/detail/5636
<実施体制>
主催:ホリプロ/博報堂DYメディアパートナーズ/染空间 Ranspace/イープラス
企画制作:ホリプロ
協力:キョードーマネージメントシステムズ

【「ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年9月25日(日)〜30日(金)
福岡公演:2022年10月7日(金)〜10月10日(月・祝)

<会場>
東京:Bunkamuraオーチャードホール
福岡:キャナルシティ劇場

<上演時間>
約3時間(20分間の休憩を含む)

<料金>
東京:
S席14,000円 A席9,500円 B席5,500円 Yシート2,000円※20歳以下対象・当日引換券・要証明書
座席表:https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/www.horipro-stage.jp/wp-content/uploads/2022/06/20162430/musical_fons2022_seatmap.pdf

福岡:
S席14,500円 A席12,000円 B席9,500円 SS席16,500円 ※特典付(福岡限定ビジュアルミニポスター)
ヤングチケット2,000円※22歳以下対象・当日引換券・要証明書

(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※やむを得えない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。 ご了承のうえ、お申込みください。

『チケット発売』
「チケット販売スケジュール」
東京:
好評発売中

福岡:
好評発売中

U25チケット (25歳以下当日引換券)販売詳細
<料金>
U25(25歳以下当日引換券):6,500円
<販売期間>
9月22日(月)10:00〜各公演前日18:00
<購入方法>
HP上部チケット購入ボタンより、ホリプロステージご購入ページにお進み下さい。
【U25当日引換券】をお選び頂き、ご購入にお進みください。
<注意事項>
※9月25日(日)17:00公演は対象外となります。
※予定枚数に達し次第終了。
※観劇日当日25歳以下の方に限ります。
※お席はお選びいただけません。 また、 2名様以上の場合、 連席でご用意出来ない場合がございます。 予めご了承ください。
※座席によっては見えづらい場合がございます。 予めご了承ください。
※当日引換券は公演当日開演の1時間前より”当日引換受付”にて、 ご年齢が確認できる身分証明書をご提示の上、 入場券とお引換ください。
※お申込み後のキャンセル・変更はお受けできません。

「問い合わせ」
東京:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949 (平日11:00〜18:00) 定休日(土・日・祝)
福岡:キョードー西日本 0570-09-2424(11:00〜17:00日・祝休)

<出演者>
ケンシロウ: 大貫勇輔
ユリア:平原綾香/May’n(Wキャスト)
トキ:小西遼生
ジュウザ:伊礼彼方/上川一哉(Wキャスト)
シン:植原卓也/上田堪大(Wキャスト)
マミヤ:清水美依紗
トウ/トヨ:AKANE LIV
リュウケン他:宮川浩
レイ:三浦涼介
ラオウ: 福井晶一/永井大(Wキャスト)

バット: 渡邉蒼
リン:山崎玲奈/桑原愛佳(Wキャスト)

リハク他:中山昇
ダグル他:宮河愛一郎
青年ラオウ他:一色洋平
青年トキ他:百名ヒロキ
フドウ他:澄人
ミスミ他:齋藤桐人
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
LEI’OH
小板奈央美
柴田実奈
島田惇平
野間理孔
森内翔大
熊野義貴(スウィング兼)

邵治军(シャオ・ジイジュン)
黄凱(ホワン・カイ)
陳健国(チェン・ジェングゥオ)
蔡晓強(ツアイ・シャオチャン)
李悦(リ・ユエ)
王思蒙(ワン・スメン)

<STAFF>
原作:漫画「北斗の拳」(原作:武論尊 漫画:原哲夫)
音楽:フランク・ワイルドホーン
演出:石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子
音楽監督:ジェイソン・ハウランド
振付:顔安(ヤン・アン)、辻本知彦
音楽監督補:村井一帆
美術:金井勇一郎
照明:日下靖順
音響:山本浩一
衣裳:前田文子、竹田団吾
ヘアメイク:馮啓孝
追加音楽:ジェイク・ワイルドホーン
アクション:渥美博
映像:上田大樹、大鹿奈穂
フライング:松藤和広
歌唱指導:林アキラ
稽古ピアノ:中野裕子
演出助手:菅田恵子、元吉庸泰、矢本翼子
舞台監督:広瀬泰久
東京公演主催:ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』製作委員会(ホリプロ/ 博報堂DYメディアパートナーズ/染空间 Ranspace/イープラス)
福岡公演主催:キャナルシティ劇場/サンライズプロモーション東京
福岡公演協力:キョードーマネージメントシステムズ
企画制作:ホリプロ

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111