ANAグループは、2021年12月からテレビアニメ「鬼滅の刃」とのタイアップを開始し、
「想いをつなげ、絆のツバサ」をタイアップコンセプトに掲げ、2022年1月31日(月)から
今タイアップのシンボルとなる特別デザイン機「鬼滅の刃 じぇっと -壱-」が初めて国内線に就航しました。
2機目となる「鬼滅の刃 じぇっと -弐-」が、2022年3月26日より就航し、この度3機目となる
「鬼滅の刃 じぇっと -参-」の就航が2022年10月3日(月)に決定。
2022年10月1日(土)の機体の御披露目イベント、10月2日(日)の遊覧フライトを経て、
2022年10月3日(月)、東京都大田区の東京国際空港(以下、羽田空港)第2ターミナルにて
定期便の初便就航の様子が報道陣に公開されました。

【国内線定期便初便出発の様子】

気温が摂氏20度弱という、少し風が強く吹く鱗雲が目立つ早朝の羽田空港第2ターミナルビルの一角には報道陣の姿が。
一昨日、昨日と3機目の「鬼滅の刃 じぇっと」として、登場直後から人気を博し、
TVアニメ「鬼滅の刃」を製作するufotableがこのタイアップの為に書き下ろした
オリジナルイラストを元とした特別デザインを最大の特徴とする
「鬼滅の刃 じぇっと -参-」の国内定期便の就航初日の様子を捉えようと集まりました。

報道陣が最初にやってきたのが、第2ターミナルの81〜84番スポット。
そこから見える63番スポットに駐機しているのが、「鬼滅の刃 じぇっと -参-」。
昨日の快晴下の遊覧フライトと異なり、厚めの雲の下、朝焼けのオレンジ色に僅かに染まる
光線下でまた違った姿を見せる機体。トリトンブルーの他のANA機体に周りを囲まれる中、
白色ベースの機体が目立ちます。
そしてその真横となる65番・64番スポットに並んで駐機していたのは
今年1月31日初便就航の「鬼滅の刃 じぇっと -壱-」(B767-300ER・機体記号:JA616A)と
同じく、今年3月26日初便就航の「鬼滅の刃 じぇっと -弐-」(B767-300ER・機体記号:JA608A)。
それぞれ、NH13便7:00〜8:05伊丹行、NH583便7:15〜8:45松山行として出発の時を待っています。
これにより、「鬼滅の刃 じぇっと」の「-壱-」「-弐-」「-参-」の3機が初めて顔を揃える事となり、
午前6時30分の第2ターミナルの屋上展望デッキのオープンと共に熱心な航空ファンが
の揃い踏みを見ようと詰めかけ、あっという間にデッキ上は鈴生りの状態に。

「鬼滅の刃 じぇっと -参-」に荷物を搬入する「竈門禰豆子」が描かれたベルトローダ―

羽田空港のみに配備される「鬼滅の刃」登場キャラクターが描かれたベルトローダ―も投入され、絵的な豪華さは過去最高かも。

時刻は午前7時9分。定刻より約9分遅れで「鬼滅の刃 じぇっと -壱-」がプッシュバックを開始。
「鬼滅の刃 じぇっと」初号機としてデビューから約8か月、少々汚れが目立ってきた機体ですが、
トリトンブルーから墨の黒色へとグラデーションが移るカラーデザインにマッチして
機体に描かれる「かまぼこ隊」の4人にも”歴戦のツワモノ”感が出て来た様な光景に。

続いて午前7時16分に「鬼滅の刃 じぇっと -弐-」がほぼ定刻通りにブロックアウト。
「鬼滅の刃」の劇中組織「鬼殺隊」の最高戦力である9人の「柱」の圧倒的な迫力が
第2ターミナルを圧している様にも見えます。

地上係員等による”お見送り部隊”も登場し、出発準備は万端。
そして午前7時30分、定刻から約5分遅れで乗客341人(幼児搭乗者無し)を乗せて、
トーイングトラクターが唸りを上げながら「鬼滅の刃 じぇっと -参-」をプッシュバック開始。
機内の乗客や展望デッキの航空ファン等に大きく手を振るANAスタッフ。
そして機体窓をよく見ると、「鬼滅の刃」の小型縫いぐるみを手に機外を撮影する乗客の姿も。

展望デッキの観覧者に手を振る

ゆっくりと離陸の為、滑走路へと向かう「鬼滅の刃 じぇっと -参-」ですが、
当初、「-壱-」「-弐-」が離陸で使用したD滑走路へと、同じ様に向かうと思われていた所、
D滑走路への誘導路の途中で向きを変え、報道陣や第2ターミナル展望デッキの正面となる
C滑走路へと入る「鬼滅の刃 じぇっと -参-」。
慌ててカメラを構え直した報道陣の目の前を一気に加速し、午前7時41分に
初便の目的地である福岡国際空港へと旅立っていきました。

就航初日の各空港始発の「鬼滅の刃 じぇっと-参-」搭乗客にプレゼントされる「オリジナルメモ帳
※NH241(羽田発)、NH246(福岡発)、NH30(伊丹発)、NH78(新千歳発)

ついに定期便就航を果たした「鬼滅の刃 じぇっと -参-」。日本の空に新たな頼もしい「鬼殺隊」の顔が加わりました。

【「鬼滅の刃 じぇっと -参‐」概要】

「ANA×鬼滅の刃」の特設サイトはこちら
「鬼滅の刃」公式サイトはこちら

<機材>
ボーイング777-200ER型機(機体記号:JA745A)

<使用デカール>
「機体左側」
全体寸法:縦6950mm×横34100mm
講成枚数:111枚
「機体右側」
全体寸法:縦5595mm×34320mm
講成枚数:96枚
「エンジン」
全体寸法:縦1653mm×横2000mm
講成枚数:2枚

<デカール貼り付け日数>
22日間(※元塗装を落とす作業からデカール貼り付け後のコーティング完了まで)

<機体に描かれているキャラクター>
機体左側面:(前方から)竈門炭治郎、音柱:宇髄天元
機体右側面:(前方から)竈門炭治郎、炎柱:煉獄杏寿郎

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記

<就航開始日>
2022年10月3日(月)NH241便(羽田7:25〜福岡9:20)国内線就航開始

<初便搭乗客数>
341名(幼児搭乗者無し)

<運航スケジュール>
期間:10月3日(月)〜10月16日(日)(14日間)
NH241:羽田7:25〜福岡9:20
NH246:福岡10:10〜羽田11:50
NH25:羽田13:00〜伊丹14:05
NH30:伊丹15:00〜羽田16:15
NH73:羽田17:00〜新千歳18:35
NH78:新千歳19:30〜羽田21:05
※10月17日(月)以降は運航便を固定せず、全国の路線・便で運航
※運航スケジュールは、お断りなしに変更する場合がございます。
※使用機が変更になった場合、「鬼滅の刃」じぇっとにおけるサービス(特別な機内アナウンス、
特製のヘッドレストカバー、CAエプロン)は、代替機では実施いたしませんのでご了承ください。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable